山本やよいのおすすめランキング

山本やよいのおすすめランキングのアイテム一覧

山本やよいのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オリエント急行の殺人 ((ハヤカワ文庫―クリスティー文庫))』や『書斎の死体 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)』など山本やよいの全240作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オリエント急行の殺人 ((ハヤカワ文庫―クリスティー文庫))

2122
4.09

感想・レビュー

最初いつ読んだのかネタバレ前に読めたのかも忘れたが再読。どんな風に匂わせるの?とか、いつポアロが気付いた事にするの?等クリスティーの書き方に注目。いかに緻... もっと読む

書斎の死体 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

529
3.55

感想・レビュー

攻略本高評価につきミス・マープル長編を久々に読む。昔読んだ時はミス・マープルの推理に不可欠な「村人達のゴシップ」が冗長でちょっと苦手なイメージだったが、今... もっと読む

オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)

510
3.98
アガサ・クリスティー 電子書籍 2011年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山本やよいさんの訳ということで、勇んで読んだ。V・I・ウォーショースキーシリーズなど、ミステリの良訳をたくさん送り出しておられる方なので、どうなるか楽しみ... もっと読む

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

473
4.19

感想・レビュー

評価に迷った。世評の結構高い作品のようだが、はっきり言って物語として面白くないのだ。ポアロが何人もの人に同じ事件の話を聞きに行き、さらにその人物たちの手記... もっと読む

フランス人がときめいた日本の美術館

340
3.55

感想・レビュー

日曜日の朝、BSで必ず見てる番組。 ガチャガチャした平日のワイドショーより、こういう落ち着いた番組を朝は見たい。 日本には沢山美術館があるし、それ... もっと読む

ブックショップ (ハーパーコリンズ・フィクション)

206
3.12

感想・レビュー

映画観た後に読みました。 私は映画の方が分かりやすかったです。 もっと読む

レイクサイド・ストーリー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

183
3.56

感想・レビュー

2冊目の読書ノート 1993/9/5~2005/4/30に記載。 もっと読む

サマータイム・ブルース〔新版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

181
3.62
サラ・パレツキー 2010年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女私立探偵のウォーショースキーが主人公のハードボイルド小説。依頼人から人探しを依頼されるが、その過程で男の死体を見つけてしまう。犯人は誰なのか、殺された理... もっと読む

センチメンタル・シカゴ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

160
3.56

感想・レビュー

何冊目まで読んだか忘れてしまったが、このシリーズは随分前に読んで結構面白かったのは覚えている。しかし内容も忘れていたので再読することにした。でもまた最初か... もっと読む

午前二時のグレーズドーナツ―ドーナツ事件簿〈1〉 (コージーブックス)

154
3.04

感想・レビュー

お菓子探偵ハンナ+珈琲探偵みたいな設定だなあ。 まずドーナツ屋が昼の12時に閉まってしまうことにびっくり。ドーナツっておやつじゃないんだ。朝食なんだ。 ... もっと読む

ダウンタウン・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫)

152
3.63

感想・レビュー

あとがきで指摘されて気が付いたんですが、確かに、舞台は夏か冬。シカゴは、暑さと寒さが厳しい街だと聞いたことがあるので、その特徴をより活かすようにということ... もっと読む

アガサ・クリスティーの秘密ノート(上)(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

148
3.17

感想・レビュー

クリスティの創作ノートを基にした研究。 短編「ケルベロスの捕獲」(『ヘラクレスの冒険』の第12の事件,同題短編の別バージョン) 2009ジョン・カラン... もっと読む

レディ・ハートブレイク (ハヤカワ・ミステリ文庫)

134
3.61

感想・レビュー

ともすれば猪突猛進。 そんなウォーショースキーの活躍は、なんとも頼もしい。でも、ちょっと女子力も意識ているんですよねぇ。今ならば、もっと『男勝り』と... もっと読む

バーニング・シーズン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

130
3.64

感想・レビュー

2冊目の読書ノート 1993/9/5~2005/4/30に記載 もっと読む

否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い (ハーパーBOOKS)

129
3.72

感想・レビュー

ホロコースト否定者であるアーヴィングに、名誉毀損で訴えられたリップシュタット教授。 無視することはアーヴィングの勝利に繋がり、多額の賠償金がかかってくる... もっと読む

アガサ・クリスティーの秘密ノート(下)(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

129
3.20

感想・レビュー

短編「犬のボール」所収(「もの言えぬ証人」の原型) 2009ジョン・カラン発表 2010.4.15早川書房発行  図書館 もっと読む

ミッドナイト・ララバイ ((ハヤカワ・ミステリ文庫))

125
3.94
サラ・パレツキー 2010年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まず、表紙が可愛すぎる で、タイトルがイマイチ こんなはず、ないじゃん! 長いお話を、飽きることなく読み終えた よくできたお話でした 久し振... もっと読む

ウィンター・ビート (ハヤカワ・ミステリ文庫)))

123
3.92

感想・レビュー

今回は、命の危機は前作、前前作程ではありませんが、謎が謎呼ぶ展開になっています。イラクからの帰還兵、民間軍事会社が出てくるのは時代ですね。 ところで、最... もっと読む

苦い林檎酒 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 91‐4))

115
3.71

感想・レビュー

『偽のデュー警部』がやたらと面白かったラヴゼイのミステリ。舞台は60年代イギリスの片田舎。少年時代、疎開先の牧場で起こったある悲劇的な事件。ある日突然、大... もっと読む
全240アイテム中 1 - 20件を表示

山本やよいに関連する談話室の質問

ツイートする
×