山田和子のおすすめランキング

プロフィール

四天王寺大学看護学部教授,和歌山県立医科大学名誉教授

「2021年 『公衆衛生 第5版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田和子のおすすめランキングのアイテム一覧

山田和子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『氷 (ちくま文庫)』や『アサイラム・ピース』や『時は乱れて (ハヤカワ文庫SF)』など山田和子の全63作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

氷 (ちくま文庫)

857
3.72
アンナ・カヴァン 2015年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『氷』というタイトル名の本は同時期に、これとソローキンのものが出ている。アナーキーなぶっ飛びかたではソローキンのほうが上を行くとは思うけれど、「『氷』、復... もっと読む

アサイラム・ピース

373
3.84
アンナ・カヴァン 2013年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

持ってなきゃならない。なくしてはいけない。自分自身の逃避場所。もっとも信頼している人でさえ、逃げ場所には決してなれない。心地よく安らぎを感じる場所…いや違... もっと読む

時は乱れて (ハヤカワ文庫SF)

318
3.65

感想・レビュー

新聞の懸賞クイズ〝火星人はどこへ?〟で全国チャンピオンの座を維持する有名人レイグル・ガムが、オ-ルド・タウンという田舎町で妹夫婦と住んでいました。レイグル... もっと読む

アサイラム・ピース (ちくま文庫)

282
4.11
アンナカヴァン 2019年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

13の短編と表題作。表題作のみ70ページ超だが、これも病院収容にまつわる連作八編で構成され、それぞれが独立したエピソードとして読めるため、実質は21の短編... もっと読む

無伴奏ソナタ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF カ 1-26)

235
3.64

感想・レビュー

翻訳された海外の小説を読んで ムッとしてしまうことは通常ないのだが、 多分、著者と担当編集者のドヤ顔が透けて見えるせいで 若干不快感を催したに違いな... もっと読む

夜の言葉―ファンタジー・SF論 (岩波現代文庫)

233
3.84

感想・レビュー

ファンタジーに限らず、こと『創作』というものに携わっておられるかたには、かなりオイシイ一冊です♪ 「ゲド戦記」や「闇の左手」などの創作秘話に留まらず、ル... もっと読む

190
3.62

感想・レビュー

とても美しい、幻想小説だった。 幻想と現実のヴィジョンの境目はなく、血も髪も氷も、凄惨で美しい。 生死に大した意味がなく、痛みと恐怖と幻想の世界に... もっと読む

危険なヴィジョン〔完全版〕1 (ハヤカワ文庫SF)

153
3.43

感想・レビュー

60年代にハーラン・エリスンが出した全作書き下ろしのアンソロジーが2019年になって全訳が出た。ハーラン・エリスンがやたらとスペキュレイティブ・フィクショ... もっと読む

コカイン・ナイト (新潮文庫)

129
3.81

感想・レビュー

村上龍曰く『テニスというスポーツは、王侯貴族たちが退屈な日々をやり過ごすために発明したスポーツ』だそうだ。クロフォードにもってこいのスポーツですね。/今の... もっと読む

こうしてあなたたちは時間戦争に負ける (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5053)

119
3.80

感想・レビュー

書簡ものは良い。交互にやり取りする手紙に表れる感情の変化が面白いからだ。原文を読めたり引用に関する知識があればより楽しめると思うが、それでなくても十分楽し... もっと読む

危険なヴィジョン〔完全版〕2 (ハヤカワ文庫SF)

96
3.54

感想・レビュー

名前も知らない作家がいる。名前しか知らない作家もいる。例えば、デーモン・ナイト…と思ったのだが、10年ほど前に「無辺への切符」と「アイ・シー・ユー」を読ん... もっと読む

シミュラクラ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

88
3.60

感想・レビュー

タイムトラベルとパラレルワールドをはじめとして、模造人間(シミュラクラ)、小型宇宙船、火星移住、架空歴史、管理社会、ミュータント、超能力、未来戦争、などな... もっと読む

幻影の都市 (ハヤカワ文庫SF)

67
3.77

感想・レビュー

これは栗本薫グインサーガーの原作ではないか・・・ 表紙   6点まつざき あけみ 展開   7点1967年著作 文章   6点 内容... もっと読む

太陽の帝国 (創元SF文庫)

52
3.00
J・G・バラード 2019年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バラードの自伝的長編が文庫化。確か単行本は国書刊行会から出ていたんだよな。 上海で生まれ、太平洋戦争中は上海の民間人収容所にいたというバラードの体験が色... もっと読む

時は乱れて (サンリオSF文庫)

49
3.20

感想・レビュー

最初は何が何だか分からないが、読み進めていくと、主人公を取り巻く奇妙な状況が明らかになってくる。冷戦期の世相を反映している作品だと思った。結末は説明的すぎ... もっと読む

遠隔機動歩兵 -ティン・メン- (ハヤカワ文庫SF)

41
3.36

感想・レビュー

このSF小説は面白かった。 ジャンルでいえばミリタリーSFになるのかな。 とはいえ、SFと言っても近未来の話で、現時点でも戦場で使われている米軍のドロ... もっと読む
全63アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×