小熊英二のおすすめランキング

プロフィール

1962年、東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部教授。
専攻は歴史社会学。著書に『単一民族神話の起源』、『〈日本人〉の境界』、『〈民主〉と〈愛国〉』、『1968』(いずれも新曜社)、『社会を変えるには』、『日本社会のしくみ』(いずれも講談社現代新書)など。

「2020年 『日本は「右傾化」したのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小熊英二のおすすめランキングのアイテム一覧

小熊英二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『社会を変えるには (講談社現代新書)』や『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)』や『〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性』など小熊英二の全77作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

社会を変えるには (講談社現代新書)

1862
3.91
小熊英二 2012年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「考え」を押し付けられるのではなく 「考える」ヒントがちりばめられている 小熊英二さんの著を読むたびに 思わせられること 「デモをする社会」が... もっと読む

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)

1119
4.08
小熊英二 2019年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・大企業型26%、地元型36%、残余型38% ・残余型には、政治的な声をあげるルートが無い。 ・中小企業団体と結びついた自民党政権が、小規模小売店を保護し... もっと読む

〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性

668
3.98
小熊英二 2002年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 かなりの力作。いままでの政治思想史では左翼(革新)が民主主義、右翼(保守)が愛国=ナショナリズムを担ってきたというのが定説だった。しかし筆者は50年初頭... もっと読む

生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)

667
4.35
小熊英二 2015年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 慶応義塾大学教授の小熊英二氏が、自らの父親である小熊謙二氏から聞き取った戦前・戦中・戦後の体験を記録した本です。当時の人々の暮らしや考え方などが誇張され... もっと読む

日本という国 (よりみちパン!セ)

589
3.69

感想・レビュー

面白かったー! 日本とアジア、日本と米国、 アジアと米国についてよくわかる。 わかりやすい説明でとても 読みやすい……! もっと読む

単一民族神話の起源―「日本人」の自画像の系譜

493
3.62
小熊英二 1995年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本民族論に関して、戦後は植民地を失うことによって初めて単一民族神話が広まり、明治時代以降から戦前までは海外への進出への大義名分として混合民族神話が主流で... もっと読む

1968〈上〉若者たちの叛乱とその背景

308
4.09
小熊英二 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出来れば、僕なんかよりずっと若い人が、よくわからなにしても読んでほしい本。まあ、小熊さんの仕事のパワーは満喫できます。彼は省略しないんですよね。付き合う方... もっと読む

「日本人」の境界―沖縄・アイヌ・台湾・朝鮮 植民地支配から復帰運動まで

266
3.57
小熊英二 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作でその名前が強烈にインプットされていたので読んでみたがかなりハード。これも博士論文… もっと読む

戦争が遺したもの

260
3.91
鶴見俊輔 2004年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あくまで読者の視点ですが、対談の空気感が伝わるような構成はいいなって思いました。 たとえば、あまりにきれいに纏まりすぎてる(1つの結論に皆で必死に向かって... もっと読む

増補改訂 日本という国 (よりみちパン!セ)

229
4.13
小熊英二 2011年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人は本来、長編の人だ。その人が中学生にも分かるように四苦八苦しながら明治から昭和にかけての日本の『問題』を提示するのは、たいへんだったに違いない。 ... もっと読む

1968〈下〉叛乱の終焉とその遺産

197
4.20
小熊英二 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リブについて記述された17章および結論箇所だけ読む。17章は書かれた田中美津本人は批判しているようだけど、読者としてはまとまっているし、なんとなく全体をつ... もっと読む

私たちはいまどこにいるのか 小熊英二時評集

166
4.15
小熊英二 2011年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代感覚が秀逸で、具体的かつ明快だ。すばらしい。 この明快さは他で見たことがない。 Ⅰ.世代ごとの社会構造、政治、社会運動、思想の考察 終戦時2... もっと読む

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)

166
4.07
小熊英二 電子書籍 2019年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終身雇用、新卒一括採用、定年制、正規・非正規、大学の役割など、社会を作るしくみや雇用慣行の起源について丁寧に論じた良書。色々な疑問を解消できた。 もっと読む

平成史 (河出ブックス)

165
3.42
小熊英二 2012年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架:210.77A/O26h//K もっと読む

“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究

160
3.56
小熊英二 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「つくる会」末端組織についてのフィールドワークとその論考。 反「サヨク」をキーワードとした決して右ではないが、自称「普通の市民」たちの不思議な寄り合い所... もっと読む

この国はどこで間違えたのか ~沖縄と福島から見えた日本~

155
3.94
内田樹 2012年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これを読んで私たちの世代から日本を本当の主権国家にしなければならないと強く感じた。 もっと読む

インド日記―牛とコンピュータの国から

150
3.73
小熊英二 2000年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介 グローバリゼーションに揺れる多民族国家インドの現代を捉えた旅行記。 もっと読む

私たちの国で起きていること 朝日新聞時評集 (朝日新書)

150
3.79
小熊英二 2019年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

参院選の投票日がせまった。誰に票を投じようか、今回はいつも以上に迷っている。安倍政権の信任投票と考えるのか、でもそうすると今まで絶対にあり得なかった候補者... もっと読む

在日一世の記憶 (集英社新書)

140
3.68
小熊英二 2008年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私は日本人であることに誇りを持っているが、時々恥ずかしく感じるときもある。 この本は涙を流さずには読めない。 強制的に日本につれてこられた人もいれば、... もっと読む

決定版 日本という国 (よりみちパン! セ)

111
4.00
小熊英二 2018年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小熊英二は「民主と愛国」(新曜社)という大著で、戦後思想を徹底的に分析するという仕事を成し遂げ、高く評価された若手の政治・社会学者ですが、その仕事の考え方... もっと読む
全77アイテム中 1 - 20件を表示

小熊英二に関連する談話室の質問

ツイートする
×