山田史生のおすすめランキング

プロフィール

1959年、福井県生まれ。東北大学文学部卒業。東北大学大学院修了。博士(文学)。現在、弘前大学教育学部教授。著書に『門無き門より入れ 精読「無門関」』(大蔵出版)『禅問答100撰』(東京堂出版)『龐居士の語録 さあこい!禅問答』(東方書店)『物語として読む 全訳論語・決定版』(トランスビュー)など。

「2020年 『哲学として読む 老子 全訳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田史生のおすすめランキングのアイテム一覧

山田史生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『寝床で読む「論語」: これが凡人の生きる道 (ちくま新書 622)』や『孔子はこう考えた (ちくまプリマー新書 170)』や『絶望しそうになったら道元を読め! 『正法眼蔵』の「現成公案」だけを熟読する (光文社新書)』など山田史生の全41作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

寝床で読む「論語」: これが凡人の生きる道 (ちくま新書 622)

146
3.30
山田史生 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなに楽しい『論語』の入門書が、かつて有ったでしょうか。我が学科の1年生にはぜひ読んでほしい本です。ただ、ちょっとしたことがあってこの本は絶版になりまし... もっと読む

孔子はこう考えた (ちくまプリマー新書 170)

111
2.89
山田史生 2011年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 気づかなかったのですが、論語とか孔子とかはやっているのですね。久しぶりに書店の棚をのぞくと、なんだかやたらな感じでした。  本書は高校生か中学生を対象に... もっと読む

哲学として読む 老子 全訳

100
3.11
山田史生 2020年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

老子の解説 筆者の見解を、考えて悩んでいるところも含めて丁寧に書かれている。 安直な解釈の訳より、しっかりと老子に取り組むことができる。 ただ、読み辛い... もっと読む

受験生のための一夜漬け漢文教室 (ちくまプリマー新書 93)

86
3.29
山田史生 2008年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容が全て父と娘の対話形式で進んでいくのが自分にとっては新鮮だった。 娘は漢文が苦手という設定だけど、父が時折投げかける質問に対して自分の知識を使って答え... もっと読む

物語として読む 全訳論語 決定版

86
3.80
山田史生 2019年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

論語に興味があり何冊か手を出しているが難しい。論語は名言集なのである。1つ1つが独立し、書かれた時代も古く、今の時代の価値観とはそぐわないものもある。儀礼... もっと読む

はじめての「禅問答」 自分を打ち破るために読め! (光文社新書)

84
3.06
山田史生 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学の先生が馬祖語録を読み解いていく。禅問答を初めて知る人が世界で初めての禅問答集に触れるための手引きといった感じ。定説とは違ってかなり大胆に解釈している... もっと読む

クセになる禅問答 考えることが楽しくなる珠玉の対話38

82
2.80
山田史生 2023年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「臨済録」を理解するには修行が足りないのか、と思わせる「禅問答」集。答えは自分の体を使って考え、「わからないもの」を分りたいと考えを変えることだ、と言うこ... もっと読む

下から目線で読む『孫子』 (ちくま新書 856)

68
3.11
山田史生 2010年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実力以上に買いかぶられるよりは実力を知られない方がまし 自分でやるのではなく相手にやってもらうように仕向ける能力 自分からこれをやると限定せず、相手に... もっと読む

もしも老子に出会ったら (光文社新書 387)

62
3.21
山田史生 2009年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでてとても眠くなった。そしてわけがわからんかった。 もっと読む

日曜日に読む「荘子」 (ちくま新書 678)

55
3.06
山田史生 2007年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『荘子』を理解したくても難しいので、少しでも参考になればと読み始めたが、筆者にケムに巻かれたようで、益々わからなくなり、結果、わからないということがわかっ... もっと読む

最強羽生善治と12人の挑戦者

51
3.64
山田史生 2011年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元読売新聞記者で将棋ステーションの司会でお馴染みの山田史生さんの著書。大山名人ら昭和の名勝負にさらっと触れ、羽生さんの黄金期ともいうべき平成時代になってか... もっと読む

全訳 論語

49
4.20
山田史生 2014年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

論語を全文日本語に翻訳した本。本文、訳、説明とあり、孔子の考え方がとてもわかりやすく解説してあった。 やはり儒教の教えは的を得ていて、「人生どうやって生... もっと読む

最強棋士羽生善治天才の育ちと環境

33
2.75
山田史生 2009年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山田史生 著「最強棋士 羽生善治 天才の育ちと環境」、2009.10発行です。生まれついての天才か、努力の末の結果なのかを、生い立ち、修業時代、お母さんの... もっと読む

絶望しそうになったら道元を読め!~『正法眼蔵』の「現成公案」だけを熟読する~ (光文社新書)

33
3.00
山田史生 電子書籍 2012年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

▶︎800年前のマルクス・ガブリエル  本書を読んで道元『現生考案』とガブリエル『なぜ世界は存在しないのか』が全く同じ地点、絶対無を指し示しているように思... もっと読む

将棋名勝負の全秘話全実話 (講談社+アルファ文庫 D 20-2)

25
3.83
山田史生 2002年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1936年生まれ、将棋観戦記者の山田史生さんの「将棋名勝負の全秘話全実話」、2002.7発行です。少し古いですが裏話など楽しく読了しました。中心は羽生善治... もっと読む

脱世間のすすめ

22
2.67
山田史生 2008年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漢文に興味を持ちました。 もっと読む
全41アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×