島本理生の文庫本一覧

プロフィール

島本 理生(しまもと りお)
1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。小学生のころから小説を書き始め、1998年15歳で「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞。2003年『リトル・バイ・リトル』で第128回芥川賞候補、第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。2004年『生まれる森』が第130回芥川賞候補。2005年『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補。同作品は2005年『この恋愛小説がすごい! 2006年版』第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、本屋大賞第6位。2006年『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川賞候補。2007年『Birthday』第33回川端康成文学賞候補。2011年『アンダスタンド・メイビー』第145回直木賞候補。2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞、『夏の裁断』で第153回芥川賞候補。『ファーストラヴ』で2回目の直木賞ノミネート、受賞に至る。

島本理生の関連サイト

島本理生の文庫本一覧のアイテム一覧

島本理生の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『ナラタージュ (角川文庫)』や『リトル・バイ・リトル (講談社文庫)』や『恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)』など島本理生の全37作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ナラタージュ (角川文庫)

4858
3.66
島本理生 2008年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんでかわからないけど、 とにかくこの本はだいすき。 島本理生は”文章を楽しむ“ということに気づかせてくれたひとで、大体すきだけど、最初の出会いだった... もっと読む

リトル・バイ・リトル (講談社文庫)

1567
3.32
島本理生 2006年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人の文章は好きだな、と思った。大げさじゃないことばの中に、大切なものが詰まっているような。 思い出してまた読みたくなる1冊。 もっと読む

恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)

1407
3.35
石田衣良 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。図書館で読んで好きすぎて中古で購入したんだけど、読み返すと好きだった作品が変わったことに気がついた。 5人の作家さんみんな甲乙つけがたく、「あ... もっと読む

シルエット (講談社文庫)

1290
3.26
島本理生 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人を好きになる気持ちは、いつも同じじゃない。だからこそ人は傷付いても、また人を好きになることを繰り返す。 もっと読む

一千一秒の日々 (角川文庫)

1179
3.56
島本理生 2009年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不器用にも自分なりに一生懸命生きている青年達、彼等の誰にも言えない想い、悩みには自分にも思い半ばに過ぎるものもありました。他人にとってはあまりに些細なこと... もっと読む

生まれる森 (講談社文庫)

1068
3.39
島本理生 2007年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

失恋した女の子がゆっくりと息を吹き返す話。 視点もテンポも息遣いも、すべてが優しさに満ちている作品だった。 しとしと降る長雨のような。 ちょっと憂鬱なんだ... もっと読む

大きな熊が来る前に、おやすみ。 (新潮文庫)

1009
3.56
島本理生 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・・・これは本当に恋愛小説なの!? 「暴力」を受けて育った人は 大人になっても同じような暴力に晒されやすい。 自分からそういう環境を選び、作... もっと読む

君が降る日 (幻冬舎文庫)

855
3.78
島本理生 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞の記念に♪ なんて軽い気持ちで島本理生作品を手に取りました。 3部作で構成された恋愛小説ですが、この3つのお話を同じ人が書いたとはとても思えな... もっと読む

週末は彼女たちのもの (幻冬舎文庫)

849
3.32
島本理生 2013年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

LUMINEのホームページに連載されたストーリーに、新たに書き足したショートショート。 話は連作でつながっているのだけど、浅い…というか、おしゃれな... もっと読む

クローバー (角川文庫)

825
3.56
島本理生 2011年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫で再読。前読んだ時は双子の姉の方・華子と微妙な関係、熊野さんの物語だと思っていたけど、今日読んだら双子の弟の方・冬治の物語だったんだと…今頃気がついた... もっと読む

最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

773
2.84
阿川佐和子 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前読んだアンソロジー『最後の恋』のプレミアムバージョンということで。 あらすじの、ままならない心を甘受する方法を、っていうフレーズ、とてもよいです。 ... もっと読む

真綿荘の住人たち (文春文庫)

733
3.38
島本理生 2013年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京・江古田にある下宿、真綿荘に住む5人それぞれの恋の物語。 性格の悪い美人に振り回される大和くん。彼に片想いをするも、大学の先輩に告白されて揺れる鯨ち... もっと読む

あられもない祈り (河出文庫)

594
2.96
島本理生 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Kindleで読んだ。 北京からNY行きの飛行機の中で。 水の中に沈められているような気持ちになる話。 「私」のことを理解できるようなできないような気持ち... もっと読む

あなたの呼吸が止まるまで (新潮文庫)

529
3.17
島本理生 2011年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当の話かと思った。本当の話だと信じてしまっている。 そんなお話。 子どもには禁断だよ。 もっと読む

波打ち際の蛍 (角川文庫)

514
3.59
島本理生 2012年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

苦手なタイプの島本さんだった。 蛍よりさとる君の方が好きだなあと思ったから、尚更。 もっと読む

よだかの片想い (集英社文庫)

506
3.71
島本理生 2015年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うわあー、良かった。。。 顔にアザのある女の子と、若手映画監督の恋。 話の筋は大体想像できたけれど、アイコのキリッとした空気と、自然な弱さにじーん... もっと読む

Teen Age (双葉文庫)

478
3.13
角田光代 2007年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本のチョイスが偏ってきたなぁ、と思うと、アンソロジーを読みます。 今回は、未読だった瀬尾まいこさんの「狐フェスティバル」が入っていたこともあってこの本を... もっと読む

コイノカオリ (角川文庫)

468
3.29
角田光代 2008年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつまでも記憶に残る、恋にまつわる香りの話。 6人の著者によるアンソロジー。 シリーズ物とアンソロジーはいつも、敬遠しがちでした。 シリーズ物は... もっと読む

アンダスタンド・メイビー(上) (中公文庫)

402
3.73
島本理生 2014年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ファーストラヴ」で直木賞受賞した作家さんの作品。 十代の娘の遍歴を描きます。 一見普通のようでも、どこかダークな面があり、どう転ぶかわからない展開な... もっと読む

Red (中公文庫)

395
3.62
島本理生 2017年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不倫は辛そうだ。子供がいたら尚更。 終わる時が特に辛そうだ。 私は結婚して7年経ちますが、夫以外に、本当に好きな人が出来てしまったらどうしよう。と... もっと読む
全37アイテム中 1 - 20件を表示

島本理生に関連する談話室の質問

ツイートする