山本やよいのおすすめランキング

山本やよいのおすすめランキングのアイテム一覧

山本やよいのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『書斎の死体 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)』や『サマータイム・ブルース (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 104‐1))』など山本やよいの全169作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

書斎の死体 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

439
3.54

感想・レビュー

風邪をひいて家でおとなしくしています。 こんな時は疲れず、読んでいて寒くないミステリを。 うん、クリスティのミス・マープルシリーズがぴったり。 しか... もっと読む

オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

331
4.06
アガサ・クリスティー 電子書籍 2011年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民衆裁判の怖さがテーマか。 もっと読む

サマータイム・ブルース (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 104‐1))

251
3.60

感想・レビュー

食べ物の描写が素敵。ハードボイルド。ヴィクがかっこよくて、一気に読了しました。ジャズを聴きながら読むと雰囲気が出ます。 もっと読む

レイクサイド・ストーリー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

168
3.54

感想・レビュー

読書日:2018年2月5日-2月14日. Original title:Deadlock. Author:Sara Paretsky. 冒頭から... もっと読む

午前二時のグレーズドーナツ―ドーナツ事件簿〈1〉 (コージーブックス)

142
3.06

感想・レビュー

お菓子探偵ハンナ+珈琲探偵みたいな設定だなあ。 まずドーナツ屋が昼の12時に閉まってしまうことにびっくり。ドーナツっておやつじゃないんだ。朝食なんだ。 ... もっと読む

アガサ・クリスティーの秘密ノート(上)(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

135
3.17

感想・レビュー

クリスティの創作ノートを基にした研究。 短編「ケルベロスの捕獲」(『ヘラクレスの冒険』の第12の事件,同題短編の別バージョン) 2009ジョン・カラン... もっと読む

アガサ・クリスティーの秘密ノート(下)(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

118
3.20

感想・レビュー

短編「犬のボール」所収(「もの言えぬ証人」の原型) 2009ジョン・カラン発表 2010.4.15早川書房発行 もっと読む

ウィンター・ビート (ハヤカワ・ミステリ文庫)))

115
3.95

感想・レビュー

今回は、命の危機は前作、前前作程ではありませんが、謎が謎呼ぶ展開になっています。イラクからの帰還兵、民間軍事会社が出てくるのは時代ですね。 ところで、最... もっと読む

苦い林檎酒 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 91‐4))

108
3.71

感想・レビュー

『偽のデュー警部』がやたらと面白かったラヴゼイのミステリ。舞台は60年代イギリスの片田舎。少年時代、疎開先の牧場で起こったある悲劇的な事件。ある日突然、大... もっと読む

否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い (ハーパーBOOKS)

107
3.88

感想・レビュー

ホロコースト否定者であるアーヴィングに、名誉毀損で訴えられたリップシュタット教授。 無視することはアーヴィングの勝利に繋がり、多額の賠償金がかかってくる... もっと読む

亡者のゲーム (ハーパーBOOKS)

99
3.72

感想・レビュー

総じて、面白かった。 中盤から後半の作戦が展開するあたりはスリリング。 序盤の回りくどいウィットに富んだ表現を多用するのは、もう文化的に仕方ない。 最終的... もっと読む

ナイト・ストーム〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 (V・I・ウォーショースキー)

98
4.25
サラ・パレツキー 2012年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

嵐の真夜中に閉鎖された墓地で起きたヴァンパイア殺人事件からはじまった一連の事件に巻き込まれたヴィクが、ヴァンパイア(現代社会の暗部)に追い詰められる。 ... もっと読む

レインマン

93
3.64
山本やよい 1989年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何年も前に映画で見て、いまさらながら原作を読んでみました。 強度の自閉症の兄・レイモンド。 利己的で口がうまい中古車ディーラー業を営む、弟・チャーリー... もっと読む

ガーディアン・エンジェル (ハヤカワミステリ文庫)

91
3.62

感想・レビュー

隣人の友人が行方不明になり、死体となって発見される。近所の老婦人は入院中に飼い犬を処分され、息子と名乗る人物が後見人となっている。調査を進めるうちにこの2... もっと読む

アンサンブル 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

89
3.19
サラ・パレツキー 2012年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1982年にサラ・パレツキーがV.I.ウォーショースキーのシリーズ1作目でデビューして、30周年。 これを記念しての短編集。 面白かったです。 ... もっと読む

最後の刑事 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

82
3.55

感想・レビュー

「昔気質の刑事」って言葉で想像してたイメージした清廉潔白で真面目なおっちゃんとはちょっと違っていた。 とても人間くさく、周りにいたら鬱陶しくてヤだが、面... もっと読む

ハード・タイム V.Iウォーショースキー・シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

76
3.68

感想・レビュー

タイトルの通り、ヴィクがハードな目に遭います。これまでも、結構痛い目に有ってきていましたが、その中でも今回は、最高にハードですね。 この作品の特徴として... もっと読む

ブラック・リスト (ハヤカワ・ミステリ文庫)

73
3.81

感想・レビュー

おもしろくないわけじゃちっともないんだけど、いかんせん長かったかなー。あと登場人物が多くて人間関係が複雑で。わたしがちびちび読んでるのがいけなくて、一気に... もっと読む

死者の季節 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)

70
2.92

感想・レビュー

ローマ、ヴァチカンを舞台とした猟奇殺人事件。 宗教的背景がありそうな事件をカラヴァッジョ好きの刑事が追う、というと『ダ・ヴィンチ・コード』的なイメージが... もっと読む

動かぬ証拠はレモンクリーム―ドーナツ事件簿〈2〉 (コージーブックス)

70
3.23
ジェシカ・ベック 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3作目の、雪のドーナツと時計台の謎、と前後して2冊立て続けに読了。 気に入っている、クッキージャーのハンナシリーズの新刊を読み終えてしまい、どうしてもそれ... もっと読む
全169アイテム中 1 - 20件を表示

山本やよいに関連する談話室の質問

ツイートする