山同敦子のおすすめランキング

プロフィール

食と酒のジャーナリスト。JSA認定ソムリエ、SSI認定利酒師。長野県原産地呼称管理制度における日本酒および本格焼酎官能審査委員。薩摩大使。東京生まれ、大阪育ち。上智大学文学部卒業。新聞社、出版社を経て、酒蔵を訪問したことがきっかけでフリーランスに。以後、「土地に根付いた酒」をテーマに、全国の日本酒蔵、焼酎蔵、ワイナリーなどの取材を続けている。『dancyu』『サライ』ほか多くの雑誌で執筆。
著書に『愛と情熱の日本酒―魂をゆさぶる造り酒屋たち』(ダイヤモンド社、ちくま文庫)、『旨い!本格焼酎 匠たちの心と技にふれる旅』(ダイヤモンド社)、『ヴィラデストワイナリーの手帖』(新潮社)、『至福の本格焼酎 極楽の泡盛』、『こどものためのお酒入門』(イースト・プレス)、『めざせ! 日本酒の達人』(ちくま新書)、『極上の酒を生む土と人 大地を醸す』(講談社+α文庫)などがある。

「2016年 『日本酒ドラマチック 進化と熱狂の時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山同敦子のおすすめランキングのアイテム一覧

山同敦子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『めざせ!日本酒の達人: 新時代の味と出会う (ちくま新書)』や『こどものためのお酒入門 (よりみちパン!セ)』や『愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫)』など山同敦子の全15作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

めざせ!日本酒の達人: 新時代の味と出会う (ちくま新書)

214
4.02
山同敦子 2014年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本酒の基礎や理論を初歩から解説しており非常にわかりやすい。 味の分類についても、地方や各酒蔵、杜氏の特徴など詳細に説明されていて 日本酒への興味を益々掻... もっと読む

こどものためのお酒入門 (よりみちパン!セ)

60
3.75
山同敦子 2009年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お酒って身近にあるけど案外どう作られているのかとかどのお酒が一番きついのかとか知らないことばかり。でも中学生の私はこの本を読んでお酒のことを知れたのかな。... もっと読む

愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫)

49
4.00
山同敦子 2011年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[2015.17]筆者の長年の取材から全国各地の酒蔵の日本酒を紹介している本。以前に取材させて頂いた方から紹介された本で、ようやく読むことができた。地元の... もっと読む

こどものためのお酒入門 (よりみちパン!セ)

45
3.83
山同敦子 2012年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者のお酒愛が伝わってくるばかりか、内容もかなり充実していて良書。 もっと読む

愛と情熱の日本酒

37
3.46
山同敦子 2005年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごい本。 人間のすごさが伝わる。 ずっと読まずにいたなんて、もったいない。 いや、読む時期が来たことが有り難い。 意外なところでつながる... もっと読む

極上の酒を生む土と人 大地を醸す (講談社+α文庫)

21
3.60
山同敦子 2013年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずいぶん時間が掛かったが、なんとか読み終えました。 人たちが土から作った作物でその地方の酒を作る。 日本酒にしても日本茶にしても、茶問屋・蔵元として自分た... もっと読む

旨い!本格焼酎―匠たちの心と技にふれる旅

15
3.83

感想・レビュー

最近、芋焼酎にはまっています。いろんな紹介本を読みましたが、蔵元の顔が見えませんでした。でも、この本で蔵元の熱い思い、夢、喜びが手に取るように見えました。... もっと読む
全15アイテム中 1 - 15件を表示
ツイートする