島本理生のおすすめランキング

プロフィール

島本 理生(しまもと りお)
1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。小学生のころから小説を書き始め、1998年15歳で「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞。2003年『リトル・バイ・リトル』で第128回芥川賞候補、第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。2004年『生まれる森』が第130回芥川賞候補。2005年『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補。同作品は2005年『この恋愛小説がすごい! 2006年版』第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、本屋大賞第6位。2006年『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川賞候補。2007年『Birthday』第33回川端康成文学賞候補。2011年『アンダスタンド・メイビー』第145回直木賞候補。2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞、『夏の裁断』で第153回芥川賞候補。『ファーストラヴ』で2回目の直木賞ノミネート、受賞に至る。

島本理生の関連サイト

島本理生のおすすめランキングのアイテム一覧

島本理生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ナラタージュ (角川文庫)』や『ナラタージュ』や『リトル・バイ・リトル (講談社文庫)』など島本理生の全108作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ナラタージュ (角川文庫)

4527
3.66
島本理生 2008年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お願いだから私を壊して、帰れないところまで連れていって見捨てて、あなたにはそうする義務がある…大学2年の春、母校の演劇部顧問で思いを寄せていた葉山先生から... もっと読む

ナラタージュ

4211
3.65
島本理生 2005年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

優しくて、あたたかくて、ずるくて。 弱くて、でも、力強くて。 つらかった時に、手を差し伸べてくれて。 不器用だけれども、向き合おうとしてくれ... もっと読む

リトル・バイ・リトル (講談社文庫)

1551
3.31
島本理生 2006年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人の文章は好きだな、と思った。大げさじゃないことばの中に、大切なものが詰まっているような。 思い出してまた読みたくなる1冊。 もっと読む

あられもない祈り

1417
2.81
島本理生 2010年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ということで半ば義務だった、島本理生『あられもない祈り』を読んだ。1時間半で178ページを読み終えた。感想は『時間の無駄』だった。 久しぶりに読んで腹... もっと読む

クローバー

1382
3.58
島本理生 2007年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島本さんの作品にしてはほっこりとする作品でした。 双子の姉弟の華子と冬治。 華子はちょっぴりわがままなお姉さん。 それに降り回されるシスコンの冬... もっと読む

恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)

1371
3.36
森絵都 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。図書館で読んで好きすぎて中古で購入したんだけど、読み返すと好きだった作品が変わったことに気がついた。 5人の作家さんみんな甲乙つけがたく、「あ... もっと読む

リトル・バイ・リトル

1321
3.35
島本理生 2003年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞候補作 一般的に考えると決して普通と言えるような環境にある主人公の女子高生が日常を普通に過ごしていく様子を描いている気がした。 恋愛ものであ... もっと読む

シルエット (講談社文庫)

1272
3.26
島本理生 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人を好きになる気持ちは、いつも同じじゃない。だからこそ人は傷付いても、また人を好きになることを繰り返す。 もっと読む

あなたの呼吸が止まるまで

1157
3.11
島本理生 2007年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初は読みにくかった幼いですます調の文章が、余計に痛々しく感じる。 結婚してあげる、なんて微笑ましい会話も優しさも今となっては全て裏切られてしまったから。... もっと読む

大きな熊が来る前に、おやすみ。

1151
3.41
島本理生 2007年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3つの話が収まった短編集。 表紙とタイトルから、なんとなく嫌な予感がしていたのだけど テーマに共通するのが「暴力」だ。 「大きな熊が... もっと読む

一千一秒の日々 (角川文庫)

1137
3.57
島本理生 2009年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不器用にも自分なりに一生懸命生きている青年達、彼等の誰にも言えない想い、悩みには自分にも思い半ばに過ぎるものもありました。他人にとってはあまりに些細なこと... もっと読む

生まれる森

1132
3.32
島本理生 2004年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

静かに時が流れる中で様々な愛に触れ、少しずつ変わっていく少女の姿を描いた物語。 透明感がある雰囲気の中で紡がれる文章が、重くなく瑞々しい。 ペ... もっと読む

波打ち際の蛍

1112
3.50
島本理生 2008年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すきなのに、身体と心に触れることができない。そんな主人公の話。この話でも男性の暴力からの心の傷によって、主人公の中はどこか湿っていて、暗い。 固くなった... もっと読む

君が降る日

1067
3.63
島本理生 2009年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・君が降る日=長き夜の章= =浅き春の章= ・冬の動物園 ・野ばら 何とも言えない展開に度肝を抜かれてしまった「君の降る日」 苦しかった。でもこの苦し... もっと読む

生まれる森 (講談社文庫)

1047
3.39
島本理生 2007年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

失恋した女の子がゆっくりと息を吹き返す話。 視点もテンポも息遣いも、すべてが優しさに満ちている作品だった。 しとしと降る長雨のような。 ちょっと憂鬱なんだ... もっと読む

よだかの片想い

986
3.89
島本理生 2013年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生まれつき顔に大きなあざのある大学院生のアイコ。 彼女がそのあざをきっかけに一歩踏み出し初めての恋をするお話。 最初にこの物語の設定を読んだ時にホ... もっと読む

真綿荘の住人たち

983
3.48
島本理生 2010年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 三浦しをんさんが、書評本「本屋さんで待ちあわせ」で紹介していた一冊。さっそく読んでみました。  2食付き、お風呂と台所共同の下宿「真綿荘」に暮らす... もっと読む

大きな熊が来る前に、おやすみ。 (新潮文庫)

971
3.58
島本理生 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

酒井駒子さんの表紙が素敵。 孤独で繊細で不器用な人がたくさん… でも島本さんの作品は親近感あって、好きです。 自分に近いのは『大きな熊が来る前に、おや... もっと読む

アンダスタンド・メイビー〈上〉

955
3.55
島本理生 2010年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人が生み出す物語はいつも、変わらない雰囲気を持っている。決して明るく希望の感じられるものではないのに、惹かれるのはなぜだろう? 親との確執、暗い... もっと読む

一千一秒の日々

863
3.41
島本理生 2005年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前も読んだのですが記憶になく…(確か…途中で挫折したような…)というだけあって、少し地味めな作品かもしれません。 7つの連作短篇集。七色の恋だそう... もっと読む
全108アイテム中 1 - 20件を表示

島本理生に関連する談話室の質問

ツイートする