小林泰三のおすすめランキング

プロフィール

1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門、2014年『アリス殺し』で啓文堂文芸書大賞受賞。その他、『大きな森の小さな密室』『密室・殺人』『肉食屋敷』『ウルトラマンF』『失われた過去と未来の犯罪』『人外サーカス』など著書多数。

「2021年 『人外サーカス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林泰三のおすすめランキングのアイテム一覧

小林泰三のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『玩具修理者 (角川ホラー文庫)』や『アリス殺し (創元クライム・クラブ)』や『アリス殺し (創元推理文庫)』など小林泰三の全249作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

玩具修理者 (角川ホラー文庫)

2690
3.69
小林泰三 1999年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「玩具修理者」と「酔歩する男」の短編2作品です。 「玩具修理者」 会話の中での子供の頃の奇妙な思い出話。 そこで出てくる「玩具修理屋さん」は、壊れた物を... もっと読む

アリス殺し (創元クライム・クラブ)

2510
3.53
小林泰三 2013年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく面白かった。 噛み合わない会話が多く前半読んで疲れてしまいそうで好き嫌いは別れそうな話ではあったけど私は好き。 独特の世界観とちゃんとした伏線回収。... もっと読む

アリス殺し (創元推理文庫)

1717
3.56
小林泰三 2019年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

想像を越えないだろうと過小評価していたこちらの作品。結果から話すと物語は想像以上のスケールの大きさで 控えめなもののグロ×ファンシー この一見ミスマッチな... もっと読む

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)

1635
2.56
小林泰三 2011年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

順番かなぁ〜。 著者はアリス殺しから入ったので、 あの刑事2人が出てきたのは嬉しかったけど、 おそらく、著者の作品を読み込んでいる人、 順番に読んでる... もっと読む

人獣細工 (角川ホラー文庫)

745
3.59

感想・レビュー

三作収録の短編集で、「本」が一番面白かった。こういうふふふっと笑える終わり方が好き。 平和なんだか平和じゃないんだか、みたいな。 表題作は凝りすぎてて次... もっと読む

青に捧げる悪夢

723
3.33

感想・レビュー

幻想的な作風の話を集めたアンソロジー。かなり前に一度読んだ。その時も確か『恩田陸の"麦の海に沈む果実"を読もう』と思った記憶があります。 ・水晶の夜... もっと読む

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)

723
3.07
恩田陸 2018年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芦沢央さんの話が特に好きだった。「怖い!」というより「ああ、なるほど」と納得できる奇妙さがよかった。織守きょうやさんの話は「先読めちゃうなあ」がひっくり返... もっと読む

脳髄工場 (角川ホラー文庫)

665
3.49
小林泰三 2006年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 グロテスク版世にも奇妙な物語。小林泰三は癖になる。 もっと読む

海を見る人 (ハヤカワ文庫 JA)

657
3.81
小林泰三 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小林泰三さんの小説はアクが強い、というのが自分の中のイメージ。独自のユーモアやブラックジョーク、ナンセンス、詳細なロジック、特異なキャラクターに文体、そし... もっと読む

NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション)

619
3.58
伊藤計劃 2009年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハードなSF集。久しぶりにこういうのを読んだ気がする。(軽いのを読み過ぎだったんだな) 「言葉」に関する物が多くて驚いた。言葉の「力」を信じている作家は... もっと読む

クララ殺し (創元クライム・クラブ)

598
3.37
小林泰三 2016年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作のお陰で免疫付いてるとは言え、相変わらず世界観が力技だし、その中で常識は通じないし、登場人物の会話は捻くれ過ぎていて混乱するし。 なのに散りばめられた... もっと読む

青に捧げる悪夢 (角川文庫)

584
3.42
恩田陸 2013年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編ミステリのアンソロジー。 タイトルの「青に捧げる悪夢」というのがいまいちピンとこない。所謂、イヤミスばかりではないからだ。 多くのアンソロジー... もっと読む

ドロシイ殺し (創元クライム・クラブ)

513
3.45
小林泰三 2018年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とっても好きなシリーズです。 「メルヘン殺しシリーズ」第3段。 今回も蜥蜴のビルが光ってました! 彼の言葉のやり取りが時々イラつくけど、とても可愛くて大好... もっと読む

クララ殺し (創元推理文庫)

509
3.45
小林泰三 2020年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリス殺しより混乱しながら読んだ。相変わらず揚げ足の取り合いのような会話だった。 ホフマン宇宙の人達の人物像があまりイメージ出来なかった。最後のスキュデリ... もっと読む

家に棲むもの (角川ホラー文庫)

499
3.36
小林泰三 2003年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小林泰三ワールド全開のホラー短編集。 ただ怖いだけじゃなくて、ネットリした気持ち悪いおぞましさ的な(褒め言葉)。 6作品のうち個人的好みは「食性」と「お... もっと読む

臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)

498
3.45
小林泰三 2009年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭の「透明女」がグロすぎで心折れそうになりますが、それを除くと、SFありミステリありのちょいグロバラエティ短編集といったところ。「悪魔の不在証明」は、緻... もっと読む

肉食屋敷 (角川ホラー文庫)

490
3.54

感想・レビュー

えー、実は今年最後の読了になったのはこちらでした。ちょっと古いけど、なんともホラーな装丁とタイトルで趣味嗜好が反映された様子。 肉食の屋敷ですって。... もっと読む

ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚 (角川ホラー文庫)

452
3.66

感想・レビュー

小林 泰三による侵略型SFホラー小説。思想を異にする2体の宇宙知的生命体が地球に降り、地球の生命体に寄生して戦いを繰り広げるというプロットはハル・クレメン... もっと読む

天体の回転について (ハヤカワ文庫 JA コ 3-3)

442
3.57
小林泰三 2010年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 SF作品を8編収録した短編集。  小林さんらしい独創的なアイディアやグロ描写、ナンセンスなユーモアがたっぷり詰まっています。その一方で今まで読んで... もっと読む

玩具修理者

438
3.56

感想・レビュー

江戸川乱歩とか、夢野久作を思い起こす作品。 どれが現実なのかわからなくなる感覚、本当に恐ろしい。 ここに書かれているタイムトラベルって、気が狂いそ... もっと読む
全249アイテム中 1 - 20件を表示

小林泰三に関連する談話室の質問

ツイートする
×