小津安二郎のおすすめランキング

プロフィール

1903年東京深川に生まれる。1923年、松竹キネマ蒲田撮影所に撮影部助手として入社。大久保忠素組の助監督を経て1927年、時代劇『懺悔の刃』で監督デビュー。以来1962年公開の『秋刀魚の味』まで、全54作品でメガホンをとり、サイレント、トーキー、モノクロ、カラーそれぞれのフィルムに匠の技を焼き付けた。1963年腮源性癌腫により死去。1958年紫綬褒章受章、1959年芸術院賞受賞、1962年芸術院会員。作品『生れてはみたけれど』(1931)、『出来ごころ』(1933。以上、松竹蒲田)、『戸田家の兄妹』(1941)、『晩春』(1949、芸術祭文部大臣賞)、『麦秋』(1951、芸術祭文部大臣賞)、『東京物語』(1953、芸術祭文部大臣賞、ロンドン映画祭サザランド賞、アドルフ・ズーカー賞)、『早春』(1956)、『東京暮色』(1957)、『彼岸花』(1958、芸術祭文部大臣賞)、『秋日和』(1960、芸術選奨文部大臣賞。以上、松竹大船)、『宗方姉妹』(新東宝、1950)、『浮草』(大映、1959)、『小早川家の秋』(宝塚作品、1961)ほか。

「2020年 『小津安二郎「東京物語」ほか【新装版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小津安二郎のおすすめランキングのアイテム一覧

小津安二郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンソロジー カレーライス!!』や『小津安二郎 僕はトウフ屋だからトウフしか作らない (人生のエッセイ)』や『小津安二郎「東京物語」ほか (大人の本棚)』など小津安二郎の全65作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンソロジー カレーライス!!

571
3.43
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カレーライスに纏わるエッセイを集めたアンソロジー。 寺山修司・小津安二郎などの大御所から、よしもとばなな・林真理子などの流行作家まで、バラエティに富んだ... もっと読む

小津安二郎 僕はトウフ屋だからトウフしか作らない (人生のエッセイ)

56
3.93
小津安二郎 2010年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな風に小津安二郎の言葉まとめた本があるなんて知らなかった。 小津に興味シンシンの今、真っ先に読みたかった。(その前に他の 人の小津感を読んでイメー... もっと読む

小津安二郎「東京物語」ほか (大人の本棚)

19
3.83
小津安二郎 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エッセイがなかなか面白く。東京物語はよい映画です。 もっと読む

小津安二郎 (MUJI BOOKS 人と物 3)

9
3.00
小津安二郎 2017年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天邪鬼でこだわりの強い男の優しい言葉 もっと読む

丸之内点景 ‥‥東京の盛り場を巡る‥‥

3
4.00
小津安二郎 電子書籍 新字旧仮名 2014年1月3日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

丸ノ内、帝国劇場付近を書いた話。雰囲気が良い。洋食の臭いが漂ってくる。 もっと読む

ここが楢山 〈母を語る〉

2
2.50
小津安二郎 電子書籍 新字新仮名 2014年1月1日 青空文庫で見る 青空文庫

小津安二郎作品集〈1〉 (1983年)

1

感想・レビュー

古本屋にて4冊購入。ただ、わし小津作品一度も観たことないんだよな~。シナリオ読む前にやっぱ見たほうがいいのかな? 『大学は出たけれど」「落第はしたけれど... もっと読む
全65アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×