岡崎琢磨のおすすめランキング

プロフィール

岡崎 琢磨(おかざき たくま)
1986年生まれ、福岡県出身。京都大学法学部卒業。元々ミュージシャン志望であったが作家を志すようになり、大学卒業後に福岡県に戻って執筆を続け、第10回『このミステリーがすごい!』大賞の最終選考に『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』が残った。手直しして刊行されたところ、大ベストセラーとなり第1回京都本大賞を受賞。のちに「珈琲店タレーランの事件簿」シリーズ化された。
ほかにもミステリ作を多数刊行しており、新刊に『夏を取り戻す』がある。

岡崎琢磨の関連サイト

岡崎琢磨のおすすめランキングのアイテム一覧

岡崎琢磨のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』や『珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)』や『珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』など岡崎琢磨の全60作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

6544
3.25
岡崎琢磨 2012年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んでいて、改めて痛感しました。 ああ、私ってやっぱり、「地図の読めない女」の典型! 空間把握能力を、おかあさんのおなかの中に置き忘れてきたん... もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)

3361
3.43
岡崎琢磨 2013年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

珈琲店タレーランのシリーズ、2作目。 あの続きって‥? 後回しにしていましたが、まずまずの読み応えでした。 京都の街にある古風な珈琲店タレーラン... もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

2213
3.32
岡崎琢磨 2014年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コーヒー好きな人や、まさにカフェとかされてる方が読んだら専門的な事も書かれてるし、とっても面白いのでしょうね。 もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

1509
3.27
岡崎琢磨 2015年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いままでの感じが好きだったので、期待よりちょっと物足りなかった。それでも、美空さんに頼らないミステリーと小さなどんでん返しはよかったかな。全体としてストー... もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

842
3.52
岡崎琢磨 2016年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"珈琲店タレーラン"の五つ目のお話は 「鴛鴦茶がおいしくなりますように」 この本の世界に入り込むと無性に珈琲が飲みたくなります。 そして、いつも... もっと読む

十年交差点 (新潮文庫nex)

298
3.43
中田永一 2016年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年先を渡り歩き、10年先に立って今を見つめ、10年間を大事にし、10年経った今の幸せ、そして10年を待てない楽しみ。 もっと読む

道然寺さんの双子探偵 (朝日文庫)

180
3.43
岡崎琢磨 2016年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元々は捨て子で、寺に拾われて暮らす男女の双子、 レンとランが探偵役。 物語自体は、寺の若住職目線で進む。 連作短編集で、寺の人や周辺人物が遭遇す... もっと読む

季節はうつる、メリーゴーランドのように

161
2.98
岡崎琢磨 2015年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何がどんなに分かったって、自分だけが分かっていても意味はない。分かりあえていなければ意味がない。 もっと読む

新米ベルガールの事件録 チェックインは謎のにおい (幻冬舎文庫)

143
2.47
岡崎琢磨 2016年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もうひとつ。結末と謎が先にあって、逆算してお話を組み立てました、って感じがどうにも拭えない。ストーリーも登場人物の言動もやや不自然で、組み立てたフラグに当... もっと読む

春待ち雑貨店 ぷらんたん

123
3.37
岡崎琢磨 2018年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハンドメイドアクセサリーを売る「ぷらんたん 」を経営する巴瑠の話。 この本、一番はじめのターナー症候群の話はどこかで読んだことがある。 どこだろう。もしか... もっと読む

季節はうつる、メリーゴーランドのように (角川文庫)

108
3.38
岡崎琢磨 2017年9月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじに書かれてる「切なさ最大級の青春片恋ミステリ」というがまさに的を得てる。物語はどちらかというとミステリ要素が強い。各章,思わせぶりな主人公の呟きに... もっと読む

病弱探偵 謎は彼女の特効薬

95
2.80
岡崎琢磨 2017年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幼い頃からよく病気をしていた貫地谷マイの隣に住む幼馴染・山名井ゲンキは学校帰りにプリントを届けるのが日課。推理小説を読んで過ごすことの多い彼女は謎解き... もっと読む

I Love Father

85
3.00
冲方丁 2017年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

だんだんつまらなくなるというか、最後にダダダっと展開して終わるのが増えていった。 まとまっていないというのか、もう少し膨らまして書けば面白かっただろうな... もっと読む

新鮮 THE どんでん返し (双葉文庫)

85
3.10
青柳碧人 2017年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

似鳥さんのはタイトルページからすでに何かおかしいと思っていたらまさかのどんでんだった。水生さんのはまさに新鮮ネタ! もっと読む

このマンガがすごい! Comics 珈琲店タレーランの事件簿 1 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

72
3.31
岡崎琢磨 2015年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説も読んだけれど、わたしはマンガの方がいいなと思った。会話や表情がいきいきしているのが伝わってきて、それが良かった。 もっと読む

さよなら僕らのスツールハウス

69
3.53
岡崎琢磨 2017年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スツールハウスの住んでいた者たちの4篇の物語と最後のオチで構成されているが,「陰の花」での野々村陽花と白石元貴の話が楽しめた.月下美人の写真のからくりを植... もっと読む

ベスト本格ミステリ2018 (講談社ノベルス)

35
3.56
岡崎琢磨 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年6月講談社ノベルス刊。10編の短編小説、評論を収録。アンソロジー。2018年版は、本格ミステリへのこだわりに驚く。謎と謎解きのための世界構築が、... もっと読む

「このミステリーがすごい!」大賞作家 書き下ろしBOOK vol.2

32
3.14
柚月裕子 2013年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

七尾与史の「死亡フラグが立ちましたのずっと前」が目的 6名の「このミス」作家によるアンソロジー どれも、他の本も読んでみたくなる「見本市」のような... もっと読む
全60アイテム中 1 - 20件を表示

岡崎琢磨に関連する談話室の質問

ツイートする