岩淵達治のおすすめランキング

プロフィール

学習院大学名誉教授。演出家。専門はドイツ演劇。

「2009年 『ブレヒト 音楽と舞台』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩淵達治のおすすめランキングのアイテム一覧

岩淵達治のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『三文オペラ (岩波文庫)』や『ブレヒト (センチュリーブックス 人と思想 64)』や『クルト・ヴァイル―ブレヒト演劇からブロードウェイ・ミュージカルへ (1985年)』など岩淵達治の全34作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

三文オペラ (岩波文庫)

248
3.35

感想・レビュー

現象の再現でなく、異化効果を重視すると言われるブレヒトの演劇。政治やマルクス主義との関わりがあるというから、小難しい演劇かと思ったら、台本はとっても読みや... もっと読む

ブレヒト (センチュリーブックス 人と思想 64)

8
4.00

感想・レビュー

ブレヒトの精神がよくわかる一冊。 もっと読む

ブレヒト―戯曲作品とその遺産 (精選復刻紀伊国屋新書)

3
3.00
岩淵達治 1994年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

OPAC→ http://libopac.josai.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=4000004475 図書館ではこちら... もっと読む

水晶の夜、タカラヅカ

2
4.00
岩淵達治 2004年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宝塚歌劇が初めて行った海外公演について(出典の記載法が雑でちょっと困るが)しっかり調査しているようで良。ただ、宝塚のレパートリーや小林一三の西洋音楽移入論... もっと読む

ブレヒト作業日誌〈1〉1938-41年 (1976年)

2
5.00

感想・レビュー

これ買わないとな。図書館のじゃ書き込めない。 デンマーク、スウェーデン、フィンランド亡命時代。 グレーテの最期は何故か涙が止まらなかった。 もっと読む

ブレヒト作業日誌〈3〉1942~47年 (1977年)

1
4.00
岩淵達治 1977年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカ亡命時代2。 あまり収穫ない? 戦局の話題多し。 もっと読む

ブレヒト作業日誌〈4〉1947-55年 (1977年)

1
5.00
岩淵達治 1977年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作業日誌にはほとんど一度もズーアカンプの名前が出てこない。 ブレヒトにおいては、ある意味驚くべきことかも知れない。 作業日誌を通して、研究発表のた... もっと読む

ブレヒト作業日誌〈2〉1941-42年 (1976年)

1
5.00

感想・レビュー

アメリカ亡命時代1。 当地の環境はブレヒトにとっても相当きつかったみたいだ。 もっと読む
全34アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする