山崎豊子のおすすめランキング

プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。
代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年に『白い巨塔』が岡田准一主演でドラマ化が決まった。

山崎豊子のおすすめランキングのアイテム一覧

山崎豊子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)』や『沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)』や『沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)』など山崎豊子の全384作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

4950
3.99
山崎豊子 2001年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

WOWOWでドラマがスタートして第1話観たら面白くて、原作も気になって読み始めたっていう単純な理由(笑) 主人公の恩地さんは間違ってないんだよな(愚... もっと読む

沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)

3902
4.05
山崎豊子 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノンフィクションの巣鴨山墜落事件。 モチーフでも何でもなく、一部実名でこの物語を描いたところに、山崎豊子の鬼気迫る何かを感じた。 正直読んでいられない。... もっと読む

沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)

3804
3.97
山崎豊子 2001年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後のほうで部屋に飾ってる はく製をライフルで撃つ場面が印象的。 もっと読む

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)

3505
3.94
山崎豊子 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国民航空再建のため、総理の要請を受けて関西紡績の国見正之が新会長に就任した。 空の安全を確立するため、4つに分裂した組合の統合が何よりの急務であると熱く... もっと読む

沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)

3463
3.97
山崎豊子 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

5冊に渡った沈まぬ太陽の最終巻。 総理大臣の依頼で責任者になった国見会長と、会長室部長の恩地さん、 その他利権に目がくらんだ人たちの人間模様が... もっと読む

白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

2749
3.87
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイボールがよく出てくる。 もっと読む

華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)

2667
3.73
山崎豊子 1980年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

楽しい。知識として知ることもあるし、昼ドラみたいなドロっとした人間模様も含まれている。先が知りたい、と次の巻も楽しみ。 もっと読む

大地の子〈1〉 (文春文庫)

2374
4.10
山崎豊子 1994年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先頃放送されたテレビドラマ『レッドクロス』に触発されて、山崎豊子女史の労作、本書を手に取る。 残留孤児、日本人であるがため、中国社会ではこれ程の辛酸と屈... もっと読む

不毛地帯 (第1巻) (新潮文庫 (や-5-40))

2328
4.23
山崎豊子 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シベリア抑留という言葉しか知らなかった僕に、前半部分だけでも十分な衝撃を与えてくれた本。 日本人が経験した悲劇を少しでも教えてくれる。 そして... もっと読む

華麗なる一族〈下〉 (新潮文庫)

2160
3.82
山崎豊子 1980年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あー、超金持ちに生まれてたらなぁ」とボヤく全ての人々に、この本を読ませたい。人間の野心や欲望は、それを一度満たしたところで、決して満ち足りる事は無く、黒... もっと読む

華麗なる一族〈中〉 (新潮文庫)

2143
3.73
山崎豊子 1980年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中巻もすごくおもしろくてサクサクと次が気になって読み進めてあっという間に読んでしまった。 ただ、中巻は相子の度が過ぎていて、読んでいるこっちも腹が立って... もっと読む

白い巨塔〈第2巻〉 (新潮文庫)

2037
3.84
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイボールがよく出てくる。 もっと読む

白い巨塔〈第5巻〉 (新潮文庫)

1963
3.99
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイボールがよく出てくる。 もっと読む

白い巨塔〈第3巻〉 (新潮文庫)

1939
3.85
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイボールがよく出てくる。 もっと読む

白い巨塔〈第4巻〉 (新潮文庫)

1927
3.84
山崎豊子 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイボールがよく出てくる。 もっと読む

大地の子〈2〉 (文春文庫)

1675
4.03
山崎豊子 1994年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1巻が苦し過ぎたから、2巻の始めで号泣してしまった。 涙が溢れて止まらなかった。 1巻のことがあるから、未だに誰も信じることができない私が居る。 怪しい... もっと読む

大地の子〈3〉 (文春文庫)

1621
4.07
山崎豊子 1994年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あつ子、すまなかった、探し出すのが遅過ぎた」-陸一心こと松本勝男は、三十六年ぶりにめぐりあった妹・あつ子に泣いて詫びた。妹は張玉花と名のり、寒村で過労の... もっと読む

大地の子〈4〉 (文春文庫)

1618
4.15
山崎豊子 1994年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陸、そしてその2人の父親。辛い人生だと思う。戦争三部作全ての主人公が強く、信念を持っている。彼ら自身自らの人生を最終的に幸せだと思っていないと私は感じた。... もっと読む

不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)

1605
4.26
山崎豊子 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

商社マン見習いから、商社のエースに。 目の前にあることを信念持って進めている、結果も出している、商社マンとしては自他共認める優秀さ、のはずなのに、周りが不... もっと読む

不毛地帯 第3巻 (新潮文庫 や 5-42)

1499
4.22
山崎豊子 2009年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フォーク社と千代田自動車の提携交渉に当たる壹岐。 そんな中、悲しい出来事が起こる。 そして、単身アメリカへ渡っていく・・・ アメリカで社内外の争... もっと読む
全384アイテム中 1 - 20件を表示

山崎豊子に関連する談話室の質問

ツイートする