山脇直司のおすすめランキング

プロフィール

星槎大学副学長/統合学術国際研究所長/東京大学名誉教授

「2018年 『教養教育と統合知』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山脇直司のおすすめランキングのアイテム一覧

山脇直司のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『公共哲学とは何か (ちくま新書)』や『社会思想史を学ぶ (ちくま新書)』や『ヨーロッパ社会思想史』など山脇直司の全25作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

公共哲学とは何か (ちくま新書)

293
3.14
山脇直司 2004年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

公共哲学は何を論じ、何を批判し、何を目指すのか◆古典的公共哲学の知的遺産◆日本の近・現代史を読みなおす◆公共世界の構成原理◆公共哲学の学問的射程◆グローカ... もっと読む

社会思想史を学ぶ (ちくま新書)

152
3.63
山脇直司 2009年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜか積読になっていた一冊。同じく積読になっている、ちくまの「名著30」シリーズを片付けるのに合わせて読み終えた。 まず、本書は2009年にリリース... もっと読む

ヨーロッパ社会思想史

84
3.23
山脇直司 1992年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教養課程の授業にでるよりも本を読んだ方が早いと考え殆ど授業に出なかった私ですが、唯一皆勤の先生の「社会思想史」の授業は毎回考えるヒントをもらったように思い... もっと読む

社会とどうかかわるか――公共哲学からのヒント (岩波ジュニア新書 608)

72
3.17
山脇直司 2008年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お世話になった山脇先生の高校生向けの著書。 活私開公と民主主義の問題は、学校でもっと実践されるべき。 著者も自ら指摘の通り、理想論で、「べき」論になってい... もっと読む

グローバリゼーションと人間の安全保障

65
3.50

感想・レビュー

いや、確かに言っている事はもっとも何だが、後援会の収録だからか、なんか薄い。 もっと読む

公共哲学からの応答―3・11の衝撃の後で (筑摩選書)

51
3.38
山脇直司 2011年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

提示された活私開公、滅私開公という概念は、まだ練りきれていない印象。他者の考えに対する批判や同意が続くのみで、著者の提示したビジョンを深めるレベルには至っ... もっと読む

危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ――資本主義とヴィジョンの再生を目指して

31
3.71
浅田統一郎 2011年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

経済問題で、何が正しくて何が間違いなのか誰も答えを出すことはできない。 そんな中、ケインズから学ぼうといわゆるケインズ信奉者が討論した結果を著した書... もっと読む

新社会哲学宣言 (現代自由学芸叢書)

11
4.00
山脇直司 1999年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は、近代における学問の専門化が進行したことにより、哲学が公共的な問題について考察することから撤退してしまった現状を問題視し、それを乗り越える総合的な学... もっと読む

現代世界と宗教の課題―宗教間対話と公共哲学

6
2.60
星川啓慈 2005年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までの宗教間対話に関する議論はともすればエリート主義的な側面の強い多元主義の強調に終始していたように思うが、本書では(というか星川先生は)、それまでの議... もっと読む

“資本”から人間の経済へ―20世紀を考える〈3〉 (ライブラリ相関社会科学)

4
5.00
福田豊 2004年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東大の“相関”が出しているライブラリィの9作目。21世紀の「資本」とは何か、という問題軸を中心として、様々な視点から現代資本主義の位相が語られる。なかなか... もっと読む
全25アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする