峯澤典子のおすすめランキング

プロフィール

一九七四年茨城県生まれ。二〇〇八年、月刊誌「ユリイカ」の詩の投稿欄の新人に選ばれる。二〇一四年、第二詩集『ひかりの途上で』でH氏賞受賞。そのほかの詩集に『水版画』(二〇〇八年)、『あのとき冬の子どもたち』(二〇一七年)、『微熱期』(二〇二二年)。翻訳書に『ヌーヌーとフローレンス』『ヌーヌーサーカスへいく』など。『空気の日記』の執筆場所は東京都杉並区。

「2022年 『空気の日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

峯澤典子のおすすめランキングのアイテム一覧

峯澤典子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『微熱期』や『空気の日記』や『ひかりの途上で』など峯澤典子の全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

空気の日記

36
2.00
松田朋春 2022年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詩人たちのコロナ禍中のリレー日記 詩と散文の間のようで解釈が難しい箇所もあり スタートが志村けんさん逝去のトピックでもはや懐かしいやら悲しいやらさみしいや... もっと読む

ヌーヌーとフローレンス

6
4.50
ヌーヌー 2009年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

写真絵本なんて、あえて斬新! と思ったら、原書はフランスで50年も前に出ていたとのこと。 ヌーヌーも女の子も、なんとも愛らしい。 どこか懐かしい... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×