岡野大嗣のおすすめランキング

プロフィール

1980年、大阪府生まれ。歌人。2014年に第一歌集『サイレンと犀』(書肆侃侃房)。2017年、木下龍也との共著歌集『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』(ナナロク社)。反転フラップ式案内表示機と航空障害灯をこよなく愛する。
Twitter:@kanatsumu

「2019年 『たやすみなさい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡野大嗣のおすすめランキングのアイテム一覧

岡野大嗣のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ(1400円+税 ナナロク社)』や『たやすみなさい (現代歌人シリーズ27)』や『サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16)』など岡野大嗣の全9作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ(1400円+税 ナナロク社)

445
3.86
木下龍也 2017年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生男子っぽい斜に構えた感じがうまいこと出ていた。そういうコンセプトだからなのか、詩としてのクオリティはいまひとつ…? もっと読む

たやすみなさい (現代歌人シリーズ27)

346
4.25
岡野大嗣 2019年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の関わった本のなかではいちばん好きかもしれない。嫌いなものよりも好きなものを書いた短歌が多いからか、全体的にかわいくてポップだなあという印象。 貼っ... もっと読む

サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16)

335
4.32
岡野大嗣 2014年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自由律短歌というのでしょうか。先日「たやすみなさい」を読んでその自由さにワクワクしました。 曲がりなりにも作詞をする人間の一人として、この何にも縛られるこ... もっと読む

今日は誰にも愛されたかった(1200円+税、ナナロク社)

243
4.13
谷川俊太郎 2019年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短歌も詩も、何か裏の意味があるはずで解釈しなくてはいけないと読むのではなく、書きたくて書いたので意味なんてないし、書き手自身に起きた体験と思って推察するこ... もっと読む

文学ムック たべるのがおそい vol.2

151
3.57
金原瑞人 2016年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たべるのがおそいvol.2をようやく。 たべるのがおそいですが、面白かったです。 今回の特集の「地図ー共作の実験」、津村記久子「私たちの数字の内訳」、... もっと読む

サイレンと犀 新鋭短歌シリーズ

7
5.00
岡野大嗣 電子書籍 2016年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

えっめっちゃ良かったで!!!短歌初めてなんだけどめっっちゃ良かった!!短歌ってさ……良くね……?短歌ってさ……気軽に読める短編小説じゃね……??雰囲気めち... もっと読む
全9アイテム中 1 - 9件を表示
ツイートする
×