岡崎武志のおすすめランキング

プロフィール

岡崎武志(おかざき・たけし)
1957年大阪府生まれ。立命館大学二部人文学部卒。1990年春に上京、編集者を経てライターに。書評、古本関係を専門に雑誌、新聞などで執筆。『文庫本雑学ノート』(ダイヤモンド社)で単著デビュー。代表的な著書に『女子の古本屋』(ちくま文庫)、『読書の腕前』(光文社知恵の森文庫)、『古本道入門』(中公文庫)、『気まぐれ古書店紀行』(工作舎)、『ここが私の東京』(扶桑社)、『気がついたら本ばかり読んでいた』(原書房)などがある。

「2018年 『本の虫の本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡崎武志のおすすめランキングのアイテム一覧

岡崎武志のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『読書の腕前 (光文社知恵の森文庫)』や『蔵書の苦しみ (光文社新書)』や『読書の腕前 (光文社新書)』など岡崎武志の全54作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

読書の腕前 (光文社知恵の森文庫)

645
3.72
岡崎武志 2014年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本が好きでたまらない、という著者の気持ちが伝わってくる。 帯にピースの又吉さんの言葉が載っている。 一行読むごとに「共感」や「発見」があり、ますま... もっと読む

蔵書の苦しみ (光文社新書)

452
3.49
岡崎武志 2013年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とにかく恐ろしい本です。本の重さで床が抜けてしまった話や、地震によって家の中がカオス状態になった話など、これまで目を背けていたことに直面させられるわけです... もっと読む

読書の腕前 (光文社新書)

368
3.48
岡崎武志 2007年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2011/7/17 岡崎さんは私が信頼する読書家。古本関連を中心に多くの著書を読んで来ましたが、読書論としてこれがベスト。とっても力が入ってます。読書生活... もっと読む

女子の古本屋

259
3.54
岡崎武志 2008年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本がすき!その気持ちひとつで飛び込む世界。 儲けはあるにこしたことはないけれど。登場する女性店主たちは、商売というよりも生き方として古本屋を選んでいる。 ... もっと読む

([か]1-1)古本道場 (ポプラ文庫)

250
3.64
角田光代 2008年6月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか楽しい本でした。 確かに古本屋がある町は素敵だと思う。暇な1日、ぶらっといって半日くらい棚を眺め時間を潰せれば最高。最寄りの駅に二件くらい有れば... もっと読む

女子の古本屋 (ちくま文庫)

236
3.70
岡崎武志 2011年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男性中心だった古書店の世界に足を踏み入れた個性的な女性たち。古書店を始めるに至った経緯が人生と共に紹介されている。 私も古書店というかブックカフェのような... もっと読む

古本道場

184
3.28
角田光代 2005年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

帯付き初版を西荻の古本屋で購入 もっと読む

古本道入門 - 買うたのしみ、売るよろこび (中公新書ラクレ)

152
3.58
岡崎武志 2011年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古本は好きだけどあくまで安いから、っていうだけの自分としては、ここに記されているようなマニアック道はあまり望むところではない。でも、そこにかける意気込みと... もっと読む

古本道入門 - 買うたのしみ、売るよろこび (中公文庫)

101
3.50
岡崎武志 2017年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を見ながら、さっそく明日神保町に行ってみようという気にさせてくれる本。 2017年の最新情報とのことだが、すでに閉店してしまっている店もある。 もっと読む

気がついたらいつも本ばかり読んでいた

85
4.20
岡崎武志 2016年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡崎さんの本は『蔵書の苦しみ』の感想をこの覧で書いている。好きな人だ。でも、ぼくは岡崎さんは本、特に古本が好きでいつもその書評を書いている人ぐらいしか思っ... もっと読む

古本生活読本 (ちくま文庫)

59
3.47
岡崎武志 2005年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎日のように古本屋へ行くという筆者の古本エッセイ集でしょうか。うんうんと唸りながら、楽しく読みました。 学生時代以降、昔はよく古本屋さんへ行ってあました... もっと読む

親子の時間

57
3.33
庄野潤三 2014年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

丘の上の一軒家に暮らす、妻と2男1女の5人との生活。この本のなかには、小さな家庭のよろこびが、たくさんつまっています。「こんな素晴らしい家庭をつくりたい」... もっと読む

古本でお散歩 (ちくま文庫)

55
3.29
岡崎武志 2001年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2002年4月5日 2刷、並、帯なし 2013年9月25日 津BF。 もっと読む

読書の腕前 (光文社新書)

54
3.24
岡崎武志 電子書籍 2007年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は読書好きの人向けの、本を読むことに関するエッセイ。なかなか楽しく読めた。後半は文学に関する内容が多かったかな。結構、本格的な内容ながら、読みやすいの... もっと読む

古本病のかかり方 (ちくま文庫)

52
3.56
岡崎武志 2007年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近かかってるかも?ベストセラーは読まないし、何か変わった本をひたすら探す。でも最近の古本屋はチェーン店化して、昔の風情がない。 もっと読む

昭和三十年代の匂い (ちくま文庫)

52
3.91
岡崎武志 2013年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私は著者よりも少し年下だが、かなり重なる記憶がある。巻末の対談がまたいい。 もっと読む

貧乏は幸せのはじまり (ちくま文庫)

51
3.62
岡崎武志 2014年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん、、、貧乏はよし、とすると成功者の貧乏談話を集めてもただの教訓書になってしまう。という意味で新しい試みではない。貧乏のままで終わった人物のはかない幸... もっと読む

上京する文學―漱石から春樹まで

49
3.27
岡崎武志 2012年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

──東京へはもう何度も行きましたね。君が住む花の都。 言わずと知れた1970年代フォークソングの名曲、マイペースの「東京」の歌詞だ。 この曲の詩と... もっと読む
全54アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする