岡田恵美子のおすすめランキング

プロフィール

1932年、東京生まれ。
1967年、テヘラン大学文学部博士課程修了。文学博士。専攻は、ペルシア文学。
東京外国語大学教授、中央大学総合政策学部教授を経て、
現在、日本イラン文化交流協会会長。
主な著書
『イラン人の心』(NHKブックス)、
『ペルシアの神話 光と闇とのたたかい』(筑摩書房)、
『隣のイラン人』(平凡社)、
『言葉の国イランと私 世界一お喋り上手な人たち』(平凡社)、
他に、『ロマネスク二人旅』(岡田直次との共著、筑摩書房)などがある。
主な訳書
『王書 古代ペルシャの神話・伝説』(岩波文庫)、
『ルバーイヤート』(平凡社ライブラリー)、
『ヴィースとラーミーン ペルシアの恋の物語』(平凡社)、
『ホスローとシーリーン』『ライラとマジュヌーン』『ユースフとズライハ』
(以上、平凡社東洋文庫)
他に、『西アジアの神話』(岡田直次との共編著、ポプラ社)などがある。

「2020年 『増補復刻版 イラン人の心』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田恵美子のおすすめランキングのアイテム一覧

岡田恵美子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『王書: 古代ペルシャの神話・伝説 (岩波文庫)』や『ルバーイヤート (平凡社ライブラリー)』や『言葉の国イランと私: 世界一お喋り上手な人たち』など岡田恵美子の全48作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

王書: 古代ペルシャの神話・伝説 (岩波文庫)

207
3.69
フェルドウスィー 1999年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。イランの古事記(もしくは平家物語?)とでもいうべき「ペルシャ王列伝」なのだけど、ヒロイック・ファンタジー的な物語自体の面白さがあり、難しく考えずに英... もっと読む

ルバーイヤート (平凡社ライブラリー)

57
3.22

感想・レビュー

1000年前のペルシャ世界に思いをはせる。砂漠の地における文化と、いつの世にも変わらぬ人間の苦悩。だから、盃に酒をみたし、この世を天国にするのだ。 もっと読む

言葉の国イランと私: 世界一お喋り上手な人たち

53
4.00
岡田恵美子 2019年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこの国でも行きたい私だが、イランに行きたいと思ったことはなかった。本書を読んで、行けるものなら行ってみたいと思った。 半世紀前の女性の、この行動力、カッ... もっと読む

イランを知るための65章 エリア・スタディーズ

48
3.17
岡田恵美子 2004年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ガージャール朝の項のみ読了。トルコ系なのにイランの王朝としてしっかり認識され。弱体で列強にさまざまなものを明け渡した王朝として評判が悪く。しかし、今のイラ... もっと読む

イラン人の心 (NHKブックス (393))

20
3.50

感想・レビュー

(1991.01.30読了)(1983.07.04購入) ☆関連図書(既読) 「イラン体験」五十嵐一著、東洋経済新報社、1979.07.16 「... もっと読む

ペルシアの神話―光と闇のたたかい (世界の神話 (5))

15
4.14

感想・レビュー

世界の人々を理解するために、イスラム圏の人々や文化を理解するために良い本だと思いました。 もっと読む

ペルシアの四つの物語

13
3.25
岡田恵美子 2004年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伝説・神話をもとにできあがった4つの物語。 中でも、「ホスローとシーリーン」では、韓国ドラマもかなわないほどのすれ違いや運命のいたずらに翻弄される美男美... もっと読む

隣りのイラン人

12
4.00
岡田恵美子 1998年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1999.01.09読了)( 1998.12.06購入) (「MARC」データベースより) OL、大学教授、カンフー師範、工場労働者、留学生。五人の... もっと読む

ペルシャ語基本単語2000―聴いて,話すためのー

9
2.33
岡田恵美子 1993年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イランに行くので・・一夜漬けは無理 05年9月 もっと読む

イラン人の心 (1981年) (NHKブックス〈393〉)

5
4.00
岡田恵美子 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったです。 もっと読む

言葉の国イランと私

5
4.00
岡田恵美子 電子書籍 2019年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今から約50年前ペルシア語に魅了され、当時のイランの国王に直接手紙を書き、国王から奨学金を得てイランへ留学した、イラン文学研究会立志伝中の人、岡田先生の回... もっと読む

ルバーイヤート (平凡社ライブラリー679)

4

感想・レビュー

アラブ・イスラーム世界の四行詩である。 詩に現われる言葉は 抽象度が高く文化的な共有意識を利用して語られることが多い。 そうなると文化的距離が離... もっと読む

イラン人の心―詩の国に愛を込めて

4
5.00
岡田恵美子 2020年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

その界隈では伝説のようになっていた、イラン文学研究の先駆者による、イランエッセイ。 近づきすぎないように、でも、遠ざかりすぎないように、適切な距離を測り... もっと読む

オリエントのやきもの タイルの源流を探って (INAXギャラリー―INAX BOOKLET)

3
5.00
山本正之 1991年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<pre><b>世界最古の文明発祥の地・オリエント。土器や陶器、粘土板の 文字など、オリエントの風土が育んだやきものの数々とタイル のルーツを探る。<... もっと読む
全48アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×