岡田暁生のおすすめランキング

プロフィール

1960年京都生まれ。大阪大学大学院博士課程単位取得退学。大阪大学文学部助手、神戸大学発達科学部助教授、京都大学人文科学研究所准教授をへて、現在同研究所教授。専門は音楽学。著書に『〈作曲家◎人と作品〉リヒャルト・シュトラウス』(音楽之友社)、『楽都ウィーンの光と陰』(小学館)、『「クラシック音楽」はいつ終わったのか?』(人文書院)、『音楽の聴き方』(中公新書、第19回吉田秀和賞)、『ピアニストになりたい』(春秋社、平成20年度芸術選奨文部科学大臣新人賞)、『西洋音楽史』(中公新書)、『オペラの運命』(中公新書、第23回サントリー学芸賞)などがある。

「2014年 『すごいジャズには理由がある』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田暁生のおすすめランキングのアイテム一覧

岡田暁生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)』や『音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)』や『オペラの運命―十九世紀を魅了した「一夜の夢」 (中公新書)』など岡田暁生の全51作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)

955
4.08
岡田暁生 2005年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡田暁生さんについては、里中満智子さんの『マンガ名作オペラシリーズ』の解説と、『すごいジャズには理由(ワケ)があるー音楽学者とジャズ・ピアニストの対話』を... もっと読む

音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)

704
3.86
岡田暁生 2009年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うっすらと感じていたことがとても明瞭に書かれていた。それは、音楽に国境はない、ピース、というあまりに流布しすぎた幻想。 とんでもない。音楽には国境がある... もっと読む

オペラの運命―十九世紀を魅了した「一夜の夢」 (中公新書)

149
3.90
岡田暁生 2001年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 岡田暁生著『オペラの運命――十九世紀を魅了した「一夜の夢」』(中公新書)と、中野京子著『おとなのための「オペラ」入門』(講談社+α文庫)を読了。仕事でオ... もっと読む

すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話

112
4.05
岡田暁生 2014年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京大研究所教授である岡田暁生さんのオペラの解説がとても面白かったので、この本を読みました。 岡田先生は高校の頃からジャズが好きで、なんと50歳になってか... もっと読む

クラシック音楽とは何か

92
3.73
岡田暁生 2017年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 音楽学者の著者による、クラシック音楽入門である。  すでに類書が山ほどあるわけだが、この著者の本は前に『音楽の聴き方』というのを読んだことがあり、これ... もっと読む

CD&DVD51で語る西洋音楽史 (ハンドブック・シリーズ)

80
4.22
岡田暁生 2008年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

月2ぐらいでおすすめのCD,DVDを 視聴予定 もっと読む

ピアニストになりたい! 19世紀 もうひとつの音楽史

53
3.75
岡田暁生 2008年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピアノのお稽古今昔。大リーグボール養成ギブスもどきの指トレーニング器具が流行ったり、マシンのように指を動かして鍵盤を叩くやり方が変化していく流れが興味深い... もっと読む

アルテス Vol.1

46
3.75
坂本龍一 雑誌 2011年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以下引用 芸術とは‹言葉で表せないものを感覚や身体を通して表現する活動›だとしばしばいわれるが、このように芸術を言語との対立関係において語る通俗的定... もっと読む

ピアノはいつピアノになったか? (阪大リーブル001)【CD付】

40
4.17
伊東信宏 2007年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「ピアノ」とはなにか。この本は、「現在のピアノ」の辿ってきた歴史を遡りながら、そのなかにショパンやモーツァルトといったピアノ作曲家を位置づけている面白い... もっと読む

ピアノを弾く身体

38
3.25
近藤秀樹 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

演奏の倫理学、という別タイトルをつけたいほどだ。 演奏技術を持つ人ほど、「フリ」を嫌う。 しかし演奏が資格も含めたパフォーマンスであるからには、決して「フ... もっと読む

恋愛哲学者モーツァルト (新潮選書)

36
3.70
岡田暁生 2008年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地元の図書館で読む。非常に興味深い本でした。魔笛の部分を読む。魔笛を理解できないのは、その時代に関する知識が欠けているためだと指摘している。根拠はありませ... もっと読む

楽都ウィーンの光と陰

33
3.00
岡田暁生 2012年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『本の紹介』 クラシックファン必読のウィーン音楽文化史。 ウィーンの街を散策するがごとく過去と現在がオーバーラップするユニークな文化論。 『司書... もっと読む

オペラの終焉: リヒャルト・シュトラウスと〈バラの騎士〉の夢 (ちくま学芸文庫)

31
4.00
岡田暁生 2013年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 バッハのフーガもベートーヴェンのソナタもスピーカーから聴くことができるし真の芸術音楽が要求する高い集中力や音楽的素養もそれなりにあると思うし娯楽の気楽さ... もっと読む

「こころ」とのつきあい方 13歳からの大学授業 (桐光学園特別授業)

25
4.00

感想・レビュー

アリストテレスの存在は重要。彼の哲学はそれまでのキリスト教の狭い信仰世界に収まりきれないもっと水平的で壮大な知への渇望と熱情を生じさせた。 自分を発見す... もっと読む

リヒャルト・シュトラウス (作曲家 人と作品)

25
3.00
岡田暁生 2014年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 人生は長し、芸術は短し。著者の岡田暁生が言いたいのは、つまりはそういうことか。  たとえその中にシェーンベルクが「進歩主義者」を見出したとはいえ、20... もっと読む

メロドラマ・オペラのヒロインたち

17
3.33
岡田暁生 2015年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オペラって、メロドラマなのよ。 タイトルから想像した、ヒロインについて詳しく掘り下げた本ではなく、オペラって、楽しいものなのよ、大いなるメロドラマ、... もっと読む

アルテス Vol.03

16
4.50
岡田暁生 雑誌 2012年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特集は「レコード・録音・記録」。湯浅学と田口史人の対談での、記録された音についての考察などなど、相変わらずテンション上がりっぱなしで読了。 輪島祐介の連載... もっと読む
全51アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする