島内景二のおすすめランキング

プロフィール

1955年長崎県生

東京大学文学部卒業、東京大学大学院修了。博士(文学)

現在 電気通信大学名誉教授

2020年4月から、NHKラジオ第2 古典講読「王朝日記の世界」を担当。

主要著書
『王朝日記の魅力』『新訳 蜻蛉日記上巻』『新訳 和泉式部日記』『新訳 更級日記』『和歌の黄昏 短歌の夜明け』(いずれも、花鳥社)、
『塚本邦雄』『竹山広』(コレクション日本歌人選。共に、笠間書院)
、『源氏物語の影響史』『柳沢吉保と江戸の夢』『心訳・鳥の空音』(いずれも、笠間書院)
、『北村季吟』『三島由紀夫』(共に、ミネルヴァ書房)
、『源氏物語に学ぶ十三の知恵』(NHK出版)、
『大和魂の精神史』『光源氏の人間関係』(共に、ウェッジ)
、『文豪の古典力』『中島敦「山月記伝説」の真実』(共に、文春新書)
、『源氏物語ものがたり』(新潮新書)、
『御伽草子の精神史』『源氏物語の話型学』『日本文学の眺望』(いずれも、ぺりかん社)、
歌集『夢の遺伝子』(短歌研究社)
『楽しみながら学ぶ作歌文法・上下』(短歌研究社)、
『短歌の話型学 新たなる読みを求めて』『小説の話型学 高橋たか子と塚本邦雄』(共に、書肆季節社)

「2022年 『新訳紫式部日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島内景二のおすすめランキングのアイテム一覧

島内景二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『中島敦「山月記伝説」の真実 (文春新書)』や『高校生と考える日本の論点 2020-30 (桐光学園大学訪問授業)』や『読む技法・書く技法 (講談社現代新書)』など島内景二の全66作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

中島敦「山月記伝説」の真実 (文春新書)

136
3.60
島内景二 2009年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『山月記』を読んだことがきっかけで、一時期、中島敦に傾倒していた時期があり、その繋がりで手に取った本。 大学生時代、耽美派の論文を書いたこと、私生活の様... もっと読む

高校生と考える日本の論点 2020-30 (桐光学園大学訪問授業)

91
4.40
出口治明 2020年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐光学園といえば、成田空港行リムジンバスで一緒になったことがあります。 カナダに修学旅行に行く高校生でした。 また、高校野球を見に一度だけ訪れたこ... もっと読む

読む技法・書く技法 (講談社現代新書)

71
3.40

感想・レビュー

書くための読む技術。基本的な文法や文章構成から もっと読む

塚本邦雄 (コレクション日本歌人選)

67
4.07
島内景二 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

枇杷の汁股間にしたたれるものをわれのみは老いざらむ老いざらむ 塚本邦雄さんと言えば、まずその「正字正仮名」で紡がれる、反世界的な王国に驚かされた記憶があ... もっと読む

源氏物語ものがたり (新潮新書)

59
3.50
島内景二 2008年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あとがきより。 「源氏物語と紫式部の真実に迫ろうとする作業は、鎌倉時代初期の藤原定家から始まった。 時あたかも、源平動乱の最中(さなか)であった。... もっと読む

教科書の文学を読みなおす (ちくまプリマー新書)

59
3.25
島内景二 2008年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『文豪はみんな、うつ』(岩波明, 2021年)以降も「純文学はとことん暗い!」とその類の作品を避けてきた。今でも進んで手に取れないけど、ハンデを克服したい... もっと読む

源氏物語と伊勢物語―王朝文学の恋愛関係 (PHP新書)

29
3.25

感想・レビュー

伊勢物語大好き人間としては読みたい一冊です。いや、源氏好きでも構いませんが私が伊勢ラヴァーなので。これは浪人時代に買ったんだったと思います。「これも勉強よ... もっと読む

新訳更級日記

25
4.00
島内景二 2020年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初読にはおすすめできません。原文にない筆者の解釈を加えた超訳だからです。そもそも、日記文学というネーミングは、現代人をミスリードしますね。特に、「更科日記... もっと読む

三島由紀夫―豊饒の海へ注ぐ (ミネルヴァ日本評伝選)

22
4.00
島内景二 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「和歌の申し子三島由紀夫」という視点から生涯を読み解く、というのが興味深かった。ただ、三島由紀夫没後、様々な人が自分の物差しで持って故人を解釈しようとして... もっと読む

新訳和泉式部日記

17
4.00
島内景二 2020年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『和泉式部日記』は、「日記」であり、「物語」であり、「歌集」でもある。 もしも『和泉式部日記』が『和泉式部物語』なのであれば、物語の作者は誰なのか。... もっと読む

日本人はなぜ、五七五七七の歌を愛してきたのか

16
錦仁 2016年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙に定価が書いてある本を見たのは、はじめてかも知れない。 裏表紙にある【もくじ】をみるかぎり、本のタイトルに正面から回答している論文は見当たらない。 ... もっと読む

歴史を動かした日本語100

11
3.50

感想・レビュー

歴史を動かしたかはよく分からないけれど、古来から人はいろんなことを言ってきたんだなぁと思った。 2017/12/8 もっと読む

大吟醸バガボンド―極上の美酒を求めて (エイ文庫)

11
3.00
島内景二 2002年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2012/05/09読了 大吟醸が飲みたくなるね。日本酒の中での「美酒」とはいかなるものか そしてそこにある麗しい時の流れとは 酒の香り、味、見た目、歴... もっと読む
全66アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×