山折哲雄のおすすめランキング

プロフィール

山折哲雄 1931年生まれ。宗教学者。東北大学文学部印度哲学科卒業。同大学文学部助教授、国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター教授、同センター所長などを歴任。著書に『空海の企て』『愛欲の精神史』『「始末」ということ』など多数。

山折哲雄のおすすめランキングのアイテム一覧

山折哲雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『仏教とは何か―ブッダ誕生から現代宗教まで (中公新書)』や『ブッダは、なぜ子を捨てたか (集英社新書)』や『死の民俗学―日本人の死生観と葬送儀礼 (岩波現代文庫)』など山折哲雄の全372作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

仏教とは何か―ブッダ誕生から現代宗教まで (中公新書)

135
2.95
山折哲雄 1993年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しすぐる。が、読んでみてよかったと思わせる。 もっと読む

ブッダは、なぜ子を捨てたか (集英社新書)

117
2.92
山折哲雄 2006年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悟りを開く前の釈尊(シッダールタ)が、息子に「悪魔」を意味するラーフラという名前を与え、さらにその子を捨てたのはなぜか、という問いをめぐって考察を展開して... もっと読む

死の民俗学―日本人の死生観と葬送儀礼 (岩波現代文庫)

90
3.20
山折哲雄 2002年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

想定していた内容とは違ったが、大変興味深い内容だった。 特に、天皇のもがり期間に関する記述は、今まで知らなかった内容ばかりで面白いものだった。 親... もっと読む

神と仏 (講談社現代新書)

89
3.14
山折哲雄 1983年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神と仏の両方を信仰してきた日本人の精神の基層を、民俗学的な観点からの考察を交えながら論じた本です。 仏教が民衆に親しまれてきたのは、経典に記された理論に... もっと読む

仏教民俗学 (講談社学術文庫)

86
3.18
山折哲雄 1993年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

阿弥陀が山から降りてくる=日本独自の山岳への信仰 もっと読む

わたしが死について語るなら

77
3.47
山折哲雄 2010年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筆者は浄土真宗のお坊さんの息子ですが、インド哲学が専門です。 そういうバックグラウンドを持つ人ですから、哲学的な死生観を期待したのですが、普通の人が書い... もっと読む

「ひとり」の哲学 (新潮選書)

74
2.80
山折哲雄 2016年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ひとり」の概念は生まれるときも死ぬときも所詮はひとりであるという事。一方で「個」はまさに英語に訳すところのindividual(分断し得ない)という状態... もっと読む

親鸞をよむ (岩波新書)

68
2.89
山折哲雄 2007年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2016.05.25読了)(2016.05.22借入) 題名からすると、親鸞の著作からなにかを読み取ろうとする作業かなと思ったのですが、そうではなくて... もっと読む

救いとは何か (筑摩選書)

53
3.75
森岡正博 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

救いとは何か、にまつわる対談。宗教学者でもある山折さんに対し、宗教的な言葉を用いず、哲学的に語ろうと苦心する森岡さんの、ぎこちないながらも必死に言葉を探そ... もっと読む

『教行信証』を読む――親鸞の世界へ (岩波新書)

51
2.91
山折哲雄 2010年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2016.06.08読了)(2016.06.05借入) 同じ著者の『親鸞をよむ』を読んだら親鸞の思想を理解するには、親鸞の弟子が書いた『歎異抄』ではな... もっと読む

日本とは何かということ―宗教・歴史・文明

50
3.73
司馬遼太郎 1997年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

95年の5月、NHKでの対談企画を契機に生まれた、対談本。 本書でも何度か出てくるが、95年とは、1月に阪神淡路大震災があり、4月に オウム真理教によ... もっと読む

宗教の力―日本人の心はどこへ行くのか (PHP新書)

48
3.23
山折哲雄 1999年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宗教学者の著者が、日本人の宗教的性格についてやさしく語った本です。無常観、霊魂信仰といった伝統的な宗教心についての著者の見方が述べられるほか、臓器移植や宇... もっと読む

17歳からの死生観 (新潮文庫)

46
3.10
山折哲雄 2014年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山折氏への熱い尊敬が序文で書かれ、冒頭から気持ちが引いてしまった。 講演録だから雰囲気を掴めないためか、共感できず疑問が残る部分が多くあった。それは私が... もっと読む

先生! どうやって死んだらいいですか?

43
3.43
山折哲雄 2014年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生きることは無常観との闘いですね。 普段、儀式なんかは気にしない方ですが、何かに自分の心を乗せるとき、 何かに入り込む時は儀式が大事な役割を果たすこと... もっと読む

日本人の「死」はどこに行ったのか (朝日新書)

40
2.89
山折哲雄 2008年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対談の難しさを知る一方、二人の考えの深さに脱帽。 「共死」「死ぬ覚悟」どれも誤解を生み出しかねないが、実は、これらをタブーとしがちなのは「生」ばかり... もっと読む

近代日本人の宗教意識 (岩波現代文庫)

39
3.70
山折哲雄 2007年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学新入生に薦める101冊の本 新版 (岩波書店/2009) で気になった本。 もっと読む

人は死ぬとき何を思うのか

39
3.33
渡辺和子 2014年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2階集密書架 : 114.2/WAT : 3410160591 もっと読む

砂漠と鼠とあんかけ蕎麦―神さまについての話

38
3.60
五味太郎 2010年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オンライン参加:山内さん もっと読む
全372アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする