山岡荘八のおすすめランキング

プロフィール

昭和13年、懸賞小説に入選し文壇デビュー。昭和25年から新聞に『徳川家康』を連載開始。連載期間は18年にも及び、「経営トラの巻」としても多くの読者を獲得した。

代表作:『新太平記』『伊達政宗』『坂本龍馬』『小説太平洋戦争』等多数。

「2017年 『横山光輝戦国武将列伝 徳川家康VS.石田三成 関ヶ原の戦い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山岡荘八のおすすめランキングのアイテム一覧

山岡荘八のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『織田信長(1) 無門三略の巻(山岡荘八歴史文庫 10)』や『徳川家康(1) 出世乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)』や『伊達政宗 (1) 朝明けの巻 (山岡荘八歴史文庫 51)』など山岡荘八の全983作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

織田信長(1) 無門三略の巻(山岡荘八歴史文庫 10)

586
3.97
山岡荘八 1987年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『史実を多く盛り込んだ作品』という事なので読み始めました。 『小説』という形である限り、 山岡氏の『創作&想像』の部分もあると思いますが、、、。 ... もっと読む

徳川家康(1) 出世乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)

555
3.83
山岡荘八 1987年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

徳川家康の生まれる前の話。 あまり知られていない、家康の両親の話がメインです。 母親が聡明な人であることが窺える内容。 また、家康の前の当主時代... もっと読む

伊達政宗 (1) 朝明けの巻 (山岡荘八歴史文庫 51)

541
3.77
山岡荘八 1986年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代でも、少し遅れて生まれてきた。もう少し、前に生まれていたら、天下取りにも参戦できるだけの実力あり。 もっと読む

織田信長(2) 桶狭間の巻 (山岡荘八歴史文庫 11)

424
3.97
山岡荘八 1987年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日,大津の長浜に出張する機会があり,古戦場や城郭を訪れてこの時代の歴史をもう一度復習したいと思い,この本を手に取りました。一言で言うと面白い。信長は残忍... もっと読む

織田信長 (3) 侵略怒濤の巻(山岡荘八歴史文庫 12)

409
3.90
山岡荘八 1987年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信長と秀吉の掛け合いが面白い。帰りの通勤読みで1週間で1冊のペースで読めています。 もっと読む

織田信長(5)本能寺の巻(山岡荘八歴史文庫 14)

391
3.99
山岡荘八 1987年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初から最後までわかり易く、読みやすい。 史実に基づいているだろうけれど、史料の少ない時代。作者の想像力で埋めていくしかない部分の個性の描き方、選ぶ言葉の... もっと読む

徳川家康(2) 獅子の座の巻 (山岡荘八歴史文庫)

314
3.76
山岡荘八 1987年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦乱の不条理さに翻弄されていく人々の様子が描かれている。愛する正室と離縁しなければいけなくなった広忠は、於大と似ているお春を求愛するようになるものの、お春... もっと読む

毛利元就(1)(山岡荘八歴史文庫 49)

301
3.52
山岡荘八 1986年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと地味だが、「3本の矢」の話は、有名。中国地方の大名。関が原の戦いで敗れたが、残る。最近は、戦国BASARAで有名かもしれない。 もっと読む

伊達政宗 (2)人取られの巻 (山岡荘八歴史文庫 52)

301
3.71
山岡荘八 1986年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巻が進むにつれて、面白くなってきました。 もっと読む

徳川家康(3) 朝露の巻 (山岡荘八歴史文庫)

295
3.79
山岡荘八 1987年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信秀の葬儀と平手政秀の諫死、駿府での人質生活、瀬名との馴れ初め、元服と初陣、大高城への兵糧搬入、秀吉の仕官、義元の戦死。 もっと読む

伊達政宗 (3) 夢は醍醐の巻 (山岡荘八歴史文庫 53)

283
3.63
山岡荘八 1986年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

35 止まらなくなってきた。 秀吉の寵愛を受けながら、秀次との謀反の疑い。 それを晴らしたのがなんと家康。 騙し合い、だまされあいがたまらないし、政宗... もっと読む

徳川家康(4) 葦かびの巻 (山岡荘八歴史文庫)

273
3.73
山岡荘八 1987年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

義元の死を踏み台に三河に戻り、自分の城を取り戻す家康 信長との同盟も成り天下への第一歩を踏み出す 外のことは結構順調なんですがそれに対して家の中がどんど... もっと読む

徳川家康(5) うず潮の巻 (山岡荘八歴史文庫)

272
3.79
山岡荘八 1987年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男と男の戦い、女と女の戦い、 男と女の戦いが家康を苦しめる第五巻。 苦難に満ちた家康の生涯でも、 もっとも過酷な時期と言って良いと思う。 壊れてい... もっと読む

伊達政宗(4)黄金日本島の巻(山岡荘八歴史文庫54)

269
3.58
山岡荘八 1986年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

36 あぁ、おもしろい。 関ヶ原後まで。 頭領運。これをもっているか、そしてどの程度あるか? 「人生決して無理は通らぬ。理のあるところへ、急がす焦らず... もっと読む

徳川家康(6) 燃える土の巻 (山岡荘八歴史文庫)

263
3.86
山岡荘八 1987年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅井家の滅亡から。大賀弥四郎事件について丁寧に描かれている。秀康出生時の話など、女性をめぐる話も多々。 もっと読む

徳川家康(7) 颶風の巻 (山岡荘八歴史文庫)

256
3.75
山岡荘八 1987年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長篠の戦い、信康の死、武田家滅亡と、かなり感情を揺さぶれる一冊だった。特に信康を処断する時の心の読み合いとか、謎かけとか心理戦とか、凄いな。登場人物一人一... もっと読む

伊達政宗(5)蒼穹の鷹の巻(山岡荘八歴史文庫55)

256
3.59
山岡荘八 1986年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

56 大坂冬の陣と夏の陣の構想は政宗から出てたと書かれてる!どこまで本当かはわからんが。 ら 「勇ことが、そのまま時勢に先行することだと錯覚しがち。勇... もっと読む

徳川家康(9) 碧雲の巻 (山岡荘八歴史文庫)

253
3.77
山岡荘八 1987年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

清洲会議から賤ヶ岳の戦い、北庄城落城まで。この時期の家康といえば天正壬午の蘭だが、相当出番減ってる。山崎の戦い以降の秀吉の冴え渡った政治手腕が凄い。お市の... もっと読む

徳川家康(8) 心火の巻 (山岡荘八歴史文庫)

253
3.76
山岡荘八 1987年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家康が京、堺を見物し、光秀が饗応に当たり、これが秀吉の後詰を命ぜられ、本能寺の変を起こし、家康が伊賀越えで三河に帰り、安国寺恵瓊と秀吉の交渉、そして中国大... もっと読む
全983アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×