山内昶のおすすめランキング

プロフィール

1929年東京生まれ。京都大学仏文学科卒業。同大学院(旧制)修了後、パリ大学高等研究院に留学。元・大手前大学教授、甲南大学名誉教授。著書:『食具』、『もののけ Ⅰ・Ⅱ』(ものと人間の文化史)、『ロマンの誕生』、『現代フランスの文学と思想』、『経済人類学への招待』、『タブーの謎を解く』。訳書:マンデル『カール・マルクス』、マレ『労働者権力』、サーリンズ『人類学と文化記号論』『人類学と文化記号論』、ゴドリエ『人類学の地平と針路』『観念と物質』『贈与の謎』、プィヨン編『経済人類学の現在』、ロダンソン『イスラームと資本主義』、トマス『人間と自然界』、アタリ『所有の歴史』、テスタール『新不平等起源論』ほか。2006年死去。

「2014年 『贈与の謎 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山内昶のおすすめランキングのアイテム一覧

山内昶のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ヒトはなぜペットを食べないか (文春新書)』や『タブーの謎を解く―食と性の文化学 (ちくま新書)』や『経済人類学への招待―ヒトはどう生きてきたか (ちくま新書)』など山内昶の全34作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ヒトはなぜペットを食べないか (文春新書)

146
3.16
山内昶 2005年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

解題が難しい 食肉の歴史 獣姦と インセストタブー 贈与論と祭り 擬似愛玩具のとして ペットの位置が確立した 短小に製作する もっと読む

タブーの謎を解く―食と性の文化学 (ちくま新書)

123
3.24
山内昶 1996年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界各地の食のタブー、性のタブーなどを通して、なぜタブーがあるのが、タブーがどのような役割を果たしているのか、そして人がタブーを作り出す理由を述べている。... もっと読む

経済人類学への招待―ヒトはどう生きてきたか (ちくま新書)

52
3.00
山内昶 1994年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豊かさの指標を、一日の余暇時間で考え、文明以前の未開の状態の方が豊かであった事。現代のGDPで示す経済状況は、金の介在する活動を示しているだけであり、当て... もっと読む

もののけ〈1〉 (ものと人間の文化史)

29
3.67
山内昶 2004年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間が農耕を始めた時、母なる大地を切り裂くなんて(@_@;)と、 タブーを犯す事に対する罪悪感は凄いものだった…と。 女性が「生みだす良きもの」から、... もっと読む

肉食タブーの世界史 (叢書・ウニベルシタス)

25
3.83

感想・レビュー

https://sv1.opac.jp/aop/cgi-bin/detail.cgi?LibId=127n6k7&Tcode=0060293&Srypar... もっと読む

エロチックな足―足と靴の文化誌

22
3.71

感想・レビュー

かなり強烈に偏ってる気はするが。 面白い。そんなにハイヒールはすばらしいものなのか。熱い想いがほとばしってるってかんじで。 もっと読む

石器時代の経済学 (叢書・ウニベルシタス)

21
3.33

感想・レビュー

ぎっしり詰まった本だった。やはり二項対立の概念をいまだ超えられていない事にきづく。人類学はそんな事に気づく。モースとホッブズの贈与としての比較などがよかっ... もっと読む

もののけ〈2〉 (ものと人間の文化史)

16
3.00
山内昶 2004年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_se... もっと読む

ジッドの秘められた愛と性 (ちくま新書)

11
3.75

感想・レビュー

ジッドの伝記ですが、ネタは母親との関係性や性的嗜好が中心ですので要注意。 もっと読む

「食」の歴史人類学―比較文化論の地平

8
3.00
山内昶 1994年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●構成: Ⅰ 日本人と異国料理 Ⅱ 南欧人と日本料理 Ⅲ 雑食動物ホモ・サピエンス Ⅳ 食物タブーと文化理論 --  食事を摂ることは、人間に... もっと読む

石器時代の経済学 (1984年) (叢書・ウニベルシタス)

6
4.00

感想・レビュー

狩猟民族が食料がなく、常に働いているというのはウソである。 欲望は、多く生産するか、少なく欲求するか、で満たされる。狩猟民族は後者。 狩猟民族にと... もっと読む
全34アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする