岡野八代のおすすめランキング

プロフィール

おかの・やよ
同志社大学グローバルスタディーズ研究科教授。
政治学、政治思想。
著書に
『法の政治学』(青土社)、
『シティズンシップの政治学』(白澤社)、
『フェミニズムの政治学』(みすず書房)、
『戦争に抗する――ケアの倫理と平和の構想』
(岩波書店)。
共著に『憲法のポリティカ
――哲学者と政治学者の対話』(白澤社)。
訳書に
アイリス・マリオン・ヤング
『正義への責任』(岩波書店)、
エヴァ・フェダー・キテイ
『ケアの倫理からはじめる正義論』(白澤社)など。

「2018年 『思想の廃墟から』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡野八代のおすすめランキングのアイテム一覧

岡野八代のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『フェミニズムの政治学―― ケアの倫理をグローバル社会へ』や『現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアル』や『現代思想 2018年7月号 特集 性暴力=セクハラ ―フェミニズムとMeToo―』など岡野八代の全18作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

フェミニズムの政治学―― ケアの倫理をグローバル社会へ

66
4.17
岡野八代 2012年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 すべての人は生まれるとき、病んだ時、亡くなる時、必ずケアを必要とする。その声に時に葛藤しながら、母たちは応えることしか、他に選択肢はない。  著者は、... もっと読む

現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアル

49
3.67
東小雪 2015年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん、結局よくわからん。会社に買ってもらうよう要望出したが・・・ もっと読む

現代思想 2018年2月号 特集=保守とリベラル ―ねじれる対立軸―

26
4.00
大澤真幸 2018年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなかすべて読み切れないが、保守とリベラルの意味がなんとなく分かってきた。日本で矛盾が起こる歴史的背景も。 もっと読む

戦争に抗する――ケアの倫理と平和の構想

24
4.00
岡野八代 2015年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、9.11、「慰安婦」問題、憲法改正といった議論を巻き起こしてきた政治的事例を、ケアの倫理という観点から考察している。個別の現実的事例から立憲主義と... もっと読む

グローバル・ジャスティス―新たな正義論への招待

23
3.00
内藤正典 2013年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人権実現の方法とは、世論を喚起しグローバルな市民を動員すること。 世界大で拡大する食糧の歪な分配の背後には20世紀末以降、急速に広がったグローバリゼーシ... もっと読む

思想の廃墟から: 歴史への責任、権力への対峙のために

12
5.00
鵜飼哲 2018年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架 369.3A/U58s//K もっと読む

戦争と平和を問いなおす: 平和学のフロンティア

6
君島東彦 2014年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国内にいける主権を互いに尊重しあうことを原則として、諸国家はすべて平等な権力をもつことを前提とする対外的なルールが西欧世界に限られていたとはいえ、国際秩序... もっと読む

現代思想2019年3月臨時増刊号 総特集=ジュディス・バトラー――『ジェンダー・トラブル』から『アセンブリ』へ

4
2.00
ジュディス・バトラー 電子書籍 2019年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北田先生にディスられていると聞いて読んでみたけどわからなかった。というかでたらめなのではないか。五十嵐舞先生のは意外におもしろい。 もっと読む
全18アイテム中 1 - 18件を表示
ツイートする