峰隆一郎のおすすめランキング

峰隆一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

峰隆一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『素浪人横丁―人情時代小説傑作選 (新潮文庫)』や『柳生十兵衛 (徳間文庫)』や『新撰組局長首座 芹沢 鴨 (集英社文庫)』など峰隆一郎の全576作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

柳生十兵衛 (徳間文庫)

30
2.75

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) もっと読む

新撰組局長首座 芹沢 鴨 (集英社文庫)

28
3.36
峰隆一郎 1998年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

掘り下げる意味でも前振りが長いのがこの手の人物者にありがちな小説。 そして官能小説ばりにエロい。とにかく芹沢は押し当てるの得意のようだ。 もっと読む

人斬り弥介 (集英社文庫)

24
3.78
峰隆一郎 1992年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

96年13刷本 もっと読む

剣鬼・岡田以蔵 (徳間文庫)

22
3.43

感想・レビュー

時代小説特有の質の高い虚構を活かしながら、以蔵の生涯を追った重厚な小説。以蔵を扱った小説の中でも、女性関係が多岐に渡って描かれている点が特徴的でもある。そ... もっと読む

柳生十兵衛―逆風の太刀 (徳間文庫)

22
3.17

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) もっと読む

柳生十兵衛―兵法八重垣 (徳間文庫)

20
3.25

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) もっと読む

土方歳三〈1〉試斬 (徳間文庫)

18
2.38

感想・レビュー

江戸後期、新選組で名高い土方歳三の物語。1巻では少年時代から青年時代までが描かれている。人を斬ることと女性関係の話がほとんど。官能小説みたい。 2010... もっと読む

柳生十兵衛―剣術猿飛 (徳間文庫)

17
3.25

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) もっと読む

柳生十兵衛 (斬馬剣) (徳間文庫)

17
3.25
峰隆一郎 1992年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) もっと読む

柳生十兵衛―月影の剣 (徳間文庫)

17
3.25

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) もっと読む

柳生十兵衛 (竜尾の剣) (徳間文庫)

16
3.60

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) 628 10 幕の内4 705納骨 10時 もっと読む

柳生十兵衛―極意 転(まろばし) (徳間文庫)

15
3.00

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) もっと読む

柳生十兵衛 (無刀取り、四十八人斬り) (徳間文庫)

15
3.25

感想・レビュー

(覚えていない。最終巻の無拍子が実家にあり、辛うじてシリーズ読了していたことは思い出しました) もっと読む

剣鬼 岡田以蔵〈修羅の編〉 (飛天文庫)

14
3.67

感想・レビュー

初以蔵モノでもありベストオブ以蔵!!これを読まなかったらここまで以蔵熱が上昇する事はなかった筈。時代小説にも興味を持てたキッカケの1冊。 もっと読む
全576アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×