尾辻克彦のおすすめランキング

尾辻克彦のおすすめランキングのアイテム一覧

尾辻克彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンソロジー おやつ』や『アンソロジー カレーライス!!』や『アンソロジー そば』など尾辻克彦の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンソロジー おやつ

577
3.42
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

478
3.48
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む

アンソロジー そば

141
3.24
池波正太郎 2014年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔はそばを食べるというのは今の喫茶店でお茶を飲むのと同じような行為で、もともとは腹を満たす食事ではなかった。店によっては蕎麦の量が異様に少ないのはこのせい... もっと読む

父が消えた (河出文庫)

136
3.64
尾辻克彦 2005年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 読み始めてすぐは「ん? なんかつまらなそう」と思ったのだが、読み終わった今は「こりゃ面白い!」と真逆の感想になった。  起承転結がくっきりしている物... もっと読む

肌ざわり (河出文庫)

104
4.04
尾辻克彦 2005年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初、小説だと思って読んでたら、何も物語が展開しないので読むのが苦痛だった。そこで、これはエッセイなんだと思いながら読むようにしたら、だいぶ読みやすくなっ... もっと読む

東京路上探険記 (新潮文庫)

59
3.61
尾辻克彦 1989年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの再読。購入が赤瀬川さんの亡くなったのと重なるとはね。シミジミと読み返す。 もっと読む

吾輩は猫の友だちである (中公文庫)

32
3.57
尾辻克彦 1993年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 お父さん、桃子(お母さん)、チチヤス(小学校三年の娘)、トヨ子(祖母。のちにクニヨシに改名)そして黒猫のペリー。  以上の登場人物を軸としたエッセイ... もっと読む

ライカ同盟

29
3.53
尾辻克彦 1994年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ライカ万歳!的な本かと思ったら違った。この頃はゆったりとした時間が流れていたんだなぁ。羨ましい。 もっと読む

カメラが欲しい (新潮文庫)

28
3.62
尾辻克彦 1988年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カメラに対する愛に溢れた1冊。 まだ金属カメラの新品が出ていて、 オートフォーカスが真新しい技術だった時代。 「艶消しブラック仕上げの光学通り」のま... もっと読む

東京路上探険記

20
3.63
尾辻克彦 1986年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

89066 「路上観察学入門」に較べ、こちらは読み物風。孝現学以外にも尋ね人の記事、コレクター、奇妙な偶然の話など。 もっと読む

雪野

14
3.40
尾辻克彦 1983年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

尾辻克彦の小説の中では一番好きです。 雪野というのは著者の友人の名前です。 その雪野について書くことで、結果的には自伝のようになっています。 たんた... もっと読む

贋金づかい

12
3.75
尾辻克彦 1988年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30年前の小説ですが、昨今の欲の在り方を予期しているかのようです。特に、膨張と縮小のくだりなど。 私は個人的に、尾辻作品の胡桃子(本作では絹丸)の存在感... もっと読む

肌ざわり (中公文庫 A 164)

10
3.00
尾辻克彦 1983年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文章がいい。意外と文学っぽい。 もっと読む

父が消えた―五つの短篇小説

10
4.40
尾辻克彦 1981年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生のころ初めて手にし、それ以来、何とはなしに開いて読む。 読んだあと、なんだか異次元を歩いてきたような気分になる。 もっと読む

出口

10
3.67
尾辻克彦 1991年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書の原動力は、いかに物語を作らないか。そして物語にさせないためには、限りなくエッセイに近い形にしなければならないということ。そしてそれはエッセイであって... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする