岡田温司のおすすめランキング

プロフィール

1954年生まれ。京都大学大学院博士課程修了。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専門は西洋美術史・思想史。著書に『もうひとつのルネサンス』(1994)、『ルネサンスの美人論』(1997)、『モランディとその時代』(以上、人文書院、2003/吉田秀和賞)、『ミメーシスを超えて』(勁草書房、2000)、『マグダラのマリア』(中公新書、2005)、『芸術(アルス)と生政治(ビオス)』(2006)、『フロイトのイタリア』(以上、平凡社、2008/読売文学賞)、『半透明の美学』(2010)『映画は絵画のように』(以上、岩波書店、2016)、『映画とキリスト』(みすず書房、2017)など。編著に『カラヴァッジョ鑑』(人文書院、2001)、『ジョルジョ・モランディの手紙』(みすず書房、2011)など。訳書に、ロンギ『芸術論叢』(全2巻、監訳、中央公論美術出版、1998/1999)、アガンベン『中味のない人間』(共訳、人文書院、2002)『スタンツェ』(ありな書房、2008)『イタリア的カテゴリー』(共訳、みすず書房、2010)『開かれ』(共訳、平凡社/平凡社ライブラリー、2011)など。

「2017年 『映画とキリスト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田温司のおすすめランキングのアイテム一覧

岡田温司のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女 (中公新書)』や『天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔 (中公新書)』や『グランドツアー――18世紀イタリアへの旅 (岩波新書)』など岡田温司の全51作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女 (中公新書)

294
3.48
岡田温司 2005年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新約聖書に於ける"マグダラのマリア(マグダラと呼ばれたマリア)"の認知度はイエスと聖母マリアに次いで大きなものとなっており、ある程度の教養を得てある程度の... もっと読む

天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔 (中公新書)

119
3.40
岡田温司 2016年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●天使と一言に言っても、その時代その場所によってさまざまな描かれ方がしていることがわかり、興味深かった。 もっと読む

グランドツアー――18世紀イタリアへの旅 (岩波新書)

111
3.28
岡田温司 2010年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もしも私が18世紀イギリス貴族の令嬢だったら、 グランドツアーに行きます、ぜったいに。 アルプスの山々を超えて、イタリアに点在する湖に立ち寄ります... もっと読む

アダムとイヴ - 語り継がれる「中心の神話」 (中公新書)

109
3.65
岡田温司 2012年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古代の宗教から現代の科学(ミトコンドリア・イヴとY染色体アダム)、政治から社会、思想から文化、文学から芸術まであらゆる領域に跨って浸透し、根底で生き続けて... もっと読む

キリストの身体―血と肉と愛の傷 (中公新書)

103
3.76
岡田温司 2009年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イエスが本当はどんな姿をしていたのかではなくて、彼がいかにイメージされてきたのかということ。 キリストの醜さはほかでもなく神が人間へ降りてきたことの証拠... もっと読む

処女懐胎―描かれた「奇跡」と「聖家族」 (中公新書)

101
3.63
岡田温司 2007年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イエス・キリストの母マリアを中心に、"養父"ヨセフや"マリアの母"アンナが中世では、どのように考えられていたか、旧約聖書、新約聖書、聖書外典からスタートし... もっと読む

黙示録――イメージの源泉 (岩波新書)

90
2.83
岡田温司 2014年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結局「黙示」「黙示録」とは何なのか、わからなかった。 ユダヤ教とキリスト教で、象徴的表現で、未来の預言特に終末のときを記したものらしいが、 それがキリス... もっと読む

デスマスク (岩波新書)

79
3.79
岡田温司 2011年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「サケル」の意味の両義性(聖なるものと呪われたものの二重性)について、繰り返しが多いのが玉に瑕だけれど、なかなかに卓越した議論を展開している。デスマスク論... もっと読む

半透明の美学

77
4.13
岡田温司 2010年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリストテレスの「ディアファネス」の概念をヒントに美術史を読み解くもの。 透明か不透明かという二元論的な思考様式で理解するのではなく、その中間のグレ... もっと読む

虹の西洋美術史 (ちくまプリマー新書)

69
3.88
岡田温司 2012年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古典画からカンディンスキーまで、虹の描かれた西洋画を年代に沿って考察。虹の絵なのに絵がカラーじゃないものがあるのは残念だけれど、新書ではしょうがないですね... もっと読む

アートと音楽 ──新たな共感覚をもとめて

56
3.80
坂本龍一 2012年11月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現美で開催された展覧会についての単行本. 共感覚「をめざして」というところが言い得て妙. 岡田温司さんの文章が特に面白かった もっと読む

ジョルジョ・モランディ-人と芸術 (平凡社新書)

49
3.67
岡田温司 2011年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

〝静寂〟〝静謐〟〝ストイック〟等々・・・モランディの作品を目にしたとき、誰もがこのような印象を持つのではないでしょか?また、ピカソやデュシャンと同時代に生... もっと読む

レオナルド・ダ・ヴィンチと受胎告知 (平凡社ライブラリー)

48
3.80
岡田温司 2007年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生の時強い印象を受けたのが、エル・グレコの「受胎告知」。既に30年以上前の話。 キリスト教において大きな意味を持つこのテーマを題材とした絵画はとても... もっと読む

フロイトのイタリア―旅・芸術・精神分析

48
3.57
岡田温司 2008年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フロイトは大のイタリア通であった。本書は彼のイタリア体験を膨大な書簡等から再構成、精神分析理論に刻印された長靴の半島の楔を明かす刺激的な一書。上質のイタリ... もっと読む

『ヴィーナスの誕生』視覚文化への招待 (理想の教室)

47
3.81
岡田温司 2006年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵画鑑賞の手引き。 ボッティチェリの、ヴィーナスの誕生と、春というふたつの作品を、段階を追って鑑賞していく。 説明がていねいで、わかりやすくて良かった。 ... もっと読む

映画は絵画のように――静止・運動・時間

46
4.50
岡田温司 2015年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(「BOOK」データベースより) 19世紀末に産声を上げた映画は、絵画の長い歴史からいかなる影響を受けてきたのか。運動と静止、物語性と非‐物語性、イリュ... もっと読む

アガンベン読解

35
4.33
岡田温司 2011年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

潜勢力などの概念ごとにアガンベンの思想をまとめたもの。まだちょっとよくわからない。 もっと読む
全51アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする