山本夏彦のおすすめランキング

山本夏彦のおすすめランキングのアイテム一覧

山本夏彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『完本 文語文 (文春文庫)』や『夏彦迷惑問答 誰か「戦前」を知らないか (文春新書)』や『年を歴た鰐の話』など山本夏彦の全122作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

完本 文語文 (文春文庫)

195
3.33
山本夏彦 2003年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文語文(漢文の読み下し文、和漢混淆文)に精通した著者が、文語文の良さをノスタルジックに語ったエッセー。 文語文はリズムに富み、朗読に適したものだった... もっと読む

夏彦迷惑問答 誰か「戦前」を知らないか (文春新書)

182
3.38
山本夏彦 1999年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

切れの良い辛口エッセイ、昭和前半の言葉、知識など参考になる。 もっと読む

年を歴た鰐の話

126
3.98

感想・レビュー

緊張感ゼロの挿し絵を眺めてぽかんとするのがよい読み方だとは思うのだ。でも、好きだから食べちゃうってばかだけどそういうことあるよね……と何かを思い出したりし... もっと読む

茶の間の正義 (中公文庫)

118
3.46
山本夏彦 2003年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

茶の間の正義は、嫉妬心からできている。 ぼくはこの本をかなり昔に読みましたが、今、まさに同じような状況と感じて、思い出しました。 そういえば、著者は、「こ... もっと読む

百年分を一時間で (文春新書)

97
3.48
山本夏彦 2000年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

250+税,BOOKOFF堀川五条店 もっと読む

私の岩波物語 (文春文庫)

96
3.95
山本夏彦 1997年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「室内」昭和62年1月号から平成5年4月号連載。出版、広告から印刷製本までを論じて痛快。 もっと読む

あのころ、こんな暮らしがあった 昭和恋々 (文春文庫)

85
3.26
山本夏彦 2002年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2006年に亡くなられた時、もう久世さんの美文・名文には出会えないのかと、ずいぶんと寂しかったものだ。 でも「人は死して・・」なのだね。 ちゃんとこう... もっと読む

最後の波の音 (文春文庫)

67
3.60
山本夏彦 2006年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山本夏彦の本を初めて読んだ。 日本人として、惜しい論客を失ったと思う。 本の内容はといえば、同じことを何度も繰り返し読まされ、やや辟易とする。 ... もっと読む

毒言独語 (中公文庫)

59
3.58
山本夏彦 2003年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「引用」をご覧いただければと思います。 もっと読む

「夏彦の写真コラム」傑作選〈1〉 (新潮文庫)

49
3.44
山本夏彦 2004年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短いコラム集なのに読み応え抜群。 もっと読む

男女の仲 (文春新書)

46
3.25
山本夏彦 2003年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年7月26日、読了。 もっと読む

世間知らずの高枕 (新潮文庫)

45
3.20
山本夏彦 1996年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

個々の文章は面白いのに、これだけ集めると残念ながらおなかいっぱい感の方が先にたつ。 1週間に一度、ちょっとだけ読む文章なのかもしれない。それをもともとは... もっと読む

昭和恋々―あのころ、こんな暮らしがあった

43
3.67

感想・レビュー

山本夏彦と久世光彦という個性的な2人が、消えて行った「昭和」を語った本。当時の写真がたくさん載って、懐かしくも楽しい本。震災と高度成長が、それまで連綿と培... もっと読む

『室内』40年 (文春文庫)

43
3.25

感想・レビュー

『室内』の歴史を夏彦さんの人生とともに語る。 これも聞き語り形式で読みやすい。 夏彦さんの、自分を内側から見る視点と、外側から見る視点がよくあらわ... もっと読む

世は〆切 (文春文庫)

43
3.33

感想・レビュー

「河原晋也」は、「読者をして見知らぬ人を悼ましめ、はなはだしくは涕泣せしめる」美しき弔文(関川夏央)。この名文ひとつ読むだけのためでも買う価値ある一冊。 もっと読む

とかくこの世はダメとムダ

42
3.75
山本夏彦 2010年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この小気味良さはなんでせう。 汚職は国を滅ぼさないが、 正義は国を滅ぼす。 ほんに、うまいことをおっしゃる。 もっと読む
全122アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×