岩田健太郎のおすすめランキング

プロフィール

1971年、島根県生まれ。神戸大学大学院医学研究科・微生物感染症学講座感染治療学分野教授。神戸大学都市安全研究センター教授。ニューヨークで炭疽菌テロ、北京でSARS流行時、またアフリカではエボラ出血熱の臨床を経験。帰国後は亀田総合病院(千葉県)に勤務。感染症内科部長、同総合診療・感染症科部長を歴任する。著書に『「感染症パニック」を防げ!?リスク・コミュニケーション入門』『予防接種は「効く」のか?』『1秒もムダに生きない』(以上が光文社新書)、『感染症は実在しない』(集英社インターナショナル)、『「患者様」が医療を壊す』(新潮選書)、『主体性は教えられるか』(筑摩選書)、『インフルエンザ なぜ毎年流行するのか』(KKベストセラーズ)など著書多数。

「2020年 『新型コロナウイルスの真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩田健太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

岩田健太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方 (光文社新書 525)』や『絵でわかる感染症 with もやしもん (KS絵でわかるシリーズ)』や『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える (光文社新書)』など岩田健太郎の全150作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方 (光文社新書 525)

670
3.67
岩田健太郎 2011年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

優先順位付けやTo do list作成はせずに、自分がいま一番やりたいことをやる。今日は即座にこれを行動に移してちょっとだけと思ったのを一気に読んでしまっ... もっと読む

絵でわかる感染症 with もやしもん (KS絵でわかるシリーズ)

447
3.63
岩田健太郎 2015年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

借りたもの。 感染症の定義から、感染症を引き起こす微生物について、それに対抗する抗菌薬の開発から種類まで、多岐にわたる話が初心者に解る範囲?で書かれた本... もっと読む

予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える (光文社新書)

386
3.81
岩田健太郎 2010年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

予防接種に限らず、医療行為においては「とりあえず試してみる」にしてもテールリスクがついてまわる。 好き嫌いを排除せよ、というのではなく、好き嫌いは「ある... もっと読む

99・9%が誤用の抗生物質 医者も知らないホントの話 (光文社新書)

272
3.91
岩田健太郎 2013年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の抗生物質は「効かなくてもいいから副作用だけは起こすな」という考えで少量でバンバン処方して、バンバン耐性菌を作っている。 かぜと抗生物質が必要な肺炎... もっと読む

「患者様」が医療を壊す (新潮選書)

242
3.79
岩田健太郎 2011年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

迴セ蝨ィ縺ョ蛹サ逋ゅ?蝠城。後r隱ー縺ォ繧ゅo縺九j繧?☆縺上?√>繧阪>繧阪↑遶句?エ縺ァ霑ー縺ケ縺ヲ縺?k?医→縺?▲縺ヲ繧ょ現蟶ォ縺九i縺ョ隕也せ縺... もっと読む

新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書)

227
4.18
岩田健太郎 2020年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

買ってみたはいいけれど、果たして、TVのニュースや情報番組以上の有益な情報はあるのかと疑問がありました。 結果は読んで大変よかったと思います。 3... もっと読む

「感染症パニック」を防げ! リスク・コミュニケーション入門 (光文社新書)

201
3.89
岩田健太郎 2014年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感染症の対応以上に、リスクコミュニケーションのほうが大事。今の政府では無理。 もっと読む

「リスク」の食べ方―食の安全・安心を考える (ちくま新書)

180
3.61
岩田健太郎 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

p160 要約 リアルな医学的議論は「各論的に」行われなければならない 「抗がん剤が効かない」というのなら ・どのガンのどのステージにおいて ・ど... もっと読む

主体性は教えられるか (筑摩選書)

163
3.79
岩田健太郎 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主体性とやる気は違う。ぼくはそう考えている。  やる気はだれもが持っている 主体性とは、自律性と周囲との調和 cf 思考停止状態 詰込み型学習... もっと読む

有事対応コミュニケーション力 (生きる技術!叢書)

154
3.65
鷲田清一 2011年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東日本大震災を中心としたメディアや情報伝達について、そのあり方を有識者の方々が対談されたものです。 特に印象に残った、というより再認識させられたのは... もっと読む

医療につける薬: 内田樹・鷲田清一に聞く (筑摩選書)

139
3.92
岩田健太郎 2014年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たばこ、酒が自分を変化させるきっかけになる。 もっと読む

ためらいのリアル医療倫理 ~命の価値は等しいか? (生きる技術!叢書)

136
3.80
岩田健太郎 2011年9月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル通りの話。理想論を持つ事は重要だけど、実際の医療現場でそれを振りかざすのは逆に悪になりかねない。白黒で決着つけられない世界だからこその難しさがある... もっと読む

もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典

129
3.61
岩田健太郎 2017年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 菌たちが活発に活動する季節になり、抵抗力が弱まるとインフルエンザウイルスや風邪などに捕まりやすい厄介な細菌たちを「もやしもん」の作者と著者がタッグを組み... もっと読む

抗菌薬の考え方、使い方Ver.3

117
4.50
岩田健太郎 2012年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

がんばって書きましたが、仮面ライダーは後付けです、、、 もっと読む

絶対に、医者に殺されない47の心得

109
3.73
岩田健太郎 2013年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二番煎じではなくこっちが王道 とてもバランスの取れた納得できる内容。 わかりやすい極論やマスコミの見分け方もあります。 以下メモ---> ... もっと読む

感染症は実在しない: 構造構成的感染症学

107
3.91
岩田健太郎 2009年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

構造構成的感染症学という副題や導入に構える必要はない、とても読みやすいエッセイに近い本。自分の健康観(病気観・治療観)に合っていて、そうだそうだ!と膝を打... もっと読む

食べ物のことはからだに訊け!: 健康情報にだまされるな (ちくま新書)

90
3.54
岩田健太郎 2015年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブックオフで見かけてタイトルが気になり、図書館でリクエストして借りて読む。 最初は純粋に健康に関する関心から手に取ったのだけど、読み進むうち、これが... もっと読む

ワクチンは怖くない (光文社新書)

74
3.43
岩田健太郎 2017年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

HPVワクチンによる全身の痛みという副作用の報道を見て、怖いと思った。しかし、著者は、ワクチンは通常の医療行為と同様に一定のリスクがあり、副作用のみを過大... もっと読む
全150アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする