島崎藤村のおすすめランキング

プロフィール

1872年3月25日、筑摩県馬籠村(現岐阜県中津川市馬籠)に生まれる。本名島崎春樹(しまざきはるき)。生家は江戸時代、本陣、庄屋、問屋をかねた旧家。明治学院普通科卒業。卒業後「女学雑誌」に翻訳・エッセイを寄稿しはじめ、明治25年、北村透谷の評論「厭世詩家と女性」に感動し、翌年1月、雑誌「文学界」の創刊に参加。明治女学校、東北学院で教鞭をとるかたわら「文学界」で北村透谷らとともに浪漫派詩人として活躍。明治30年には第一詩集『若菜集』を刊行し、近代日本浪漫主義の代表詩人としてその文学的第一歩を踏み出した。『一葉舟』『夏草』と続刊。第四詩集『落梅集』を刊行。『千曲川旅情のうた』『椰子の実』『惜別のうた』などは一世紀を越えた今も歌い継がれている。詩人として出発した藤村は、徐々に散文に移行。明治38年に上京、翌年『破戒』を自費出版、筆一本の小説家に転身した。日本の自然主義文学を代表する作家となる。

「2023年 『女声合唱とピアノのための 銀の笛 みどりの月影』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島崎藤村のおすすめランキングのアイテム一覧

島崎藤村のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『破戒 (新潮文庫)』や『破戒 (岩波文庫)』や『夜明け前 (第1部 上) (新潮文庫)』など島崎藤村の全884作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

破戒 (新潮文庫)

3653
3.80

感想・レビュー

 部落差別問題を描いた小説だとは知っていたが、まさか主人公が最後に亜米利加のテキサスに旅立つとは!  近代自然主義文学の代表。藤村は詩人でもあったので、信... もっと読む

破戒 (岩波文庫)

612
3.74
島崎藤村 2002年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

穢多の存在は知っていたが、差別の中身については初めて知った。穢多であると告白するかしないか、それは自分とは何者なのかを告白することである。主人公がぐるぐる... もっと読む

夜明け前 (第1部 上) (新潮文庫)

562
3.48
島崎藤村 1954年12月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当時の風習が細かく描かれている。 村全体が家族のよう。祈祷が盛ん。情報の伝達は街道を行く人達から。 後で振り返れば、こういう事だったとかと思うことも渦中に... もっと読む

藤村詩集 (新潮文庫)

419
3.62
島崎藤村 1968年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美しい日本語が並んで それも韻を踏んでいる そのためなのか色んな漢字の読み方があった poemよりlyricみたい 今にも歌声が聞こえそうになることも何... もっと読む

破戒 (まんがで読破)

418
3.64
島崎藤村 マンガ 2007年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島崎藤村の破戒。いつか読もうと先送りにしてきて、漫画で読めるというので手に取り一読。ストーリーは追えた。 あっという間に読めてしまうので、我が身に置き換え... もっと読む

夜明け前 (第1部 下) (新潮文庫)

290
3.48
島崎藤村 1954年12月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水戸浪士が通る諏訪藩の人々の慌てぶりがこまかく書かれているのが興味深い。幕府が倒れていく様子が市井の人々目線で生々しい。 もっと読む

春 (新潮文庫)

285
3.10
島崎藤村 1950年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「青木」として出てくるのが北村透谷をモデルにしていると言われています。この小説で北村透谷を知りました。 この作品の内容の感想はなんとも言いがたいので... もっと読む

夜明け前 第1部(上) (岩波文庫 緑 24-2)

268
3.51
島崎藤村 2003年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史に名も残らない、フツーの人視点の幕末~明治のお話です。 島崎藤村の「夜明け前」って、日本近代文学の傑作ってよく言われますよね~ でも、その割りに読... もっと読む

夜明け前 (第2部 上) (新潮文庫)

246
3.35
島崎藤村 1955年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕府の大政奉還後、一気に時代は加速していく。明治政府の誕生や京都東京への遷都。長かった青山半蔵の物語もようやく大きな転換期を迎えることで、ページをめくる手... もっと読む

夜明け前 (第2部 下) (新潮文庫)

235
3.42
島崎藤村 1955年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それまでの3冊は歴史記述もふんだんで、情景も事細やかに描けていたが、個人的には一人の人間を十分に描ききれていない気がしていたが、最終巻では主人公半蔵の葛藤... もっと読む

夜明け前 全4冊 (岩波文庫)

230
4.15
島崎藤村 2003年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長い読書だった。読むのに一か月半を要した。 東山道の宿場、馬籠の本陣・庄屋・問屋の息子として生を享けた青山半蔵の一代記。 幕末を描いた歴史小説は数... もっと読む

藤村詩抄 (岩波文庫)

214
3.72
島崎藤村 1995年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「初恋」「千曲川旅情の歌」などを含む詩集。七五調のリズムが口に出すと心地よく、文明開化の浪漫を感じて(&賢くなったような錯覚で)うっとりしてしまう。今時こ... もっと読む

破戒

208
4.27
島崎藤村 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自身の出自を人に明かしてはいけないという戒めを破る、破戒が大きなテーマ。 新字旧仮名で書かれているので初見は取っつきづらいが、読み進めていると慣れる... もっと読む

桜の実の熟する時 (新潮文庫)

196
3.08
島崎藤村 1955年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全然日本文学を読んでこなかったことに反省し、様々な日本の文豪の作品を読んでみよう!運動を自分の中でしています。 これは記念すべき2作目で、藤村さんは『破戒... もっと読む

千曲川のスケッチ (新潮文庫)

181
3.50
島崎藤村 1955年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

描写が素晴らしいので情景が簡単に浮かんでしまう。その場に行ってないのに癒される。自然、四季を感じる。読んでいるだけで心地が良い。 ミレーの絵が浮かぶ まさ... もっと読む

夜明け前 第1部(下) (岩波文庫 緑 24-3)

160
3.53
島崎藤村 2003年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本居宣長というと古事記の研究をした国学者ということくらいしか知らず、その主張や思想などは知らなかった。国学が尊王に結びついて倒幕に向かう、なるほど。 今... もっと読む

破戒 ─まんがで読破─

160
3.71
島崎藤村 電子書籍 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島崎藤村による長編小説。被差別部落に生まれた人公が身分を隠しながら生きる苦悩を描く。1905(明治38)年に寄稿。 マンガのクセが強い。。たまに人物... もっと読む

百年小説

151
4.13
森鴎外 2008年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁよく読んだと思うよ~杯(森鴎外)夢十夜(夏目漱石)一口剣(幸田露伴)拈華微笑(尾崎紅葉)吾が家野の富(徳冨蘆花)武蔵野(国木田独歩)風呂桶(徳田秋声... もっと読む

夜明け前 第二部(上) (岩波文庫 緑 24-4)

143
3.30
島崎藤村 2003年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1部(上)(下)、第2部(上)(下)と、文庫本で4冊。久しぶりに長編を読み切った。幕末から明治維新にかけて、まだ夜が明ける前の暗い山深い木曽谷から見たこ... もっと読む

夜明け前 第二部(下) (岩波文庫 緑 24-5)

137
3.39
島崎藤村 2003年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全4冊、読みました。すごかった。ボリュームもだけど、人の世の悲しみとか理不尽さとか、その中で見つかるささやかな幸せと美しさが全部凝縮されていて感動。難解な... もっと読む
全884アイテム中 1 - 20件を表示

島崎藤村に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×