山口瞳のおすすめランキング

プロフィール

1926年東京生まれ。小説家、随筆家。『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞受賞。おもな著作に31年間連載したコラムをまとめた「男性自身」シリーズ、『血族』『居酒屋兆治』など。1995年没。

「2014年 『ぐつぐつ、お鍋 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口瞳のおすすめランキングのアイテム一覧

山口瞳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンソロジー カレーライス!!』や『礼儀作法入門 (新潮文庫)』や『やってみなはれ みとくんなはれ (新潮文庫)』など山口瞳の全388作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンソロジー カレーライス!!

483
3.48
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む

やってみなはれ みとくんなはれ (新潮文庫)

309
3.64
山口瞳 2003年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「サントリーって何の会社?」って問われたら何て答えます?烏龍茶?はちみつレモン?CCレモン?プレモル? 「マッサン」ブームの最中で、「今売らずに... もっと読む

アンソロジー ビール

248
3.32
東海林さだお 2014年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治生まれの文豪や料理研究家、平成の今をときめく人気小説家まで、41名の手になる、ビールにまつわるエッセイ集。 書き手も様々なら、内容も様々。 うまいビ... もっと読む

行きつけの店 (新潮文庫)

206
3.60
山口瞳 1999年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一冊入魂。そのおかげで山口さんの行きつけの店にずいぶん連れて行ってもらうことができました。やっぱり人が大事。 http://www.ne.jp/asa... もっと読む

ぐつぐつ、お鍋(おいしい文藝)

191
3.00
石井好子 2014年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代文学作家と現代文学作家の、鍋について書かれた文章を集めたもの。 年代がごちゃごちゃな癖に、出典に全集のタイトルが書かれているので、いつ頃書かれたもの... もっと読む

血族 (文春文庫 や 3-4)

173
3.62
山口瞳 1982年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな背景持ってたら人格形成に大いに影響があるはずで、著者の徹底した自信のなさ(謙遜?)と絶対的な母への賛辞はその結果なんだと思うと悲しい気もする。当時の... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

171
3.21
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コーヒー大好きです。 飲み方はブラックです。 生豆を家で焙煎していたこともありますが 私は自分で淹れるコーヒーというよりは 淹れてもらうコーヒーが好き。... もっと読む

アンソロジー そば

143
3.23
池波正太郎 2014年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔はそばを食べるというのは今の喫茶店でお茶を飲むのと同じような行為で、もともとは腹を満たす食事ではなかった。店によっては蕎麦の量が異様に少ないのはこのせい... もっと読む

江分利満氏の優雅な生活 (ちくま文庫)

130
3.81
山口瞳 2009年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年12月24日、読み始め。 以前から読みたかった本。多分、40年前の高校生時代から。ようやく、手にした。 2019年1月5日、155頁まで... もっと読む

江分利満氏の優雅な生活 (新潮文庫)

125
3.59
山口瞳 1968年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

のほほんとしたお話かと思いきや、実はちょっとせつない話。 もっと読む

続・礼儀作法入門 (新潮文庫)

120
3.50
山口瞳 2003年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和30年代、40年代の話だと理解して読むと面白い。 もっと読む

山口瞳「男性自身」傑作選 中年篇 (新潮文庫)

94
3.40
山口瞳 2003年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風呂で読んでいた。酒を飲んだ後にも読んだ。ちょっと気を緩めたい時に、丁度良い。 もっと読む

山口瞳「男性自身」傑作選 熟年篇 (新潮文庫)

91
3.50
山口瞳 2003年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どの作品も味があってよかった。 もっと読む

居酒屋兆治 (新潮文庫)

84
3.57
山口瞳 1986年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文中に登場する方代の歌目当てに購入。 (映画には方代のとのおかしな逸話もあるのだが、それは評伝「無用の人山崎方代」を参照のこと) 映画版よりも原作の方が... もっと読む

温泉へ行こう (新潮文庫)

73
3.44
山口瞳 1988年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前読んだ『行きつけの店』もそうだったのだけど、これもいい話だったなー 実は内容あまり覚えているわけではないんだけどよかった~ってw 遠方は飛行機が嫌いで... もっと読む

人生作法入門 (河出文庫)

52
3.64
山口瞳 2011年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

年取るとわかることも多い。 やはり凄い作者だったんだな。 もっと読む

諸君、これが礼儀作法だ! (新潮文庫)

45
3.00
山口瞳 2006年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

電車で眺めてた本 新しくサラリーマンになる人に向けた本 心構えらしきことを書いてると思いきや、話がいろいろな方向に飛ぶので全体として趣旨が... もっと読む

草競馬流浪記 (新潮文庫)

45
3.71
山口瞳 1987年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笠松では若きアンカツが、上山では中鉢さんの名が。これ読んで荒尾に行きたくなり 行ってしまいました。海は、スタンドのぼらないと 確かに見えないねえ もっと読む
全388アイテム中 1 - 20件を表示

山口瞳に関連する談話室の質問

ツイートする