岡田淳のおすすめランキング

プロフィール

岡田 淳(おかだ じゅん)
1947年兵庫県生まれ。神戸大学教育学部美術科在学中の1966年に「星泥棒」を自費出版。西宮市内で小学校の図工教師をつとめながら1979年に『ムンジャクンジュは毛虫じゃない』(偕成社)を発表。1981年『放課後の時間割』で「日本児童文学者協会新人賞」を受賞。教壇に立ちながら1年に約1タイトルのペースで作品を発表。数々の賞を受賞する。「こそあどの森」シリーズ(理論社)は国際アンデルセン賞オナーリストとなる。アジア各国では翻訳本も出版されている。岡田淳作品で読書嫌いが治った、本好きになったという人は多い。自著の挿絵も手がけている。
代表作に『二分間の冒険』、『選ばなかった冒険―光の石の伝説』など。

岡田淳のおすすめランキングのアイテム一覧

岡田淳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『二分間の冒険 (偕成社文庫)』や『ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)』や『まよなかの魔女の秘密 (こそあどの森の物語)』など岡田淳の全122作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

二分間の冒険 (偕成社文庫)

904
4.01
岡田淳 1991年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これはどこか児童文学として反則なんじゃないかという気がしてしまうぐらい面白かったです。91年に書かれた本書は時代に依存する部分が一切ないファンタジーなの... もっと読む

ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)

813
4.15
岡田淳 1994年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんてよくできていて、幸せに満ちたお話なんでしょう!自分の子供時代に出会っていたら、どんなにこの本が思い出になり、拠り所となったことか! 1人が好きで、... もっと読む

まよなかの魔女の秘密 (こそあどの森の物語)

444
3.98
岡田淳 1995年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

≪県立図書館≫ 魔女のお話は子供達は大好き。 誰が魔女なんだろう。 どうなっているんだろう。 子供達は待ちきれない様子で、私の朗読に耳を傾け ... もっと読む

選ばなかった冒険―光の石の伝説 (偕成社ワンダーランド (17))

434
4.10
岡田淳 1997年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とってもとっても好きな作品。 とっても考えさせられる内容で、何度も何度も読んだ。 この偕成社ワンダーランドシリーズはお気に入り。 もっと読む

森のなかの海賊船 (こそあどの森の物語 (3))

425
4.12
岡田淳 1995年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ3 見て!表紙。 スキッパ、どんどんたくましくなるな。 また双子が名前かわってんの。 今度はジンジャーとミントだって。 つぎはブラックとホワイト... もっと読む

ユメミザクラの木の下で (こそあどの森の物語)

406
4.13
岡田淳 1998年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こそあどの森シリーズ4作目。 かくれんぼをしたことがないスキッパー。春になり散歩に出かけたところ、広場の木の下で知らない女の子をウサギと間違えて「みぃつけ... もっと読む

はじまりの樹の神話 (こそあどの森の物語)

394
4.12
岡田淳 2001年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

嵐の夜、スキッパーの住むウニマルに、キツネが訪ねてきた。 「手を貸してくれ。死にそうな子がいるんだ」と喋った。喋った?驚きつつもキツネについていくと、巨... もっと読む

二分間の冒険 (偕成社の創作)

373
4.07
岡田淳 1985年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初版の1985年にはすでに大人になっていたので、今まで出会うことなく過ぎてきた本。でも本屋の棚で強烈に心惹かれて購入。 今の私にとって必要な本だったと思... もっと読む

ミュージカルスパイス (こそあどの森の物語)

363
3.93
岡田淳 1999年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

郵便配達のドーモさんが、湯沸かしの家にいくと、なんだか変。 ポットさんとトマトさんの仲がうまくいってないらしい・・・ スキッパーの家に届けられた手紙... もっと読む

びりっかすの神さま (偕成社文庫)

359
4.38
岡田淳 2006年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.1.28 読了。 ・「テストごとに点数順にすわる場所をかえさせる、という実にいやらしい教師がここには出てくる。こういう傷つけかた、いやらしさ... もっと読む

扉のむこうの物語 (名作の森)

322
4.06
岡田淳 2005年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校の宿題で物語を作ることにした少年・行也。ふとしたきっかけで作っていた物語の中に入り込んでしまい、元の世界に戻る方法を探していくファンタジー。 ピンチあ... もっと読む

びりっかすの神さま (新・子どもの文学)

317
4.08
岡田淳 1988年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

娘が3歳の時から本の宅配便を利用していて、知らない本とたくさん出会った。 岡田淳の作品もそう。初めて読んだ時は、何だこれ?という印象。今まで読んだことの... もっと読む

雨やどりはすべり台の下で (偕成社文庫)

311
3.92
岡田淳 1990年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雨森さんが引っこすばん、スカイハウスマンションの部屋の明かりで「アマモリサンサヨナラ」と書いてあるのが面白い見送り方だと思った。 もっと読む

竜退治の騎士になる方法

308
3.81
岡田淳 2003年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これは強烈に面白かったです!!これまで子供に読み聞かせを3年半続けて古今東西の名作を読んできた中で一番面白かったかもしれません。少なくともうちの子のウケ... もっと読む

だれかののぞむもの (こそあどの森の物語)

304
4.08
岡田淳 2005年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こそあどの森シリーズ・7 バーバさんから届いた、珍しく長〜い手紙。しかも、森の皆全員に同じものを。 それは、旅先の村長さんから聞いた、フー... もっと読む

ふしぎの時間割 (偕成社おたのしみクラブ)

298
4.08
岡田淳 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私が読書を好きになったきっかけの本。短編集で、当時小学生だった私でもすらすら読めたことを覚えています。収録されているお話の中でも特に「消しゴムころりん」が... もっと読む

放課後の時間割 (偕成社文庫)

290
4.03
岡田淳 1990年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たまたまここのレビューを読んで即、衝動買い。 読んでよかったと思える本はこれまでにもたくさんあったが、読んで聞かせたいと思う本に、初めて出会った。 リズム... もっと読む

ぬまばあさんのうた (こそあどの森の物語)

265
4.10
岡田淳 2006年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ぬまばあさんのうた 岡田淳 理論社 こそあどの森の物語8 水の精と石読みのお話
石が環境を記憶しているという言い伝えで
それぞれの石の個性にもよる... もっと読む

あかりの木の魔法 (こそあどの森の物語)

265
3.97
岡田淳 2007年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

泣けちゃうくらいええ話やでほんま。 双子が住む湖のほとりにある日テントがはられていました。どうやら、博物学者バーバさんを知っている学者のようです。一体何... もっと読む

霧の森となぞの声 (こそあどの森の物語)

228
3.95
岡田淳 2009年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もうすっかり春、そう思っていたある日、冬に逆戻りの寒い風がふきだしました。作家の仕事に行き詰ったトワイエさんは散歩に出かけました。すると、森でスキッパーを... もっと読む
全122アイテム中 1 - 20件を表示

岡田淳に関連する談話室の質問

ツイートする