山形浩生のおすすめランキング

プロフィール

山形 浩生(ヤマガタ ヒロオ)
評論家、翻訳家
評論家、翻訳家。東京大学大学院工学系研究科都市工学科およびマサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。開発援助コンサルタント。コンピュータ、経済、脳科学からSFまで幅広い分野で翻訳と執筆を手がける。著書に『新教養主義宣言』ほか。訳書にピケティ『21世紀の資本』、クルーグマン『クルーグマン教授の経済入門』、スノーデン『スノーデン 独白』、バナジー&デュフロ『貧乏人の経済学』、アカロフ&シラー『アニマルスピリット』『不道徳な見えざる手』ほか多数。

「2021年 『21世紀のロンバード街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山形浩生のおすすめランキングのアイテム一覧

山形浩生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『21世紀の資本』や『この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講』や『貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える』など山形浩生の全286作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

21世紀の資本

2452
3.90
トマ・ピケティ 2014年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

r > g 資本の収益率 > 経済成長率 20カ国以上の所得と富の分配をめぐる世界的な動学を研究し、過去15年にわたり30人以上と集めた歴史的データを活... もっと読む

この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講

1810
3.60
ヨラム・バウマン 2011年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この世で一番おもしろいミクロ経済学入門 【感想】 ミクロ経済学入門として、もしかしたらベストかもと思わせる1冊。 従来の「ミクロ、マクロ経済学を... もっと読む

貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える

1328
4.03

感想・レビュー

2019年にノーベル経済学賞を受賞した、インドの経済学者アビジット・バナジーとフランス人経済学者エスター・デュフロ(二人はご夫婦だそうです)の共著のこの本... もっと読む

その数学が戦略を決める (文春文庫)

1314
3.85
イアン・エアーズ 2010年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビッグデータの可能性を指摘した本。実例が豊富で説得力ある。ビッグデータが日本で騒がれ出したのはここ最近だが、著者をはじめ研究者はだいぶ昔から着手していたよ... もっと読む

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講

1183
3.68

感想・レビュー

先日「この世で一番おもしろいミクロ経済学 ― 誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講」を読みました。当著はその続編にあたります。同様にコミック形... もっと読む

その数学が戦略を決める

1144
3.66
イアン・エアーズ 2007年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代の戦略論 もっと読む

動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

895
4.10

感想・レビュー

これは読めば読むほど奥深い作品かな。 動物たちを主人公にしているだけあって、読みやすく物語に入っていけるのがなんとも良かった。 自分は読みなが... もっと読む

服従の心理 (河出文庫)

777
4.13

感想・レビュー

ミルグラムの電気ショック実験。 これは、ナチスのアイヒマン実験とも呼ばれ、権威者による命令が個人を従属させ、殺人のような重大な結果をもたらしかねないこと... もっと読む

この世で一番おもしろい統計学――誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α

722
3.53
アラン・ダブニー 2014年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Umedyで統計の講座を受講してて、以前読んだ本を再読しました。統計処理するための基本だけをまとめていて初心に戻れます。最後の用語説明も振り返りと復習にな... もっと読む

アニマルスピリット

697
3.42

感想・レビュー

アニマルスピリットの存在がケインズ経済学の中に触れられていたということに驚きました。経済を理解することは、人の本性・アニマルスピリットの影響を理解すること... もっと読む

誘惑される意志 人はなぜ自滅的行動をするのか

656
3.26

感想・レビュー

 人はなぜ「欲望に負けて」飲み過ぎたり、麻薬にはまったり、パチンコで身上つぶしたりするのか。ああ、意志の力のなんと弱いことよ。合理的に行動できるならけっし... もっと読む

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

619
3.25
伊藤穰一 2017年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いかにもアメリカな本。抽象度も高く、日本の書籍とは一線を画す。日本的な手取り足取りのHow toを求める人は、目次を見るだけで十分。MITメディアラボのラ... もっと読む

クルーグマン教授の経済入門 (ちくま学芸文庫)

543
3.76

感想・レビュー

すらすら読めるし,いろんな話,学者に言及してるので入門書としてはありがたい.ただすらすら読めちゃうから,逆に細かいとこまで理解しきれず読み切ってしまった感... もっと読む

戦争の経済学

503
3.47
ポール・ポースト 2007年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シンプルに面白い。かつマクロ、ミクロ経済学の基礎知識を結びつけながら実際のデータを大量に提示してくれるので、無機的になりがちな基礎経済学の入門教科書にかえ... もっと読む

さっさと不況を終わらせろ

501
3.83

感想・レビュー

著者はクルーグマン。 「道草」で翻訳されているコラムと内容がかぶるものが多く目新しさはない。 彼の主張は、「不況に陥ったら緊縮財政するな。政府は財政赤字... もっと読む

プランB 破壊的イノベーションの戦略

501
3.54
ジョン・マリンズ 2011年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アップル、アマゾン、スカイプ、イーベイ… よくあるベンチャー成功物語かと思いきや、ちょっと違います。 成功例以上に数多くの失敗例、すなわち反例から... もっと読む

ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣

495
3.13
イアン・エアーズ 2012年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思いつく、と言う意味では小学生の頃からやってる「出来なかったら100万払うか?」「じゃ、出来れば100万くれるか?」のような誰でも浮かぶ思いつきだが、個々... もっと読む

数学で犯罪を解決する

454
3.56
キース・デブリン 2008年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベイジアンネットワークなどの数学を利用した犯罪捜査等を紹介する本。もちろん数学本としては物足りないとかいろんなツッコミどころはあるのだけど、数学の応用範囲... もっと読む

服従の心理

428
3.91

感想・レビュー

歴史的に有名なミルグラムの実験については著作も多いが、本人が書いて、山形さんが訳すこの本が一番確実な気がして購入。わかりやすかった。 年月を経ても色あせ... もっと読む
全286アイテム中 1 - 20件を表示

山形浩生の関連サイト

山形浩生に関連する談話室の質問

ツイートする