島本理生のおすすめランキング

プロフィール

1983年、東京生まれ。2001年『シルエット』で第44回群像新人文学賞優秀作、03年『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞、15年『Red』で第21回島清恋愛文学賞、18年『ファーストラヴ』で第159回直木賞を受賞。主な著書に『ナラタージュ』『大きな熊が来る前に、おやすみ』『あられもない祈り』『夏の裁断』『匿名者のためのスピカ』『イノセント』『あなたの愛人の名前は』『夜はおしまい』などがある。

「2020年 『2020年の恋人たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島本理生のおすすめランキングのアイテム一覧

島本理生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ナラタージュ (角川文庫)』や『ファーストラヴ (文春文庫)』や『ナラタージュ』など島本理生の全167作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ナラタージュ (角川文庫)

7059
3.63
島本理生 2008年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『それならどうして卒業式の日にキスなんてしたんですか』 “同じクラスにKっていたの覚えてる?T先生と結婚したんだってさ”。久々に会った高校時代の友人Sと... もっと読む

ファーストラヴ (文春文庫)

5335
3.75
島本理生 2020年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルの「ファーストラヴ」。 これが何を意味するのか。 由紀の大学時代のことか、と思った。 けれど、環奈とその母親の背景を知ったとき、一番最初... もっと読む

ナラタージュ

4531
3.64
島本理生 2005年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了。 甘酸っぱく懐かしい気持ちになった。 一生懸命生きていかなきゃね。 三浦先生の教師っぽいセリフに笑えた。 こういう先生って絶対いるよね。 もっと読む

ファーストラヴ

3322
3.68
島本理生 2018年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

11日の本日に映画公開された作品の原作を読了。 容疑者となった彼女の心理。そこまでの人格となった様々な環境。 そして臨床心理士の由紀と弁護士の迦葉の関... もっと読む

Red (中公文庫)

2742
3.55
島本理生 2017年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イケメンの夫。可愛い娘。 夫の両親と同居しているが、姑ともうまくやっている。 何不自由ない幸せな暮らしだったはずが、、、 友人の結婚式でかつての... もっと読む

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして (幻冬舎文庫)

2345
4.08
島本理生 2020年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずっと読んどきたい物語でした。 登場人物がそれぞれ、縛られていたものから解放され自分に無理をしない生き方を見つけるところが読んでいて心地よかった。 年上の... もっと読む

リトル・バイ・リトル (講談社文庫)

1657
3.32
島本理生 2006年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何か特別なことが起こるわけではない日常。それだけ考えると、一見つまらなくも感じられますが、おそらく私も、そしてあなたもみんな、日常とはそのように特に何か起... もっと読む

あられもない祈り

1606
2.82
島本理生 2010年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ということで半ば義務だった、島本理生『あられもない祈り』を読んだ。1時間半で178ページを読み終えた。感想は『時間の無駄』だった。 久しぶりに読んで腹... もっと読む

恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)

1586
3.35
石田衣良 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。図書館で読んで好きすぎて中古で購入したんだけど、読み返すと好きだった作品が変わったことに気がついた。 5人の作家さんみんな甲乙つけがたく、「あ... もっと読む

クローバー

1495
3.57

感想・レビュー

二卵性の姉・華子と弟・冬冶。花子ではなくて、華子。冬治ではなく、冬冶。こんなところに作者のこだわりを感じてしまう。 二卵性なので、遺伝的には50%同じは... もっと読む

リトル・バイ・リトル

1412
3.35
島本理生 2003年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先だって直木賞を受けた島本理生の昔の作品、今から15年前に芥川賞の候補になった作品です。瑞々しくて明るくて若くて気持ちいいね♪ あとがきも初々しくて中で... もっと読む

週末は彼女たちのもの (幻冬舎文庫)

1412
3.36
島本理生 2013年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ショートショートがつながり、1冊の恋愛小説になった。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ あとがきによると、この小説はLUMINEの広告として連載... もっと読む

シルエット (講談社文庫)

1364
3.26
島本理生 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人を好きになる気持ちは、いつも同じじゃない。だからこそ人は傷付いても、また人を好きになることを繰り返す。 もっと読む

君が降る日 (幻冬舎文庫)

1362
3.71
島本理生 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

囚われるなぁ。どうしようものにどうにかしたくてあがく状況に。 学生時代だったら恋人を亡くした主人公にずっと気持ちを寄せていただろうけれど、今は息子を亡くし... もっと読む

一千一秒の日々 (角川文庫)

1343
3.57
島本理生 2009年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『お菓子の詰め合わせのように、少しずつ味や食感の違う短編集にしようと思いました。』と語る島本理生さん。 一箱でいろんな種類が楽しめるお菓子の詰め合わせ。... もっと読む

あなたの愛人の名前は

1300
3.53
島本理生 2018年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『旦那さん以外に抱かれたいと思ったことはないの?』という問いに『ない』と答える『私』。それに対して『私が知ってる人妻は、皆、反対のことを言うよ』という友人... もっと読む

あなたの呼吸が止まるまで

1271
3.10

感想・レビュー

「知らない人には誰のことか分からなくても、身近な人には佐倉さんだってすぐにわかるように書く。みんな口には出さなくても、心の中で佐倉さんを警戒するようになっ... もっと読む

大きな熊が来る前に、おやすみ。

1250
3.42

感想・レビュー

3つの話が収まった短編集。 表紙とタイトルから、なんとなく嫌な予感がしていたのだけど テーマに共通するのが「暴力」だ。 「大きな熊が... もっと読む

大きな熊が来る前に、おやすみ。 (新潮文庫)

1226
3.56
島本理生 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。暖かくて、切なくて、狂気。 他人はどうやっても他人だ。 もっと読む

生まれる森

1209
3.32
島本理生 2004年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

静かに時が流れる中で様々な愛に触れ、少しずつ変わっていく少女の姿を描いた物語。 透明感がある雰囲気の中で紡がれる文章が、重くなく瑞々しい。 ペ... もっと読む
全167アイテム中 1 - 20件を表示

島本理生の関連サイト

島本理生に関連する談話室の質問

ツイートする
×