島朗のおすすめランキング

プロフィール

1963年、東京都生まれ。75年高柳敏夫名誉九段に入門。80年四段、94年八段、08年九段、88年第1期竜王のタイトル獲得。羽生・佐藤康・森内との通称「島研」主宰。著書に「読みの技法」「島ノート」他。

「2018年 『純粋なるもの 羽生世代の青春』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島朗のおすすめランキングのアイテム一覧

島朗のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『島研ノート 心の鍛え方』や『純粋なるもの―トップ棋士、その戦いと素顔 (新潮文庫)』や『島ノート 振り飛車編』など島朗の全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

島研ノート 心の鍛え方

115
3.49
島朗 2013年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後に永世名人3氏(森内、佐藤、羽生)を輩出したことで有名な島研を主催者だった島朗による自伝。 内容はもちろん3氏のこともあるけれど、基本的には自伝。... もっと読む

純粋なるもの―トップ棋士、その戦いと素顔 (新潮文庫)

46
3.95
島朗 1999年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

純粋なるもの トップ棋士、その戦いと素顔 島 朗 2018年8月6日読了。 平成11年12月1日発行の文庫本。西暦で言えば1999年。出てくる棋士は今や... もっと読む

島ノート 振り飛車編

45
4.27
島朗 2002年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2002年に刊行された振り飛車の定跡書。著者は居飛車党で知られる初代竜王。本書は分量・内容ともに十分だが絶版のため市場でも価格が高騰している。 【目... もっと読む

読みの技法 (最強将棋塾)

42
3.69
島朗 1999年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1番 紛れを生み出す 第2番 堅さと進展性 第3番 寄せの事前工作 第4番 見えている狙いとその迎撃 第5番 決め手を与えない指し方 第6番 形の違いか... もっと読む

純粋なるもの

23
3.92
島朗 1996年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が棋士にも関わらず物語調で文章が書かれているところにすごく違和感を感じた。 ただ、将棋好きな人にとっては楽しい一冊。 千日手指し直し時の棋... もっと読む

新版 角換わり腰掛け銀研究

11
4.33
島朗 1998年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名著。同型腰掛け銀だけでなく様々な戦型を解説しています。森内さんの「矢倉▲3七銀分析 上」のような構成で棋譜並べすると充実感が味わえると思います。 もっと読む

純粋なるもの: 羽生世代の青春

9
4.00
島朗 2018年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島研メンバーの20代の記録。 小説風の作りになっていて、棋士の心情も結構書いてあるのですが、ここは島九段の想像なのか…?なんとも言えない不思議な感覚。 天... もっと読む

角換わり腰掛け銀研究 (プレミアムブックス版)

1
島朗 2018年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 昨今のマイナビによる復刊ブームはここで一つの山に。 【版元】 発売日:2018-09-18 販売元:マイナビ出版 判型:四六判 ページ数:... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示
ツイートする