山口雅也のおすすめランキング

プロフィール

1989年10月、『生ける屍の死』でデビュー。

「2017年 『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口雅也のおすすめランキングのアイテム一覧

山口雅也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『生ける屍の死 (創元推理文庫)』や『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)』や『アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (河出文庫)』など山口雅也の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

生ける屍の死 (創元推理文庫)

1226
3.61
山口雅也 1996年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

5/15 読了。 死者が次々と甦り<生ける屍 リヴィング・デッド>と化す怪現象が各地で巻き起こる二十世紀末のアメリカ。その渦中、ニューイングランドの片田舎... もっと読む

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)

507
3.63
綾辻行人 2017年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新本格の誕生から30周年になった記念の書き下ろしアンソロジー。執筆陣は新本格ブームの根底となった7人であり、これ以上無い人選だろう。 対抗意識という事で... もっと読む

アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (河出文庫)

275
2.90
有栖川有栖 2016年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリスをテーマにしたミステリーのアンソロジーで、書き下ろしでもないのに一度も読んだことが無いものばかりだった(゜゜;)(あとがきに紹介されていた作品は読ん... もっと読む

ミステリーズ《完全版》 (講談社文庫)

251
3.11
山口雅也 1998年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一筋縄ではいかない作品を多数発表している山口雅也の短編集。 “密室”というキーワードを軸に、凝った構造で 奇妙な精神世界を描き出す『密室症候群』。... もっと読む

不条理な殺人

229
3.13
法月綸太郎 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・山口雅也/モルグ氏の素晴らしきクリスマス・イヴ モルグ氏にとってこの日は、付き合っている女性へのプロポーズを兼ねた、素晴らしいイヴになるはずだった。 ... もっと読む

日本殺人事件 (角川文庫)

168
3.33
山口雅也 1998年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰も見たことがない日本が物語の中にあった。 外国人がイメージする間違った日本の姿、それが物語の舞台である。 妙なところで感心してみたり、言葉の意味がわから... もっと読む

密室―ミステリーアンソロジー (角川文庫)

155
3.08
姉小路祐 1997年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

法月輪太郎さんの『ロス・マクドナルドは黄色い部屋の夢を見るか?』が至高のバカミスで本当に素晴らしかった(色々な意味で)。 鍵のかかった部屋から自然のつく... もっと読む

キッド・ピストルズの妄想―パンク=マザーグースの事件簿 (創元推理文庫)

152
3.40
山口雅也 2000年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆる狂人の論理ばかりを集めた中編3作品。最もそれらしいと思ったのが「ノアの最後の航海」。死に際の人間だけが辿り着けるロジックは、その人の本質を映し出す... もっと読む

誘拐 (角川文庫)

140
3.16
有栖川有栖 1997年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 誘拐モノて、実はそんなに好きではないんですよ。  ハラハラするのが苦手というか、探偵側が追いつめられるのが苦手なので。  でも、収録作品はわりとおもしろ... もっと読む

13人目の探偵士 (講談社文庫)

139
3.19
山口雅也 2004年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲームブック形式で読者が探偵士を選択するという、多重解決に仕上げたユニークな作品。優秀な探偵士にしては、未完成なまま推理が披露されているのが滑稽だが、それ... もっと読む

垂里冴子のお見合いと推理 (講談社文庫)

128
3.15
山口雅也 2002年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014.7.5.きっと、本流ではない作品から山口雅也さん初読み。お見合いするたびに事件に巻き込まれる垂里冴子。破天荒な妹空美弟京一三人きょうだいのキャラ... もっと読む

ステーションの奥の奥 (ミステリーランド)

125
3.31
山口雅也 2006年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリーランド。 東京駅の秘密の通路とかって言われるとワクワクしちゃいます。 そういうワクワク感は児童向けとしてもいいかなと思うのですが、 肝心の... もっと読む

謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル) (ミステリ・ワールド)

118
3.09
山口雅也 2012年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リドルだから仕方ないけど、 結末が気になる〜! カードはオチなしっぽくて好きじゃないが… 群れも別にリドルじゃないね? もっと読む

不在証明崩壊(アリバイくずし)―ミステリーアンソロジー (角川文庫)

112
3.22
浅黄斑 2000年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

火村シリーズも収録。作家ごとの味わいの違いが面白い。 もっと読む

奇偶

111
3.13
山口雅也 2002年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

評価を聞いても、みんな首をひねるばかりで、的を得た答えが返ってこない理由が、ようやくわかりました。これは奇書だ。 骰子からはじまり、ユング、シンクロ二テ... もっと読む

奇偶(上) (講談社文庫)

98
3.24
山口雅也 2006年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇偶。 タイトル通り、奇偶尽くしの上下刊は圧巻。 何より奇偶なのは読んだタイミングと、オープニングの原発事故?! 読まされた感のある一冊です。 もっと読む

マニアックス (講談社文庫)

91
2.93
山口雅也 2003年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山口作品は一通り読みたいなって位には好きなんですが、ホラー色?パラノイア色??の強い短編が目立つ本作は、ちょっと箸休めなテイストでいただきました。 謎解... もっと読む

PLAY プレイ (講談社文庫)

89
3.03
山口雅也 2010年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

外科医が、愛するぬいぐるみたちと興じる、秘密の「ごっこ遊び」。怖ろしい罠が待ち受ける「ボード・ゲーム」。引き篭もりたちが、社会復帰のためにと熱中する「隠れ... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示

山口雅也に関連する談話室の質問

ツイートする