岸由二のおすすめランキング

プロフィール

1947年東京生まれ。横浜市立大学生物科卒業。東京都立大学理学部博士課程修了。慶應大学名誉教授。進化生態学。流域アプローチによる都市再生に注力し、鶴見川流域、多摩三浦丘陵などで実践活動を推進中。NPO法人鶴見川流域ネットワーキング、NPO法人小網代野外活動調整会議、NPO法人鶴見川源流ネットワークで代表理事。著書に『自然へのまなざし』(紀伊國屋書店)『流域地図の作り方』(ちくまプリマー新書)。訳書にウィルソン『人間の本性について』(ちくま学芸文庫)、共訳にドーキンス『利己的遺伝子』(紀伊國屋書店)など。

「2021年 『生きのびるための流域思考』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸由二のおすすめランキングのアイテム一覧

岸由二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『利己的な遺伝子 <増補新装版>』や『利己的な遺伝子 40周年記念版』や『利己的な遺伝子 (科学選書)』など岸由二の全32作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

利己的な遺伝子 <増補新装版>

3296
3.94

感想・レビュー

一、全体として何に関する本か  「利己的遺伝子」はネオダーウィニズムと言われるダーウィンの主の起源を深化さたものである。ダーウィニズムでは、自然淘汰の単... もっと読む

利己的な遺伝子 40周年記念版

1943
4.10

感想・レビュー

本書はリチャード・ドーキンス博士の古典的名著。 生物の遺伝子がどのように進化していったかが論じられている。 数年前に一度手に取ったのだが、その時は... もっと読む

利己的な遺伝子 (科学選書)

849
3.80

感想・レビュー

タイトルの『利己的な遺伝子』から、DNAの二重らせんやATGCの塩基配列、あるいは遺伝子組み換え作物などを思い起こす人はきっといるでしょう。 この本は、... もっと読む

「流域地図」の作り方: 川から地球を考える (ちくまプリマー新書)

243
3.80
岸由二 2013年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

流域地図の作り方という表題で、どんな内容なのか興味がありました。読み進めるとなるほどと共感する部分が多くあります。最初はフィールドワークの本かと思いました... もっと読む

都市で進化する生物たち: ❝ダーウィン❞が街にやってくる

216
4.10

感想・レビュー

面白かった!スヒルトハウゼン博士は日本でもよく知られたオランダの進化生物学者、生殖器官のスペシャリスト。だが、本作は人間がドラマティックに環境を変化させた... もっと読む

利己的な遺伝子 40周年記念版

211
4.53
リチャード・ドーキンス 電子書籍 2018年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【利己的な遺伝子(リチャード・ドーキンス)】 わたしは「コミュニティ」や「人と人の関係性」のようなものを社会学的な視点で考えがちなのですが、そうでは... もっと読む

「自然」という幻想: 多自然ガーデニングによる新しい自然保護

169
3.67
エママリス 2018年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エマ・マリス氏は、米国・シアトル出身のサイエンスライター。ネイチャー誌、ナショナルジオグラフィック誌、ニューヨークタイムス紙などに、自然、人々、食べ物、言... もっと読む

生きのびるための流域思考 (ちくまプリマー新書)

166
3.27
岸由二 2021年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鶴見川に特に興味がなかったので2章は退屈だったけど1章はためになった。あと、あとがきに参考図書やサイトが掲載されているのが良い。 もっと読む

「奇跡の自然」の守りかた: 三浦半島・小網代の谷から (ちくまプリマー新書)

118
3.87
岸由二 2016年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福岡伸一先生の知恵の学校 第4回動的平衡ライブの講義でのお話し。 https://m.facebook.com/schola.sapientia/... もっと読む

創造―生物多様性を守るためのアピール

89
3.67

感想・レビュー

朝日新聞の書評で見つけた。ウィルソンという著者自身に興味があったのではない。訳者の岸由二さんという名前にひかれた。その名も前から知っていたのではない。養老... もっと読む

人間の本性について (ちくま学芸文庫)

72
3.46

感想・レビュー

1978年初版。ピューリッツァー賞を受賞している。この作品から40年あまりのあいだにヒトゲノムが解読されたり分子生物学の進歩はめざましいが、それでも氏か育... もっと読む

足もとの自然から始めよう

61
3.71

感想・レビュー

小学校4年までは、地球環境危機の悲惨を教材とする方式は禁じるべし。 もっと読む

文庫 「自然」という幻想: 多自然ガーデニングによる新しい自然保護 (草思社文庫 マ 6-1)

51
3.86
エマ・マリス 2021年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベランダで植物を育てることに「本当の自然ではない」という抵抗感があったのだが、それでもいいんだ、意味があるんだとい勇気づけてくれる本。 人新世においては、... もっと読む

奇跡の自然―三浦半島小網代の谷を「流域思考」で守る

26
4.67
岸由二 2012年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小網代の自然と岸先生たちの活動そのものは素晴らしいのだけれど、書籍としてどうなのかは別の話で、活動の自画自賛ばかりでなく、小網代の自然の現状をもう少し具体... もっと読む

自然へのまなざし―ナチュラリストたちの大地

24
3.29
岸由二 1996年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

流域思考で有名な岸先生の、信濃毎日新聞に寄稿したエッセイを一冊の本にまとめたもの。 休みの日に、自然豊かな場所で、もう一度ゆっくり読み返したい一冊。 もっと読む

いきもの探検大図鑑: NATUREーPAL

19
5.00
岸由二 1997年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学3年くらいにサンタさんにもらったもの。いまだにCMを見たときの興奮を覚えているよ もっと読む

人間の本性について

13

感想・レビュー

社会生物学って初めて読んだけど、予想通り難しかったなぁ・・・。それでも人類の歴史を踏まえた上で評論を進めて行く瞬間だったり、自分のタイプな意見なのかは今ひ... もっと読む
全32アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×