岸本佐知子のおすすめランキング

プロフィール

翻訳家。おもな訳書に、S・タン『内なる町から来た話』、L・ベルリン『掃除婦のための手引き書』、M・ジュライ『最初の悪い男』、著書に『ひみつのしつもん』など。『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞受賞。

「2021年 『ウサギ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸本佐知子のおすすめランキングのアイテム一覧

岸本佐知子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)』や『ねにもつタイプ (ちくま文庫)』や『掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集』など岸本佐知子の全108作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)

1841
3.72

感想・レビュー

黄色な装丁がもう素晴らしく素敵なのです。 この色とデザインにふらふら惹かれて手にとってすぐに読みました。 ああ好き、この感じ。 16のお話... もっと読む

ねにもつタイプ (ちくま文庫)

1729
4.04
岸本佐知子 2010年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岸本佐知子さんは妄想癖の半端ないおかしな人というイメージを持って読み始めた。 最初のエッセイ読了。あれ?まあまあ普通じゃないか? 読み進めて遭遇した「... もっと読む

掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集

1612
4.09
ルシア・ベルリン 2019年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

洋画というものを初めて見たのは10歳頃だったか。 ストーリーとは全く無関係の人間が唐突に現れることにかなり衝撃を覚えた。 主役のふたりが話している間を... もっと読む

気になる部分 (白水uブックス)

1130
4.08
岸本佐知子 2006年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たいして読んでないのに言うのもなんだけど、岸本さんのエッセイ、面白すぎ。さくらももこのエッセイを好んで読んでいた頃と同等の満足度を感じてます。もちろん褒め... もっと読む

なんらかの事情

1022
3.96
岸本佐知子 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前々から読んでみようと思っていたのに、書店や図書館に行くと作者の名前も本のタイトルも思い出せなくて、なんだったかな…と思っていた本なのですが、やっと思い出... もっと読む

あなたを選んでくれるもの (新潮クレスト・ブックス)

960
4.02

感想・レビュー

映画監督、パフォーマー、小説家といろんな顔を持つミランダ・ジュライのフォト・ドキュメンタリー。 フリーペーパーの売買広告で出逢った人々にいろいろインタビ... もっと読む

遠い町から来た話

911
4.18
ショーン・タン 2011年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはまた面白い!15の短い話と絵からなる本作。一番ホッコリするのは「エリック」ですが、他の話もなかなか深いですよね。ショーン・タンの絵本は最初、うん??... もっと読む

『罪と罰』を読まない

890
3.86
岸本佐知子 2015年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ついこの前、『罪と罰』(光文社古典新訳文庫全3巻)を読了した僕が本書を読んでみました。 つまり   「『罪と罰』を読んでから『『罪と罰』を読まない』を... もっと読む

ねにもつタイプ

782
3.86
岸本佐知子 2007年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岸本さんのエッセイ最新作の『ひみつのしつもん』(筑摩書房)を読むのがとても楽しみで、そのわくわく感を高めるために前2作のエッセイ集を再読することに。 以... もっと読む

最初の悪い男 (新潮クレスト・ブックス)

681
3.71
ミランダジュライ 2018年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

予備知識無しでタイトルと装丁でなんとなく借りてみたら、全く予想もしなかった内容で、戸惑いながら読み進む。43歳で独り暮らしが長いシェリルはそれほど社交的で... もっと読む

ひみつのしつもん (単行本)

667
4.02
岸本佐知子 2019年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気楽に楽しめたエッセイ集。以前読んだ鴻巣さんもそうだが、翻訳家の方は妄想癖や面白いエピソードの表現力がすごい。訳す本に憑依しちゃったりするのだろうか?『海... もっと読む

中二階 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

615
3.59

感想・レビュー

はじめて友達になれそうなアメリカ人を見つけた気がする。 当然のことではあるが、アメリカ人だからといって「ヘンベーガー!コゥカコーラ!テキサース!」みたい... もっと読む

なんらかの事情 (ちくま文庫)

611
4.01
岸本佐知子 2016年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岸本佐知子さん:この人の思考回路は全くもって謎ですね。 スーパーコンピューター富岳を独占使用し、最新鋭のAIに解析させても予測不能に違いありません。 ... もっと読む

セミ

576
3.96
ショーン・タン 2019年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

衝撃的な本だ。17年間ひたすら働き、昇進もなく残業は1人でこなし、虐められトイレも使わせてもらえない。定年を迎えて1人屋上に立つセミ。脱皮して飛び立つ姿は... もっと読む

変愛小説集

558
3.75
岸本佐知子 2008年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かを求める心についての短編集。自分が欲深過ぎるせいか、いわゆる恋愛のバリエーションであるような話には(不思議ちゃんのドヤ顔が思い浮かばれて)あまり興味を... もっと読む

エリック

539
4.26
ショーン・タン 2012年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

5分で読める文庫本サイズの小さな絵本ですが、凄く心に残りました。普段フランス人と付き合っている私は、異国からやってきた交換留学生との距離感の取り方、「きっ... もっと読む

エドウィン・マルハウス (河出文庫)

504
3.98

感想・レビュー

スティーヴン・ミルハウザーの処女作を読了。 これまでに読んだミルハウザーの小説『マーティン・ドレスラーの夢』『ナイフ投げ師』では、いずれも際限のない人間... もっと読む

短くて恐ろしいフィルの時代

468
3.64

感想・レビュー

国民が一度に一人しか入れない、小さな小さな〈内ホーナー国〉と、それを取り囲む〈外ホーナー国〉という設定だけで既になにやら可笑しいのに、どうも人物たちも人間... もっと読む

内なる町から来た話

437
4.11
ショーン・タン 2020年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もったいなくて1日2個ずつくらいに抑えてたけど、ついに読み終わってしまった。お話も絵も本当に素晴らしい。これしかない言葉が静かに連なる文章を追ううちに見た... もっと読む

ほとんど記憶のない女 (白水Uブックス)

434
3.78

感想・レビュー

小説として異質と感じずにはいられないし形式も内容も様々だけど、たしかに同じ作家の筆による作品だとも強く感じた。 「読んだあと、世界が違って見える」という... もっと読む
全108アイテム中 1 - 20件を表示

岸本佐知子に関連する談話室の質問

ツイートする
×