岡本綺堂のおすすめランキング

プロフィール

岡本綺堂

一八七二年(明治五)東京生まれ。本名は敬二。元御家人で英国公使館書記の息子として育ち、「東京日日新聞」の見習記者となる。その後さまざまな新聞の劇評を書き、戯曲を執筆。大正時代に入り劇作と著作に専念するようになり、名実ともに新歌舞伎の作者として認められるようになる。一九一七年(大正六)より「文藝倶楽部」に連載を開始した「半七捕物帳」が、江戸情緒あふれる探偵物として大衆の人気を博した。代表作に戯曲『修禅寺物語』『鳥辺山心中』『番町皿屋敷』、小説『三浦老人昔話』『青蛙堂鬼談』『半七捕物帳』など多数。一九三九年(昭和十四)逝去。

「2019年 『玉藻の前』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本綺堂のおすすめランキングのアイテム一覧

岡本綺堂のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『半七捕物帳〈1〉 (光文社時代小説文庫)』や『半七捕物帳〈2〉 (光文社時代小説文庫)』や『青蛙堂鬼談 - 岡本綺堂読物集二 (中公文庫)』など岡本綺堂の全1880作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

半七捕物帳〈1〉 (光文社時代小説文庫)

517
3.91
岡本綺堂 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一度図書館で借りて読んだのですが、やっぱり手元に欲しくて購入(古本だけど)。全巻揃えたい。 書かれたのは90年くらい前になるそうなのですが、今読んでも全... もっと読む

半七捕物帳〈2〉 (光文社時代小説文庫)

204
3.94
岡本綺堂 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治の代に、つい最近まで岡っ引きをやっていた半七老人の昔話を聞くというスタイルが2重に時間旅行をしているよな、いっそうリアルな感じをかもしだして大好きなシ... もっと読む

青蛙堂鬼談 - 岡本綺堂読物集二 (中公文庫)

178
4.04
岡本綺堂 2012年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一言でいうと、やはり、「語りの妙」。 題名にもなっている「青蛙堂」の由来が中国の志怪小説によるという。それがまた、単なる翻案ではなく、オリジナリティにあ... もっと読む

半七捕物帳〈3〉 (光文社時代小説文庫)

170
3.83
岡本綺堂 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何話か、乱歩っぽさあった。 むろん、時代的には逆なんだけど。 もっと読む

三浦老人昔話 - 岡本綺堂読物集一 (中公文庫)

158
4.00
岡本綺堂 2012年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青年が老人から奇談を聞くという体裁で、一話一話は短いのに、どの話もあっという間に引き込まれてしまった。しかも歴史的仮名遣いでありながら、不思議と読みやすい... もっと読む

半七捕物帳〈4〉 (光文社時代小説文庫)

147
3.96
岡本綺堂 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半七捕物帳再読。半七には何度でも戻ってくる もっと読む

半七捕物帳〈5〉 (光文社時代小説文庫)

145
3.88
岡本綺堂 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寝る前にじわじわ読んでたら、いよいよあと残り1巻になってしまった。 もっと読む

半七捕物帳〈6〉 (光文社時代小説文庫)

142
4.02
岡本綺堂 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナによる緊急事態宣言下で半七シリーズを読み終わった。読み始めれば最後まで読んでしまう感じはある。 〈半七あるある〉 ・半七の推理外れても後で嚇かしたり... もっと読む

架空の町 (書物の王国)

138
3.63

感想・レビュー

頭がくらくらしました。 この書物の中には、この世ではない何処かにある町や国が押し込められていて、ページを捲ったら最後、町のざわめき、あるいは静寂の彼方へ連... もっと読む

影を踏まれた女 新装版 怪談コレクション (光文社文庫)

135
3.70
岡本綺堂 2006年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞で取り上げられてたので読んでみた。 怪談話だけどめちゃめちゃ怖い感じではなかった。映像化されたら面白いかも。 もっと読む

百年小説

135
4.23
森鴎外 2008年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森鴎外から太宰治まで、51人の名短編を収めた一冊。1300頁の大ボリュームはなかなか圧巻。 「名文」をテーマにしたアンソロジーということになるんだろうか... もっと読む

白髪鬼 新装版 (光文社文庫)

129
4.21
岡本綺堂 2006年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西瓜、白髪鬼、海亀が面白かった。 もっと読む

中国怪奇小説集 新装版 (光文社文庫)

128
3.71
岡本綺堂 2006年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 明治時代の文筆家、岡本綺堂が中国の古典から怪奇譚をよりすぐり、翻訳してまとめた中国古典怪談集。  三遊亭圓朝の『牡丹燈籠』の原典である『剪灯新話』の「... もっと読む

読んで、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈1〉 (ちくま文庫)

125
3.66
岡本綺堂 2009年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸と明治初期の様子が垣間見られるのが楽しい。 台詞のテンポが良いとぶらりとその時代に迷い込んだ気持ちになる。 半七シリーズを久々に読んだ。 不思議と半七... もっと読む

温泉天国 (ごきげん文藝)

125
2.78
嵐山光三郎 2017年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

32編の温泉エッセイ。温泉が好きなので、読んで見たんだけれど、文豪たちの作品、なんて豪華なんだろう、驚き、喜んで読んだ。時代を感じるなあ(それもいいんだけ... もっと読む

半七捕物帳: 江戸探偵怪異譚 (新潮文庫nex)

113
3.38
岡本綺堂 2019年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

収録作:雪達磨、お文の魂、山祝いの夜、筆屋の娘、勘平の死、槍突き、少年少女の死、津の国屋 の8篇。 出版予定が出たときになぜこのレーベルから半七の... もっと読む

近代異妖篇 - 岡本綺堂読物集三 (中公文庫)

100
3.68
岡本綺堂 2013年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「鬼談」や「奇談」を集めた短編集。当然カテゴライズするならそのどれもが「怪談」にはなるのですが。恐ろしく感じるもの、少し不思議に思うもの、様々です。 お... もっと読む

探偵夜話 - 岡本綺堂読物集四 (中公文庫)

93
3.55
岡本綺堂 2013年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青蛙堂鬼談が青蛙堂探偵談に! …というわけで、百物語の形式で次々と参加者が体験した不思議な物語とその謎解きが語られるという、探偵趣味に溢れる一冊。 怪異... もっと読む

もっと、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈2〉 (ちくま文庫)

85
3.84
岡本綺堂 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一見さんも常連さんも楽しめる、「半七捕物帳」の傑作選!後篇も名作ぞろいで、解説対談にもますます熱が入ります。宮部みゆきに、こんな悪者を書いてみたいと言わし... もっと読む

玉藻の前 (中公文庫 (お78-8))

81
4.00
岡本綺堂 2019年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『怪獣』で岡本綺堂読物集は最終巻というのでしょんぼりしていたら、なんと今度は長編が同じく中公文庫から!しかも同じく山本タカト表紙絵で!そういうことならそう... もっと読む
全1880アイテム中 1 - 20件を表示

岡本綺堂に関連する談話室の質問

ツイートする
×