岡嶋二人のおすすめランキング

プロフィール

岡嶋 二人(おかじま・ふたり)
徳山諄一(とくやま・じゅんいち 1943年生まれ)と井上泉(いのうえ・いずみ 1950年生まれ。現在は井上夢人)の共作ペンネーム。
1982年『焦茶色のパステル』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。86年『チョコレートゲーム』で日本推理作家協会賞を受賞。89年『99%の誘拐』で吉川英治文学新人賞を受賞。同年『クラインの壺』が刊行された際、共作を解消する。井上夢人氏の著作に『魔法使いの弟子たち(上・下)』『ラバー・ソウル』などがある。

「2021年 『そして扉が閉ざされた  新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡嶋二人のおすすめランキングのアイテム一覧

岡嶋二人のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『99%の誘拐 (講談社文庫)』や『クラインの壺 (新潮文庫)』や『そして扉が閉ざされた (講談社文庫)』など岡嶋二人の全168作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

99%の誘拐 (講談社文庫)

4195
3.56
岡嶋二人 2004年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容は、面白く一気に読めた。 しかし…古い作品なんで、コンピューターとかの機器がかなり前時代な感じ… 内容とは別に、その辺りも懐かしく読めた。 でも、今の... もっと読む

クラインの壺 (新潮文庫)

1976
3.85
岡嶋二人 1993年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

井上夢人作品にハマって辿り着いた岡島作品。 いやはや面白い。 現実がぐんにゃりと歪んでしまうような感覚が味わい深い。 これもまたカテゴリー分けし... もっと読む

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)

1903
3.37
岡嶋二人 1990年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡嶋二人とは、ちょっとばかしインパクトのある作者名。映画『おかしな二人』をもじった井上夢人と田奈純一の合作名だそう。 1982年、『焦げ茶色のパステル』... もっと読む

クラインの壺 (講談社文庫)

1870
3.81
岡嶋二人 2005年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

楽しい読書でした。 多くの人が、一度は考える世界観だ。 自分は何か未来的な技術により、バーチャルの世界で生きていて、本当はカプセルの中で眠っている... もっと読む

チョコレートゲーム (講談社文庫)

908
3.25
岡嶋二人 1988年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

展開が早く、先がどうなっていくのか読み進めるのが楽しかったです。子を持つ親としては辛い内容もありますが、父親が後悔を混じえながら息子を一心不乱に信じている... もっと読む

解決まではあと6人 (講談社文庫)

774
3.29
岡嶋二人 1994年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よくできた物語。犯人もわからないし、展開が最後まで読めなかった。さすがです。 もっと読む

焦茶色のパステル (講談社文庫)

730
3.39
岡嶋二人 1984年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに岡嶋二人さんの本を読んだので再読。 たぶん岡嶋二人さんで一番好きな本。 競走馬をテーマにしたミステリで面白いと思う。 携帯電話がない時代なのも、... もっと読む

どんなに上手に隠れても (講談社文庫)

504
3.36
岡嶋二人 1993年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誘拐モノの醍醐味である身代金の奪い方が、簡単に予想できてしまった。 書かれた当初は驚かれたのかもしれないが、今では よくあるトリックといったところだろう。... もっと読む

あした天気にしておくれ (講談社文庫)

488
3.53
岡嶋二人 1986年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とてつもなく高価なサラブレッドを輸送中に起きた、アクシデント。 事故を隠蔽すべく、ある計画を実行したところ、謎の脅迫者があらわれる。 江戸川乱歩賞... もっと読む

ダブル・プロット (講談社文庫)

469
3.04
岡嶋二人 2011年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伝説の岡嶋二人・未収録作品含む珠玉短編集月刊誌に二作だけ掲載したまま未収録だった幻の「伸子シリーズ」を追加し、岡嶋二人に珍しい短編を集めた文庫オリジナルの... もっと読む

七日間の身代金 (講談社文庫)

413
3.29
岡嶋二人 1998年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プロットに拘り過ぎて人物の性格描写が今一つと感じた。まあ十分楽しめるんですが、著者の作品に期待が高すぎるのかもしれません。 もっと読む

コンピュータの熱い罠 (講談社文庫)

394
3.25
岡嶋二人 2001年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こないだ読んだ井上夢人で、「イマイチ!」と思った私だけど、 やっぱりこの二人の作品は好きなのです。 1980年代当時の「ハイテク」犯罪を題材にした... もっと読む

チョコレートゲーム 新装版 (講談社文庫)

340
3.51
岡嶋二人 2013年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

+++ 名門秋川学園大付属中学3年A組の生徒が次々殺された。犯人とされたのは作家・近内の息子の省吾。なぜ事件は起きたのか?なぜ息子は何も言わなかったのか... もっと読む

眠れぬ夜の殺人 (講談社文庫)

309
3.28
岡嶋二人 1996年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

捜査0課の三人の活躍を描いた作品です。ミッションインポッシブルみたいに派手な設定で面白いです。 登場人物が多いので最初は取っ付き辛かったものの、コメディ... もっと読む

開けっぱなしの密室 (講談社文庫)

304
3.22
岡嶋二人 1987年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/701933 タイ... もっと読む

殺人!ザ・東京ドーム (講談社文庫)

300
2.97
岡嶋二人 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アフリカから密輸入で持ち込まれた植物由来の猛毒性アルカロイドを偶然に手に入れた犯人は日頃から誰にも相手にされず孤独で陰湿な変質的性格で世の中に復讐するチャ... もっと読む

タイトルマッチ (講談社文庫)

271
3.31
岡嶋二人 1993年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪我をして現役を引退した元ジュニアウェルター級の世界チャンピオンの赤ん坊が誘拐された、犯人からの要求はお金ではなく、何と二日後に控えている同じジムの次期世... もっと読む

ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)

266
3.01
岡嶋二人 1989年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。25の謎が書かれています。 一緒に謎を考えるタイプがいいですね。 推理物は好きなのですが、なかなか謎解きできませんでした(笑)サラッと読めて面白か... もっと読む

なんでも屋大蔵でございます (講談社文庫)

262
3.38
岡嶋二人 1995年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 大蔵さんの口調が好き。 もっと読む

焦茶色のパステル 新装版 (講談社文庫)

241
3.52
岡嶋二人 2012年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

競馬をテーマにした、作者のデビュー作。それほど派手な作品ではないものの、よく練られた作品であると思う。競馬を知らない人間でも十分に楽しむことができる。 もっと読む
全168アイテム中 1 - 20件を表示

岡嶋二人に関連する談話室の質問

ツイートする
×