山崎豊子のおすすめランキング

プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年5月にも『白い巨塔』が岡田准一主演で連続TVドラマ化が決まった。

山崎豊子のおすすめランキングのアイテム一覧

山崎豊子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)』や『沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)』や『沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)』など山崎豊子の全425作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

5894
3.99
山崎豊子 2001年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 主人公はアフリカ駐在の職員。 アフリカ象のハンティングから始まり、そもそもこれって一体何の物語なのかと思案した。 どうやらエリート中のエリートで... もっと読む

沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)

4623
4.06
山崎豊子 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノンフィクションの巣鴨山墜落事件。 モチーフでも何でもなく、一部実名でこの物語を描いたところに、山崎豊子の鬼気迫る何かを感じた。 正直読んでいられない。... もっと読む

沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)

4515
3.99
山崎豊子 2001年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 時代の問題もあるだろうが・・・ 俺には単純に恩地が馬鹿マジメで不器用なだけなのではないか、と思った。 そしてそれを会社のせいにして、自分は会社の... もっと読む

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)

4153
3.96
山崎豊子 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

御巣鷹山航空機事故を受けて、後任人事として全く業種の異なる会社に会長職を要請した。世間の風当たりが強い会社の会長職に就くというのは、爆弾飛び交う戦場に突如... もっと読む

沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)

4111
3.98
山崎豊子 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 組織の膿をを出し切るのは、かくも難しいものであることを痛感させられる。不正が不正と言えない会社体質、自身の保身と出世しか考えない役員の姿勢には呆れてもの... もっと読む

白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

3409
3.90
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 山崎豊子の代表作の1つといっても過言でない本作品。 なのに、ドラマも小説も含め、僕は「白い巨塔」を見るのは初めてです。 ドロドロとした... もっと読む

華麗なる一族(上) (新潮文庫)

3235
3.77
山崎豊子 1980年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 結論から申し上げますと、やっぱり山崎豊子は凄まじく面白い!! この一言に尽きます(笑) 本作者の「不毛地帯」や「沈まぬ太陽」など他作品... もっと読む

大地の子 一 (文春文庫)

2898
4.10
山崎豊子 1994年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山崎豊子大先生、巨匠 まず「大地の子」に取り憑かれ 大ファンです。 白い巨塔、次から次に大作を 社会悪を暴き、問題を投げかけ それぞれの作品が 取材、構成... もっと読む

不毛地帯(一) (新潮文庫)

2831
4.22
山崎豊子 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 戦後11年間のシベリア拘留を経て、近畿商事という総合商社に入社した元日本陸軍中佐の物語。 シベリア拘留のエピソードが生々しくて、読んでいてかな... もっと読む

華麗なる一族(下) (新潮文庫)

2595
3.85
山崎豊子 1980年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 上中下3部作の下巻を読み終えましたが、かなり壮絶な終わり方でした。 ちょっと前にドラマで「半沢直樹」を観ていて、池井戸潤特有のスカっとするよ... もっと読む

華麗なる一族(中) (新潮文庫)

2567
3.76
山崎豊子 1980年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 中巻を読み終えて・・・・ 徐々に鉄平と大介の対立が深まっていき、また鉄平に不運の事態が次々と訪れる。 父子の対立には、鉄平の出生に関する疑... もっと読む

白い巨塔〈第2巻〉 (新潮文庫)

2529
3.88
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 とても面白かった為、かなりのスピードで2巻目も読破。 2巻目は、外科の次期教授選挙が描かれていました。 ドラマや原作を読んでいない僕でも、... もっと読む

白い巨塔〈第5巻〉 (新潮文庫)

2440
4.04
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 さて、ついに長編「白い巨塔」を読み終えました!! かなりの話題作でありながら、これまで1回も本作品に触れてこなかった自分にとって、とても新鮮... もっと読む

白い巨塔〈第3巻〉 (新潮文庫)

2427
3.90
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 何とか教授選を勝ち切り、無事教授になった財前でしたが、その慢心ゆえに、同期である里見の助言を全て無視し、挙句の果てには患者を死に至らしめて訴訟... もっと読む

白い巨塔〈第4巻〉 (新潮文庫)

2394
3.87
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 大作・白い巨塔も、気づいてみれば5分の4を読了致しました。 (ちなみに、面白すぎて本レビューを書いているこの段階で既に最終巻のラスト100ペ... もっと読む

大地の子 二 (文春文庫)

2033
4.04
山崎豊子 1994年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1巻が苦し過ぎたから、2巻の始めで号泣してしまった。 涙が溢れて止まらなかった。 1巻のことがあるから、未だに誰も信じることができない私が居る。 怪しい... もっと読む

大地の子 四 (文春文庫)

1974
4.18
山崎豊子 1994年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全4巻ついに読了! いわゆる超大作系は、「坂の上の雲」「1Q84」などことごとく途中で挫折してきた。初めての完走が何より嬉しい笑 巻末の解説にも書かれて... もっと読む

大地の子 三 (文春文庫)

1964
4.09
山崎豊子 1994年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっと妹と会えた。。。 次から次へと色々なドラマが巻き起こり過ぎて、ハラハラドキドキ。 4巻へ、、、 もっと読む

不毛地帯(二) (新潮文庫)

1936
4.25
山崎豊子 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 入社10ヶ月で次長になり、戦闘機の受注抗争に身を粉にし、7年後には業務本部の常務へと異例の昇進を遂げる主人公・壱岐。 1巻では浦島太郎のような商... もっと読む

不毛地帯(三) (新潮文庫)

1809
4.21
山崎豊子 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想は最終巻に。 もっと読む
全425アイテム中 1 - 20件を表示

山崎豊子の関連サイト

山崎豊子に関連する談話室の質問

ツイートする
×