岩原明子のおすすめランキング

岩原明子のおすすめランキングのアイテム一覧

岩原明子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ラプソディ 上―血脈の子 (ハヤカワ文庫 FT ヘ 4-1)』や『エラントリス鎖された都の物語 上 (ハヤカワ文庫 FT サ 1-1)』や『異教の女王 (ハヤカワ文庫 FT フ 4-1 アヴァロンの霧 1)』など岩原明子の全78作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

ラプソディ 上―血脈の子 (ハヤカワ文庫 FT ヘ 4-1)

177
3.64

感想・レビュー

 壮大な設定で面白いと思っていたら、話が分からなくなってきた・・最後まで読めるか不安だ! もっと読む

異教の女王 (ハヤカワ文庫 FT フ 4-1 アヴァロンの霧 1)

130
3.69

感想・レビュー

これ系のファンタジーに軽く苦手意識を抱いてたんですけれど。なかなか面白かったです。 女として道具のように政治のために使われていく主人公達の生き方にのめり込... もっと読む

エラントリス 鎖された都の物語〈下〉 (ハヤカワ文庫FT)

126
3.98

感想・レビュー

図書館で。 聖地のような場所が一晩で呪われた都市になってしまう、という発想が面白い。そして変化により死んだと思われている人たちが自分に与えられた役割を果... もっと読む

プロフェシイ 下―大地の子 ハヤカワ文庫 FT ヘ 4-4

93
3.58

感想・レビュー

シリーズ第2部の下巻。これまでの伏線が一気にとけてきた。あとは、ラストに向けて進むだけ、という印象が強く残る。 これまで出てきていた、ラスボス?の部下に... もっと読む

魔術師の帝国 (ハヤカワ文庫 FT フ 2-12 リフトウォー・サーガ 第 1部1)

92
3.82

感想・レビュー

中学生の頃ファンタジー小説にはまっていたオイラ。中でも一番夢中になって読んだのがこれだった。 夜中までベットの明かりだけで読んだ記憶がある。オイラの視... もっと読む

デスティニイ 下―大空の子 ハヤカワ文庫 FT ヘ 4-6

83
3.83

感想・レビュー

シリーズ完結。 なんかモヤっとイラっとするけど、ハッピーエンドなのね もっと読む

円卓の騎士 (ハヤカワ文庫 FT フ 4-4 アヴァロンの霧 4)

76
3.75

感想・レビュー

長い物語もこれで終わり。若々しかった登場人物がいつの間にか老いていく描写は、なんとも侘びしい。様々な人物の思惑と思想が交差する構成と筆力はすごい。しかし王... もっと読む

牡鹿王 (ハヤカワ文庫 FT フ 4-3 アヴァロンの霧 3)

73
3.72

感想・レビュー

不妊問題に安楽死と、所々に出てくる人間の悩みがやたら生々しい。ヴィヴィアンにマーリンと偉大な先達が亡くなってしまった中、残された者たちだけでやりくりしなけ... もっと読む

魔術師の帝国 上 (ハヤカワ文庫 FT 60)

70
3.52

感想・レビュー

<blockquote> -『魔術師の帝国』(上)(下) Magician ISBN4-15-020060-2、ISBN4-15-020061-0  -『... もっと読む

水の都の王女 上 (ハヤカワ文庫 FT キ 1-1)

68
3.37

感想・レビュー

 一神教と多神教を信奉する社会が同時に存在している世界観。しかし、上巻ではまだ二つの世界は邂逅していないため楽しみは下巻に持ち越しである。  ダブル... もっと読む

異世界の虜囚 (ハヤカワ文庫 FT フ 2-13 リフトウォー・サーガ 第 1部2)

56
3.72

感想・レビュー

前半の折り返し地点。物語の展開が大きくなっていく場面が、舞台背景のイメージと一緒に広がって行きます。 もっと読む

帝国の娘 上 (ハヤカワ文庫 FT フ 7-1)

53
3.74
岩原明子 1989年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは「リフト・ウォー・サーガ」というファンタジーシリーズの外伝にあたる本なんですが、なんでか私はこの外伝から読んでしまいました。そしてはまった。外伝では... もっと読む

偉大なる者 (ハヤカワ文庫 FT フ 2-14 リフトウォー・サーガ 第 1部3)

51
3.56

感想・レビュー

第一部の展開では、ひと休み。次の巻から第一部の中後半に移ります。クライマックスに向けて静かに盛り上がる気分が、読み手に沁みこみます。 もっと読む

水の都の王女 下 (ハヤカワ文庫 FT キ 1-2)

50
3.19

感想・レビュー

 珍しく上巻と下巻で印象があまり変わらなかった作品。ただ一神教と多神教の世界観に対する考え方が全ては多神教の世界という事で落ち着いてしまったのはちょっと残... もっと読む
全78アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×