岡崎琢磨のおすすめランキング

プロフィール

1986年福岡県生まれ。京都大学法学部卒業。2012年、第10回『このミステリーがすごい!』大賞隠し玉に選出された『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』でデビュー。同書は13年、第1回京都本大賞を受賞し、現在6作目まで刊行され、ベストセラーシリーズとなる。著書に「道然寺さんの双子探偵」シリーズ、『夏を取り戻す』『下北沢インディーズ』『春待ち雑貨店 ぷらんたん』など多数。

「2021年 『貴方のために綴る18の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡崎琢磨のおすすめランキングのアイテム一覧

岡崎琢磨のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』や『珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)』や『珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』など岡崎琢磨の全96作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

7758
3.27
岡崎琢磨 2012年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んでいて、改めて痛感しました。 ああ、私ってやっぱり、「地図の読めない女」の典型! 空間把握能力を、おかあさんのおなかの中に置き忘れてきたん... もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)

4155
3.45
岡崎琢磨 2013年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

珈琲店タレーランのシリーズ、2作目。 あの続きって‥? 後回しにしていましたが、まずまずの読み応えでした。 京都の街にある古風な珈琲店タレーラン... もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

2885
3.36
岡崎琢磨 2014年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コーヒー好きな人や、まさにカフェとかされてる方が読んだら専門的な事も書かれてるし、とっても面白いのでしょうね。 もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

2132
3.31
岡崎琢磨 2015年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ4作目。 短編4編を経て、美星の過去。挫折からの復帰について。 亡き大叔母が仕掛けた優しい謎。展開に少し強引さは感じるものの、章を読み終えてほ... もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

1416
3.60
岡崎琢磨 2016年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"珈琲店タレーラン"の五つ目のお話は 「鴛鴦茶がおいしくなりますように」 この本の世界に入り込むと無性に珈琲が飲みたくなります。 そして、いつも... もっと読む

珈琲店タレーランの事件簿 6 コーヒーカップいっぱいの愛 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

919
3.72
岡崎琢磨 2019年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

珈琲店タレーランのオーナーであり、切間美星(きりまみほし)の大叔父である、藻川又次(もかわまたじ)が狭心症で突然倒れてしまった。 手術を前に、藻川氏は、... もっと読む

九十九書店の地下には秘密のバーがある (ハルキ文庫)

454
3.05
岡崎琢磨 2018年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

会社を辞めて自信を喪失していた佑は、九十九書店の不思議な店主、トワコさんの下でバイトを始める。 トワコさんが夜に開くバーにやってくる困っている人たちを助... もっと読む

十年交差点 (新潮文庫nex)

393
3.39
中田永一 2016年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年先を渡り歩き、10年先に立って今を見つめ、10年間を大事にし、10年経った今の幸せ、そして10年を待てない楽しみ。 もっと読む

道然寺さんの双子探偵 (朝日文庫)

290
3.36
岡崎琢磨 2016年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道然寺の若和尚・一海の視点で各事件の推移を見守り解決に導く物語。 お寺に置き去りにされた双子の子供レンとラン。 お互いの個性と考えを持って事件の解決の... もっと読む

春待ち雑貨店 ぷらんたん

280
3.31
岡崎琢磨 2018年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

+++ 京都にあるハンドメイド雑貨店『ぷらんたん』。店主の北川巴瑠のもとには今日も不思議な出来事が舞い込む。イヤリングの片方だけを注文する客、遠距離恋愛... もっと読む

新米ベルガールの事件録 チェックインは謎のにおい (幻冬舎文庫)

241
2.72
岡崎琢磨 2016年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

経営難で廃業寸前の崖っぷちホテルで働く新入社員の千代子、先輩の二宮、彼らの上司大原の3人を軸に進むストーリー。 各々独立した内容の短編ミステリーなので読... もっと読む

季節はうつる、メリーゴーランドのように

199
3.10
岡崎琢磨 2015年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「冬 記念写真小考」 二人だけに通じる単語。 日常で少し疑問に思う事はあったとしても普通の人なら気にしない事ですら謎として解き、勝手な解釈になる事もあるだ... もっと読む

季節はうつる、メリーゴーランドのように (角川文庫)

193
3.37
岡崎琢磨 2017年9月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじに書かれてる「切なさ最大級の青春片恋ミステリ」というがまさに的を得てる。物語はどちらかというとミステリ要素が強い。各章,思わせぶりな主人公の呟きに... もっと読む

春待ち雑貨店 ぷらんたん (新潮文庫)

171
3.53
岡崎琢磨 2021年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラノベ風の語り口だが、中身は肉厚だった。 個人的には以前よく行った神戸トアロードのお店を思い出した。 もっと読む

病弱探偵 謎は彼女の特効薬

147
2.86
岡崎琢磨 2017年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幼い頃からよく病気をしていた貫地谷マイの隣に住む幼馴染・山名井ゲンキは学校帰りにプリントを届けるのが日課。推理小説を読んで過ごすことの多い彼女は謎解き... もっと読む

夏を取り戻す (ミステリ・フロンティア)

147
3.50
岡崎琢磨 2018年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学4年生の子ども達の純粋な心と、まだ大人になりきれていない大学生、自分達の生活に追われる大人、団地という、ある意味、特殊な環境、そこに雑誌の編集者とフリ... もっと読む

新鮮 THE どんでん返し (双葉文庫)

143
3.26
青柳碧人 2017年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「事件をめぐる三つの対話」 「筋肉事件/四人目の」 書籍ならでは。前者はラジオドラマでもよいかも。 そして後者は映像化不可能作品。 「夜半のち... もっと読む

病弱探偵 謎は彼女の特効薬 (講談社文庫)

131
3.22
岡崎琢磨 2019年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テンポよく読める。 なかなかの佳品だと思う。 もっと読む

傑作ミステリーアンソロジー 京都迷宮小路 (朝日文庫)

125
3.28
浅田次郎 2018年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都を舞台にしたミステリーのアンソロジー。浅田次郎、綾辻行人、北森鴻、うーん、さすがに上手い。綾辻行人はほとんど読んでいなかったけれど、ぞくっとする感じが... もっと読む

道然寺さんの双子探偵 揺れる少年 (朝日文庫)

116
3.53
岡崎琢磨 2019年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ2作目。 今回道然寺の双子というよりは副題の揺れる少年、雄哉と司の2人が中心。 震災の影響、トラウマ。そして非行といじめ問題。 様々な要素が... もっと読む
全96アイテム中 1 - 20件を表示

岡崎琢磨の関連サイト

岡崎琢磨に関連する談話室の質問

ツイートする
×