岡倉天心のおすすめランキング

プロフィール

1862-1913。横浜生まれ。本名岡倉覚三。東京大学文学部卒。フェノロサに師事。東京美術学校校長を経て、横山大観らと日本美術院を創立。ボストン美術館東洋部長として国際的に名を知られた。生前刊行した単行本として、本著の前に『東洋の理想』、後に『茶の本』の英文三部作がある。

「2014年 『英文収録 日本の覚醒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡倉天心のおすすめランキングのアイテム一覧

岡倉天心のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『英文収録 茶の本 (講談社学術文庫)』や『新訳 茶の本 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)』や『東洋の理想 (講談社学術文庫)』など岡倉天心の全128作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

英文収録 茶の本 (講談社学術文庫)

541
3.79
岡倉天心 1994年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

12/5/23 WBS スミスの本棚 玄侑宗久 岡倉天心は明治時代に日本の伝統美術を海外に広めることに奔走し、ボストン美術館の東洋部長も務めた国際派だっ... もっと読む

新訳 茶の本 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)

354
3.91
岡倉天心 2005年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の美学を再認識しました。 名著。 もっと読む

東洋の理想 (講談社学術文庫)

190
3.40
岡倉天心 1986年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「アジアは一つである」から始まる日本文化史を俯瞰する一冊。訳出が回りくどいせいか、言葉は平易でも内容が理解しにくいのが残念。 もっと読む

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

123
3.83
岡倉天心 1998年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡倉天心は茶について語るには情熱的すぎると思ったが、何かを極めるにはそれくらいの情熱が必要なのかもしれない。 もっと読む

茶の本

119
3.68
岡倉天心 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

茶の歴史、茶の作法、日本文化などを網羅的に解説、特に当時の時代背景からなのか西欧との比較も交えているなかでいかに優れた文化なのか解き明かす。 もっと読む

茶の本 (まんがで読破)

114
3.80
岡倉天心 マンガ 2010年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まんがで読破を読破するシリーズ。岡倉天心はフェノロサのボストン美術館日本美術コレクションの蒐集をたすけた人っていう認識だったけど、茶道も伝えていたんですね... もっと読む

茶の本 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)

110
3.67
岡倉天心 2014年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

茶道は、不完全な物を崇拝し 至上の美を追求する宗教 ✏︎岡倉天心がボストンでの生活を通じて、日本の茶の文化を世界に伝えるために書いた本。原文は英語。 ・... もっと読む

茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)

71
4.50
岡倉天心 2008年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

-西洋はいつになったら東洋を理解するのだろう、いや、理解しようとするのだろうか?When will the West understand, or try... もっと読む

茶の本 日本の目覚め 東洋の理想―岡倉天心コレクション (ちくま学芸文庫)

65
4.00
岡倉天心 2012年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1900年前後の日本は、日清の後、日露の前、開国と発展と、その基になった国学と実際の矛盾とで、新渡戸稲造や内村鑑三や岡倉天心が、英語で、日本とは!と世界に... もっと読む

日本美術史 (平凡社ライブラリー)

61
3.42
岡倉天心 2001年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡倉天心の思考の切り口、視点を追体験できる本です。 日本史の文化史を学んで興味を持っていれば、さらさらと読めるでしょうが、岩佐又兵衛あたりになってくると、... もっと読む

茶の本

54
3.59
岡倉天心 1994年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学生のころに教科書で名前を素通りしたぐらいの存在、岡倉天心さん。 改めて彼の著書を読んでみるとすごく新鮮でした。 明治時代にこんなに堂々と海外に日本... もっと読む

英文収録 日本の覚醒 (講談社学術文庫)

30
岡倉天心 2014年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡倉天心が英語で書いたものの翻訳。原文つき。 『茶の本』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1... もっと読む

茶の本 The Book of Tea (ラダーシリーズ Level 4)

21
3.60
岡倉天心 2008年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

通読 ポイントが最初にまとめてありよかった 自分でも理解できるようになりたい。 英語から連想できるように もっと読む

茶の本

21
4.00
岡倉天心 2009年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「三 道教と禅」の途中まで読んだところで今回は終了に。 ところどころ名言が出て面白いが、今求めている内容ではなかったので。 もっと読む

茶の本 ─まんがで読破─

15
3.25
岡倉天心 電子書籍 2010年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天心曰く、 茶道は「不完全さ」を尊び、何かを成し遂げようとする試みが茶道である。 茶道は茶の理想の飲み方を解くのではなく、いかに生きるべきか、その技を... もっと読む
全128アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×