山崎ナオコーラのおすすめランキング

プロフィール

1978年生まれ。『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞を、『美しい距離』で島清恋愛文学賞を受賞。その他の著書に『浮世でランチ』『この世は二人組ではできあがらない』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』『反人生』『ネンレイズム/開かれた食器棚』、エッセイ集『かわいい夫』『母ではなくて、親になる』、絵本『かわいいおとうさん』などがある。

「2018年 『偽姉妹』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山崎ナオコーラのおすすめランキングのアイテム一覧

山崎ナオコーラのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人のセックスを笑うな (河出文庫)』や『人のセックスを笑うな』や『浮世でランチ (河出文庫)』など山崎ナオコーラの全124作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人のセックスを笑うな (河出文庫)

4004
3.38
山崎ナオコーラ 2006年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本のことはずっと前から知っていた。 でも読むことになるとは思っていなかった。 タイトルの真剣な響きに気後れして遠巻きにしていたのだ。 でも山崎ナ... もっと読む

人のセックスを笑うな

1685
3.22
山崎ナオコーラ 2004年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初ナオコーラさんです。 まずは代表作を…と思い読みました。 書き出しの一行目から言葉がきれいで、描写のひとつひとつが新鮮で でも内容は淡々として... もっと読む

浮世でランチ (河出文庫)

1049
3.27
山崎ナオコーラ 2009年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山崎ナオコーラさんの文章は不思議。 いつも必ずドキッとさせられる。 薄暗い部屋のブラインドが上がって太陽の光が射し込んだかのような、3色刷だった世界が... もっと読む

論理と感性は相反しない (講談社文庫)

861
3.68
山崎ナオコーラ 2011年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名前が面白いから気になってたナオコーラさん。 おしゃれ!!なんかすごいおしゃれ!!あとがきでこの作家さんのことがさらに好きになってしまった。 人間が出... もっと読む

カツラ美容室別室

809
3.11
山崎ナオコーラ 2007年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔は読まなかった、あるいは読んでも「?」としか思わなかったであろう類の作品。 大学4年間で、中・高の何倍もの経験(それが薄いか濃いかは置いといて)を... もっと読む

論理と感性は相反しない

808
3.38
山崎ナオコーラ 2008年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真野と神田川、合わない2人の同棲物語は面白く読めたのだけれど…俺通信、あるある。 バンドの話はマツモト以外記憶に残らず… 佐藤のごはん、は関西人的にはオ... もっと読む

この世は二人組ではできあがらない

804
3.49
山崎ナオコーラ 2010年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

栞と紙川。ちょっとモテるタイプで適当っぽい紙川に対し、付き合うことに承諾はしたものの、当初は栞の熱はあまり感じない。やや引き気味に受け止めつつ、自身の夢で... もっと読む

浮世でランチ

769
3.18
山崎ナオコーラ 2006年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の子供の頃の話と現在。 会社を辞めミャンマーに旅に出る。 丸山は自分の世界観を持ってるんだろうな。 だから1人でもいつも平気なんだ。 私も新... もっと読む

美しい距離

750
3.70
山崎ナオコーラ 2016年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

別サイトでおすすめしていただいた一冊。 短いページ数に淡々と、だけど深甚な文章で綴られる夫婦の最期の時間。「未来があまりないことは知っている。未来が消え... もっと読む

長い終わりが始まる

746
3.15
山崎ナオコーラ 2008年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なにやらちくちくとするのは、小笠原さんの自意識だったり、田中の曖昧な言葉だったり。 大学生の頃の必死に自分の居場所を探していた感覚を思い出した。 皆と... もっと読む

ニキの屈辱

744
3.54
山崎ナオコーラ 2011年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館より。 山崎ナオコーラさんは前々から気になってたけど読むのは初。 若手写真家のニキと、そのアシスタント加賀美くんのお話。 シーンからシー... もっと読む

指先からソーダ (河出文庫)

678
3.64
山崎ナオコーラ 2010年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜかすごくドキドキする文章。 「リアルについて」書かれている文章がいくつかあったけれど、私はこのエッセイを読んで「リアルだな」と思った。 例えば、 ... もっと読む

昼田とハッコウ

653
3.36
山崎ナオコーラ 2013年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脇役として役割を全うしたいと考えている主人公、昼田くんは自分はこういう人間だと決めたがっていると感じた。 自分は何も期待していないんだとか、自分は穏やかに... もっと読む

([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)

631
3.45
壁井ユカコ 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それにしても『三時のおやつ』とは なんと甘美な響きなんだろう。 生まれた時からコンビニがある今の若い人にはピンとこないだろうけど、 僕が子供だっ... もっと読む

カツラ美容室別室 (河出文庫)

626
3.26
山崎ナオコーラ 2010年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「友情というのは、親密感とやきもちとエロと依存心をミキサーにかけて作るものだ。ドロリとしていて当然だ。」 なんだってこんな文章が書けるんだろう。 ... もっと読む

ここに消えない会話がある

587
3.30
山崎ナオコーラ 2009年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく好き。 まずタイトルが好き。 消えない会話ってなんだろう? 何が消えないんだろう? とても気になってワクワクした。 淡い日常の中で交わ... もっと読む

長い終わりが始まる (講談社文庫)

573
3.37
山崎ナオコーラ 2011年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を手にとったのは、米子のイオンにあったビレッジバンガード。一人旅でARTに触れ、友人とその子どもに二組続けて会いに行き、一緒に行ったショッピングセン... もっと読む

この世は二人組ではできあがらない (新潮文庫)

557
3.79
山崎ナオコーラ 2012年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

口幅ったいようですが何か共感できる雰囲気をもった小説で、どんどん引き込まれていきました。 もしかするとこれは著者の私小説的作品なのかな?大学生活から「社... もっと読む

481
3.14

感想・レビュー

ナオコーラさんすごく好き。言葉がキラキラしているけどグッサと刺さる。好き過ぎる。 「手」は色々なものの境目、境界ってなんだろうって、容赦なく突きつけ... もっと読む

男と点と線

457
3.22
山崎ナオコーラ 2009年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて山崎ナオコーラさんの作品に触れて、かなり衝撃を引き摺った「スカートのすそをふんで歩く女」が入っている短編集。 こんなに世界中にたくさん人がいるのに、... もっと読む
全124アイテム中 1 - 20件を表示

山崎ナオコーラに関連する談話室の質問

ツイートする