小栗虫太郎のおすすめランキング

プロフィール

1901年、東京生まれ。推理小説作家、秘境冒険作家。京華中学校卒。33年、『完全犯罪』でデビュー。雑誌「新青年」「オール讀物」等を舞台に活躍。著書に『黒死館殺人事件』『人外魔境』他多数。1946年没。

「2019年 『法水麟太郎全短篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小栗虫太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

小栗虫太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『黒死館殺人事件 (河出文庫)』や『日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集 (創元推理文庫)』や『黒死館殺人事件』など小栗虫太郎の全236作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

黒死館殺人事件 (河出文庫)

1023
3.55
小栗虫太郎 2008年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1934年(昭和9年)。三大奇書、第一弾。 小栗虫太郎の代表作。夢野久作「ドグラ・マグラ」、中井英夫「虚無への供物」と共に、本邦ミステリの三大奇書と呼ば... もっと読む

日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集 (創元推理文庫)

314
3.63
小栗虫太郎 1987年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『完全犯罪』 外国を舞台に、少しズレた論証と想定外のトリック、かなり異色の作品。本格ではないのに、寧ろ面白いと感じたのは不思議で、古い作品だと言うことと少... もっと読む

黒死館殺人事件

179
3.34
小栗虫太郎 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪壮なケルト・ルネッサンス式の黒死館といわれる邸宅。 そのお屋敷で怪奇な死の連鎖を思わせる動機不明の変死事件が起こる。 主に捜査にあたるのは、探偵の法... もっと読む

不思議の国のアリス ミステリー館 (河出文庫)

138
3.25
海渡英祐 2015年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『不思議の国のアリス』をテーマにしたミステリー短編のアンソロジー。同じく河出文庫から、1988年に一度刊行されていたらしく、今回は復刊になるようだ。 厳... もっと読む

黒死館殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ 240)

120
3.53
小栗虫太郎 1976年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何回挫折しそうになったことか。 薀蓄話の豊富さに圧倒され、トリックの余りにもご都合主義な展開に、これ大丈夫なのか?と何度も頭にハテナマークが。 犯人の犯行... もっと読む

黒死館殺人事件 (まんがで読破)

105
2.71
小栗虫太郎 マンガ 2010年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和三大奇書、まんがで挑戦したもののよくわからなかったので小説だとちんぷんかんぷんなんだろうなと思った。感情移入も出来ず名前も覚えられず探偵役も「なんだお... もっと読む

同性愛 (書物の王国)

93
3.45

感想・レビュー

軽い気持ちで読み始めたのに、学術的な意味でとても興味深く、思いのほか満足感を得られた本。私小説的なものあり、歴史ものあり、古典や歌ものありで多方面からのア... もっと読む

法水麟太郎全短篇 (河出文庫)

84
2.90
小栗虫太郎 2019年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祈祷中に僧が息絶えたー後光殺人事件 さるギリシャ正教会で僧が殺されたー聖アレキセイ寺院の惨劇 尼寺で修行僧が不可解な死を遂げたー夢殿殺人事件 ある離... もっと読む

新青年傑作選怪奇編 ひとりで夜読むな (角川ホラー文庫)

70
3.19

感想・レビュー

暑くて寝苦しい夜にこんな一冊はどうだろうか。 大正から昭和にかけて執筆された 怪奇小説集を集めたベストセレクションだ。 もっとも13篇もの短編の中で 私... もっと読む

昭和ミステリ秘宝 失楽園殺人事件 (扶桑社文庫)

46
3.09
小栗虫太郎 2000年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

え〜と…うーんと…どう言ったら良いものか…。ストーリーは面白い。もうそれは抜群に。島田荘司なんか目じゃない奇想奇想の数々といいヴァン・ダインなんか屁でもな... もっと読む

人外魔境 (角川文庫―角川ホラー文庫)

45
3.33

感想・レビュー

かなり古い物。コレ以外は読む気しないが冒険ものの原点かも。あり得なすぎて面白い。 もっと読む

人外魔境 (河出文庫)

43
3.67
小栗虫太郎 2018年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

13の短編からなる秘境冒険小説。新青年に昭和14年~掲載した作品で、毎話、栗虫太郎の衒学趣味といいますか、蘊蓄が炸裂してて面白かった。 冒険の舞台も、ア... もっと読む

【「新青年」版】黒死館殺人事件

42
4.17
小栗虫太郎 2017年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三大奇書と呼ばれている本の一つ。 殺人事件推理モノではある。 オカルトとか錬金術とか好きな人にお勧め。 文章の体裁はとても好みだけれども話の内容が主... もっと読む

紅殻駱駝の秘密 (河出文庫)

36
3.25
小栗虫太郎 2018年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和11年に出版された作品の初文庫化。書かれたのはもっと前の初期の頃で、これの完成形(?)が黒死館~になるらしい。とはいえ共通点は大邸宅で起こる殺人事件と... もっと読む

二十世紀鉄仮面 (河出文庫)

33
3.40
小栗虫太郎 2017年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ、ミステリというより冒険活劇モノですね(冒険伝奇探偵小説と本書では謳ってますが)。三銃士とか巌窟王とかその系統。私が今まで知ってる虫太郎作品と作風が思... もっと読む

黒死館殺人事件

29
3.89

感想・レビュー

内容の半分も理解出来ないんだけどスラスラ読めるし理解出来なくて特に問題ない不思議な小説だった。 しかし散々煙に巻きまくっといて、クライマックスのトリッ... もっと読む

新編・日本幻想文学集成 第4巻

26
3.00
夢野久作 2016年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢野久作:収録作のセレクションが良い。夢久入門にも良いかと。(少女地獄、瓶詰辺りををあえて入れずにオススメを選ぶとするとこのラインナップだと思う) 小栗... もっと読む

怪奇探偵小説名作選〈6〉小栗虫太郎集―完全犯罪 (ちくま文庫)

25
3.00

感想・レビュー

デビュー作「完全犯罪」、既にこの作品で作者独自の世界観を構築しています。とはいえ、売れない作家生活時代も長く、下積み時代の研鑽が偲ばれます。 昭和初期の... もっと読む

冒険の森へ 傑作小説大全 1 漂白と流浪 (冒険の森へ 傑作小説大全1)

24
3.00
井上靖 2016年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒険の森 傑作小説大全集 第一巻「漂白と流浪」 冒険小説とは言え、漂流中の苦しい話が多く鬱々とした気分に。 そうそうたる著者の作品が並んでいるのだが、... もっと読む
全236アイテム中 1 - 20件を表示

小栗虫太郎に関連する談話室の質問

ツイートする