山下範久のおすすめランキング

プロフィール

山下 範久(ヤマシタ ノリヒサ)
1971年生まれ。立命館大学国際関係学部教授。専門は歴史社会学、社会理論、世界システム論。主な著書に『現代帝国論』 「世界システム論で読む日本』、訳書に『リオリエント』がある。

「2019年 『教養としての 世界史の学び方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山下範久のおすすめランキングのアイテム一覧

山下範久のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『教養としての 世界史の学び方』や『入門・世界システム分析』や『リオリエント 〔アジア時代のグローバル・エコノミー〕』など山下範久の全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

教養としての 世界史の学び方

165
3.18
山下範久 2019年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろい行き方だな。「本書は、経済学や政治学、社会学など、社会科学を学ぼうとする大学初年次の学生に向けて、それら個別のディシプリンを学ぶ前提として必要な... もっと読む

入門・世界システム分析

145
3.68

感想・レビュー

「システム分析」という割にはシステム感がない 中核、周辺というが事実にラベルを貼っただけに思える 1冊だけじゃ言えないなもっといろいろ学んでみよう ... もっと読む

現代帝国論―人類史の中のグローバリゼーション (NHKブックス)

72
3.50

感想・レビュー

現代の日本は衰退状況にあるとの認識が定着しつつあり、不安や諦念が蔓延しつつあるなか、右も左も相互に不寛容で不健康な言説がはびこっているように映る。 そうし... もっと読む

北京のアダム・スミス――21世紀の諸系譜

59
3.67

感想・レビュー

【書誌情報】 『北京のアダム・スミス―― 21世紀の諸系譜』 原題:Adam Smith in Beijing 著者:Giovanni Arrigh... もっと読む

教養としてのワインの世界史 (ちくま文庫)

58
3.33
山下範久 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ワインの勉強というよりかは、ワインをテーマにグローバリズムを論じている。 アカデミックな内容でした。 もっと読む

知の不確実性 〔「史的社会科学」への誘い〕

49
2.67

感想・レビュー

ウォーラーステイン、山下範久監訳『知の不確実性』読了。 帯にあるように、本書は社会科学論。 文系学部廃止や社会科学という「学問」に対して疑問のある人は面... もっと読む

帝国論 (講談社選書メチエ)

38
3.13
山下範久 2006年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現実にはグローバル市場のルールを規定する能力を持つのは各国政府のみであり、特に自律的にルールを決定できるのは、規制帝国のみである。 ネグリとハートがいう... もっと読む

世界システム論で読む日本 (講談社選書メチエ)

37
3.36

感想・レビュー

著者の山下氏は、社会学と経済学をあわせた「世界システム論」を始めたE・ウォーラーステイン氏に、直接学んだ唯一の日本人だそうだ(wikipediaより)。 ... もっと読む

資本主義の起源と「西洋の勃興」

36
3.50
エリック・ミラン 2011年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

挫折本、内容が難しかった。世界史の知識がかけているのをさまざまと感じさせる内容だった。 もっと読む

1968年の世界史

36
3.25
アラン・バディウ 2009年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常勤先の「人文地理学」の教科書としてまたウォーラーステイン『ポスト・アメリカ』をひっぱりだしている。なるべく補足しながら話をしオたのが本書だとのこと。ア... もっと読む

atプラス 03

31
3.33
内田樹 2010年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は微妙だったな―。 「柄谷行人の安定感」 ってかんじ。 もっと読む

atプラス 01

25
3.75
上野千鶴子 2009年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2009年11月18日購入 もっと読む

atプラス 05

24
3.67
上野千鶴子 2010年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ウェットなコミュニティからの可能性を見いだせる。 特集ではないけれど時宗の考察が知的刺激をくれました。 もっと読む

atプラス 07

20
4.00
上野千鶴子 2011年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貧困問題、孤独死の問題、そして宗教心、真剣に人生を歩まねばと自戒させられました。 もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする