岡本かの子のおすすめランキング

プロフィール

東京都生まれ。跡見女学校卒。1906年与謝野晶子に師事し「明星」に投稿。のち「スバル」同人として活躍。1910年画学生岡本一平と結婚、翌年太郎を出産。1929年から7年間渡欧。帰国後、1936年に芥川龍之介をモデルとした『鶴は病みき』で作家デビュー。以来、短編を中心に多くのすぐれた作品を残した。1939年没。

「2019年 『越年 岡本かの子恋愛小説集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本かの子のおすすめランキングのアイテム一覧

岡本かの子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『老妓抄 (新潮文庫)』や『BUNGO 文豪短篇傑作選 (角川文庫)』や『女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)』など岡本かの子の全653作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

老妓抄 (新潮文庫)

333
3.55
岡本かの子 1950年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んでいる間、なんども電車を乗り過ごしそうになった。題名が作品を表していて、しかも予想と違う話ばかり。小説はおもしろいと心から感じさせてくれる一冊... もっと読む

BUNGO 文豪短篇傑作選 (角川文庫)

171
3.69
芥川龍之介 2012年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石原さとみさん、宮迫博之さんのキャストでおくる『注文の多い料理店』など、文豪の恋愛短編小説をオムニバス映画化した原作『BUNGO』文壇を代表する作家11名... もっと読む

女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)

157
3.38
太宰治 2016年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はたかれる頬、蚤が戯れる乳房、老人を踏む足、不老の童女……文豪たちが「女体」を讃える珠玉の短篇に、安野モヨコが挿画で命を吹きこんだ贅沢な一冊。 もっと読む

岡本かの子 (ちくま日本文学)

143
3.64
岡本かの子 2009年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一週間ほど前に読了した、岡本かの子の金魚撩乱(Kindle版)の他にも作品をまとめて読んでみたくなり、本書を注文し直ぐに読んでみました。 短編は9作... もっと読む

美少年 (書物の王国)

125
3.54

感想・レビュー

彼らは本当に「元々地上には属さなかった」のだろうか? ギリシア神話のナルシスから、森茉莉のジェニまで、古今東西のあえかな美少年たちが勢揃い。 もっと読む

家霊 (280円文庫)

119
3.96
岡本かの子 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全てすこぶる良い。一番好きなのは「鮨」。 「娘」は、婚期を逃し気味のボート選手の娘の話。 最後のシーン、男がボートで追ってくるのがどうしてそんなに胸キュ... もっと読む

温泉天国 (ごきげん文藝)

113
2.76
嵐山光三郎 2017年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

32編の温泉エッセイ。温泉が好きなので、読んで見たんだけれど、文豪たちの作品、なんて豪華なんだろう、驚き、喜んで読んだ。時代を感じるなあ(それもいいんだけ... もっと読む

(015)庭 (百年文庫)

70
3.54
梅﨑春生 2010年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『白いウズラ』は庭作りにすべてを捧げる妻の狂気的な様に、寒気をおぼえました。 『金魚撩乱』は背表紙に書かれている紹介よりも、もっと生臭い内容でした。 ... もっと読む

短編アンソロジー 味覚の冒険 (集英社文庫)

62
2.87
嵐山光三郎 2018年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読む前は『グリとグラ』みたいに美味しいお菓子とか、あとはほんわかした和食の物語なんかが書かれていると思ってました(笑) 読んでみたらSFの奇妙な話とか、全... もっと読む

岡本かの子 (ちくま日本文学全集)

59
3.86

感想・レビュー

金魚繚乱を読んだ。恐るべし岡本かの子の心理描写。 金魚の養殖を通して主人公の人間性を徹底的に描写する。叶わない恋の対象を神格化し、その代替となる新品種の... もっと読む

53
4.20
岡本かの子 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・2/13 読了.鮨屋を訪れる不思議な常連の老紳士と看板娘の交流の話.岡本太郎の母親だというぐらいだし、精神的にも不安定で不思議な感じの物語だった.他の作... もっと読む

精選女性随筆集 第四巻 有吉佐和子・岡本かの子

46
4.13
有吉佐和子 2012年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有吉佐和子ルポタージュは軽やかで読みやすい。 岡本かの子は、まとわりつくようなしゃべり方をそのまま文章に落とし込んでいる印象。 もっと読む

金魚撩乱

46
4.33
岡本かの子 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

崖の下に住む金魚家の倅、復一。 復一は崖の上に住む資産家の娘 真佐子になにかと、ちょっかいを出す。 なぜ男の子は好きな女の子をいじめて泣かせてしまうの... もっと読む

巴里祭・河明り (講談社文芸文庫)

36
3.18

感想・レビュー

図書館で、ふと借りた本。 パリに暮らす男が、忘れえぬ女を 追い求める…「巴里祭」 川沿いに借りた部屋 家主の娘が許婚者となぜか結ばれぬ因縁... もっと読む

仏教人生読本 (中公文庫BIBLIO)

31
3.43

感想・レビュー

おもしろい。仏教への興味がますます最近増しているのを感ずる。 ●以下引用 およそ、上手な医者ほど、自分の力では病気を治さん たしなみとい... もっと読む

新編・日本幻想文学集成 第3巻

26
3.67
谷崎潤一郎 2016年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第3巻は谷崎潤一郎、久生十蘭、岡本かの子、円地文子。 幻想文学の叢書に谷崎潤一郎や久生十蘭の名前はよく挙がるが、岡本かの子と円地文子はなかなか無いのでは... もっと読む

河明り・老妓抄―他一篇 (岩波文庫)

23
3.50
岡本かの子 1956年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何だこの人は、 なんと豊穣な言葉かな。 本当は「鮨」を読みたかったんだけど、手に入らなくって仕方なくこれになった。 初かの子、... もっと読む

老妓抄

20
4.00
岡本かの子 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

微妙な距離感が面白かった。 もっと読む
全653アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする