岸上大作のおすすめランキング

プロフィール

岸上大作(きしがみ・たいさく)
1939年、兵庫県神崎郡福崎町生まれ。5歳の時に父が戦病死。祖父、母、大作、妹の4人家族の家計を母がひとりで支えた。1958年福崎高校を卒業、國學院大學へ進学。短歌研究会に入会し、高校時代に始めた短歌創作に打ち込んでゆく。1960年、連作「意志表示」が「短歌研究」新人賞候補作となり学生歌人として歩み始めるが、同年12月5日、絶筆「ぼくのためのノート」を遺し自ら命を絶つ。翌年、友人たちの手により遺作集『意志表示』が刊行された。

「2020年 『「恋と革命」の死 岸上大作』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸上大作のおすすめランキングのアイテム一覧

岸上大作のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『意志表示 (角川文庫)』や『岸上大作歌集 (現代歌人文庫 18)』や『「恋と革命」の死 岸上大作 (夭折の系譜)』など岸上大作の全10作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

意志表示 (角川文庫)

17
3.00

感想・レビュー

080916購入。080919読了。 岸上は日記の中で、自分の自殺は完全に失恋によるものだと謳っている。センチメンタルすぎたのだろう彼は。しかし、だから... もっと読む

岸上大作歌集 (現代歌人文庫 18)

7
3.00

感想・レビュー

初読。歌人岸上大作は安保闘争と恋愛に挫折し1961年、21歳で自死した。1955年に55年体制が成立した際、共産党は大衆支持を得るため六全協でそれまでの武... もっと読む

岸上大作全集 (1980年)

1
3.00

感想・レビュー

2009/ 2009/ 寺山修司短歌論集より。 もっと読む
全10アイテム中 1 - 10件を表示
ツイートする
×