岩井三四二のおすすめランキング

プロフィール

1958年岐阜県生まれ。一橋大学卒業。1996年「一所懸命」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。98年『簒奪者』で歴史群像大賞、2003年『月ノ浦惣庄公事置書』で松本清張賞、04年『村を助くは誰ぞ』で歴史文学賞、08年『清佑、ただいま在庄』で中山義秀賞、14年『異国合戦 蒙古襲来異聞』で本屋が選ぶ時代小説大賞2014をそれぞれ受賞。『太閤の巨いなる遺命』『天下を計る』『情け深くあれ』など著書多数。

「2017年 『絢爛たる奔流』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩井三四二のおすすめランキングのアイテム一覧

岩井三四二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『三成の不思議なる条々』や『田中家の三十二万石』や『異国合戦 蒙古襲来異聞』など岩井三四二の全198作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

三成の不思議なる条々

150
3.71
岩井三四二 2015年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

関ヶ原から30年。とある人物の依頼で関ヶ原について調べることになった一人の町人が、江戸上方と様々な人を訪ね真実を聞いて歩く。関ヶ原とは何だったのか、石田三... もっと読む

田中家の三十二万石

88
3.09
岩井三四二 2021年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国末期、秀吉と同様に百姓から出発し、最終的には筑後三十二万石の国主となった田中久兵衛の一代記です。 食べることさえ苦労し先の見えない百姓を嫌い、朝井の... もっと読む

異国合戦 蒙古襲来異聞

82
3.61
岩井三四二 2014年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元寇について何か面白い本を探していたら、作家の伊東潤さんにオススメ頂いて(しかも他の作家の作品・汗)読んだのだが、とてもおもしろい小説でした。非常に広範囲... もっと読む

難儀でござる

80
3.33
岩井三四二 2006年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代の武将や足軽を主人公にそれぞれの人生の一コマを切り取って語ってみせるという短編連作。ひとつずつの話の最後に、史実に沿った後日談が付されており、幼名... もっと読む

光秀曜変

73
3.78
岩井三四二 2012年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

またまた光秀謀反の新説です。本作は「光秀は惚けていた!」 ホンマかいな。本能寺の変時点で光秀は67歳だったとする資料が有るそうです。そこから先は著者の想... もっと読む

とまどい本能寺の変

70
2.90
岩井三四二 2014年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

視点が面白い。本能寺の変そのものを題材とせず、結果、波及した物語を紡ぐという視点。そういう描き方があったかぁ。という感じだ。 その時何が起きたではないが... もっと読む

難儀でござる (光文社時代小説文庫)

66
3.58
岩井三四二 2009年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩井三四二さん、初めて読んだ。面白かった。登場人物を通した視点から、様々な難儀が生き生きと描かれている。出てくる主役が、いつもの信長や家康でなく、そこが知... もっと読む

政宗の遺言

66
3.41
岩井三四二 2018年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政宗の生き方に心を打たれる。そして先祖代々黒脛巾組として活躍していた小姓鉄五郎の無知だった伊達家の内情を語り部から聞くことによって政宗の心情に寄り添いそし... もっと読む

天下を計る

60
3.87
岩井三四二 2016年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豊臣秀吉を支えた、長束正家。算用者の目線で、戦国の世を描く時代小説。 どんな軍勢も、食べ物が不足すれば士気が下がるし、実力も発揮できない。大きくなればな... もっと読む

とまどい関ヶ原

55
3.32
岩井三四二 2010年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家康でも三成でも無い脇役達の関ヶ原。家老、兵卒、小大名、後継候補。それぞれの立場で知恵を絞り天下分け目の大戦を乗り切ろうと奮闘する。 もっと読む

月ノ浦惣庄公事置書 (文春文庫)

54
3.73
岩井三四二 2006年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国宝指定された「菅浦文書」に基づく作品です。時代も場所も歴史小説としてはマイナー。 時代は1440年頃。「籤引き将軍」と呼ばれた6代将軍・足利義教が恐怖... もっと読む

あるじは信長

52
3.24
岩井三四二 2009年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩井さんの本を続けて2冊。独特の路線を行くが、面白みはある。感動はしないので、★3つとしましたが。。。まとめ方がうまい! 良い意味でも、悪い意味でも... もっと読む

天命

52
3.00
岩井三四二 2019年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大内、尼子の二大勢力に翻弄されながらも、毛利家を一大勢力に押し上げた毛利元就。この生涯をひもとくと、まさに猛悪無道な武将の人生であった。 凄まじいの一言。 もっと読む

サムライ千年やりました

49
2.71
岩井三四二 2012年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の歴史 無名の人々のお話 もっと読む

太閤の巨いなる遺命

49
3.00
岩井三四二 2015年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストーリーとしては、ラストの方以外は全く意外感がない。 当時の海戦とか、船の取り扱いを丁寧に描いているのは好感が持てるというか、素直に面白かった。 んが、... もっと読む

踊る陰陽師―山科卿醒笑譚

47
3.22
岩井三四二 2008年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終えました。 ほとんどの作品の後味があまり良くない、放りっぱなしな印象を受けてしまった。天下無敵のだんまり侍は良かった。私と同じこと悩んでなさる。人の... もっと読む

清佑、ただいま在庄 (集英社文庫)

47
3.70
岩井三四二 2010年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっと見つけました。こういう小説が読みたかったんだよ! もっと読む

霧の城

47
3.37
岩井三四二 2011年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

織田信長の叔母にして、武田信玄の家臣である秋山虎繁の妻となったおつやの方。その悲劇の生涯を描く。 もっと読む

あるじは信長 (PHP文芸文庫)

46
3.40
岩井三四二 2014年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秀吉などの有名どころの話ではなく、名もないような家来衆の話。 皆、信長の悋気を怖れながらも出世を望む。 もっと読む

十楽の夢 (文春文庫)

45
3.63
岩井三四二 2007年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長島一向一揆を題材にした作品。主人公は伊勢で廻船業を営む弥三郎という架空の人物。前半は戦国時代の商人としての生き様が描かれているが後半はガラリと変わり新し... もっと読む
全198アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×