山本貴光のおすすめランキング

プロフィール

山本貴光(やまもと たかみつ)
1971年生まれの文筆家・ゲーム作家。1994年慶應義塾大学環境情報学部卒業後、コーエーにてゲーム制作(企画/プログラム)に従事。2004年よりフリーランス。多方面に及ぶ業績がある。
著書に『投壜通信』(本の雑誌社)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文体の科学』(新潮社)、『世界が変わるプログラム入門』(ちくまプリマー新書)、『コンピュータのひみつ』(朝日出版社)など。
共著に『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎との共著)、『脳がわかれば心がわかるか――脳科学リテラシー講座』(吉川浩満との共著、太田出版)など。
訳書に、サレン/ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ)、ジョン・R・サール『Mind――心の哲学』(吉川浩満との共訳、朝日出版社)、 『先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学』(國分功一郎序文、吉川浩満共訳、朝日出版社)など。

山本貴光のおすすめランキングのアイテム一覧

山本貴光のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『文体の科学』や『ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)』や『マインド―心の哲学』など山本貴光の全76作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

文体の科学

310
3.33
山本貴光 2014年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 著者はコンピュータサイエンスを基盤とする人.吉川浩満さんとの共著で心,意識についての論考もある.  本書は,〔〔いろいろなジャンルの〔〔書物あるい... もっと読む

ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)

288
3.47
馬場保仁 2008年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲーム業界で働いてみたい人のための本。 「ゲームってどうやって作るんですか?」という素朴な疑問への答えがここにある。 IT業界にどっぷり浸かっている私にも... もっと読む

マインド―心の哲学

247
3.68

感想・レビュー

心の哲学について、歴史的な変遷から著者の主張まで幅広く書かれている入門書。と言っても、その情報量は非常に多く、網羅的に書かれている点で読むにはそれなりの時... もっと読む

ルールズ・オブ・プレイ(上) ゲームデザインの基礎

200
4.11
ケイティ・サレン 2011年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

DOORSからはこちら→http://doors.doshisha.ac.jp/webopac/ctlsrh.do?bibid=BB12620299 もっと読む

コンピュータのひみつ

150
3.81
山本貴光 2010年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コンピュータ自体のしくみをわかりやすく説明してある本。 おすすめの読者としては、普段PCを使っているけど具体的にPC内部で何が起きているかわからない、ま... もっと読む

世界が変わるプログラム入門 (ちくまプリマー新書)

147
3.11
山本貴光 2015年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プログラミングやシステム開発の知識がない方でも、基本的な考え方や開発の流れが理解できるわかりやすい本。 要件定義、基本設計、そしてアルゴリズムまで、なん... もっと読む

その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。: 古代ローマの大賢人の教え (単行本)

116
3.67
山本貴光 2020年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間の悩みに関するものすごーくわかリやすい哲学入門。自分がコントロールできることとできないことの見極めが、悩みをなくす手段だという話。どうやってそれを見極... もっと読む

心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く

112
3.35
山本貴光 2004年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学の劇場ペアの著作。心脳問題とは一体なんなのか、ということを概観する書。この手の著作にしては非常に読みやすく、日本人の書いたものなので論理が難解なところ... もっと読む

MiND (ちくま学芸文庫)

112
3.67
ジョン・R.サール 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 書名・装丁からは予想していなかった内容ながら、非常に良い本だった。  もっと脳科学寄りに書かれたものかと思ったが、かなりストレートに「哲学」である。し... もっと読む

先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学

90
3.25

感想・レビュー

プラトンが記したアトランティスと先史時代ギリシアとの「戦争」、ザラスシュトラの信仰による改革、これが基本的になんらかの事実を述べていると仮定してその証拠を... もっと読む

高校生のための ゲームで考える人工知能 (ちくまプリマー新書)

88
2.94
三宅陽一郎 2018年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲームの設定は学べるが、AIの学習に役立つかはわからない。 AI入門としてはいいかもしれない。 もっと読む

脳がわかれば心がわかるか (homo Viator)

86
4.00
山本貴光 2016年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おばあちゃんが亡くなったときの悲しみは、ただシナプスの反応に過ぎないのか・・・まぁ、そんなことを言われたらムカっとくるだろう。でも、脳科学で進めばそうなる... もっと読む

「百学連環」を読む

79
5.00
山本貴光 2016年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_se... もっと読む

問題がモンダイなのだ (ちくまプリマー新書)

70
3.37

感想・レビュー

面白かったと思う。フリマー新書という媒体のせいか、わかりやすい一方で山本貴光氏、吉川博満氏に期待している濃厚さというのは、じゃっかん薄らいでたかなという気... もっと読む

ルールズ・オブ・プレイ(下) ゲームデザインの基礎

70
4.33
ケイティ・サレン 2013年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教員推薦 (特集:「ゲームを作ろう!」) ↓利用状況はこちらから↓ http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB0052... もっと読む

現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ-

56
3.63
新井紀子 2015年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寄稿は石黒浩、茂木健一郎、竹内薫、ドミニク・チェン他。思想の課題は既に「ポスト」シンギュラリティへ。さらに12.1発売のWIRED(VOL.20)も特集が... もっと読む

投壜通信

54
3.56
山本貴光 2018年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むということの愉悦を味わい尽くす本、という気がするな。ゲーム作りをしていた人だという。クリエイティブというと、使われ過ぎている言葉という気もするけれど、... もっと読む

デバッグではじめるCプログラミング

30
4.00
山本貴光 2008年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紹介者: 1年生 <紹介者からのコメント> なんで動かないんだ?! と パソコンの前でキレてる方へ。 プログラミングをしてみたけれどエラーメッセージが沢山... もっと読む

atプラス32(吉川浩満編集協力)

25
5.00
吉川浩満 2017年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろい雑誌よね。まじめだし。 もっと読む
全76アイテム中 1 - 20件を表示

山本貴光の関連サイト

ツイートする