島本理生の人気ランキング

プロフィール

島本 理生(しまもと りお)
1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。小学生のころから小説を書き始め、1998年15歳で「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞。2003年『リトル・バイ・リトル』で第128回芥川賞候補、第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。2004年『生まれる森』が第130回芥川賞候補。2005年『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補。同作品は2005年『この恋愛小説がすごい! 2006年版』第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、本屋大賞第6位。2006年『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川賞候補。2007年『Birthday』第33回川端康成文学賞候補。2011年『アンダスタンド・メイビー』第145回直木賞候補。2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞、『夏の裁断』で第153回芥川賞候補。『ファーストラヴ』で2回目の直木賞ノミネート、受賞に至る。

島本理生の関連サイト

島本理生の人気ランキングのアイテム一覧

島本理生の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『英文版 インサイド - INSIDE and Other Short Fiction: Japanese womeny by Japanese women』や『生まれる森 (角川文庫)』や『リトル・バイ・リトル (講談社文庫)』など島本理生の全118作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

英文版 インサイド - INSIDE and Other Short Fiction: Japanese womeny by Japanese women

11
4.33
大道珠貴 2006年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【京都市の蔵書図書館】醍中 繊細であからさま、印象深くて強引、せつなくてコミカル…。 山田詠美、大道珠貴など、現代日本女性の生き様を真っ向から見つめた... もっと読む

生まれる森 (角川文庫)

71
4.00
島本理生 2018年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森は 自分で育ててしまうのだと思うけれど 抜け出すのも 大変だったりする。 私は イイトシこいてるから 平気なふり出来るけど いまだに 森の中... もっと読む

アンダスタンド・メイビー(下) (中公文庫)

346
3.95
島本理生 2014年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下合わせて力が落ちなかったですね。 前半のほうがある意味では、未熟だけど真っ直ぐさがあって、好感持てたけど… 十代半ばにありがちな流され方もしていま... もっと読む

よだかの片想い

1041
3.89
島本理生 2013年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生まれつき顔に大きなあざのある大学院生のアイコ。 彼女がそのあざをきっかけに一歩踏み出し初めての恋をするお話。 最初にこの物語の設定を読んだ時にホ... もっと読む

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

592
3.87
島本理生 2017年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めてすぐ、この作品好きだなって思った。そして幸せな気分のまま読了。ワーカホリック気味の知世が惹かれたのは、バツイチでだいぶ年上の椎名さん。彼から持病... もっと読む

ファーストラヴ (文春e-book)

53
3.79
島本理生 電子書籍 2018年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重かった。読んでいくとテンションが下がっていく。 親や他人から、幼い頃に強制的に受けてきた物事が蓄積していき、自分で自分のことがわからなくなっていく。他人... もっと読む

君が降る日 (幻冬舎文庫)

857
3.78
島本理生 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞の記念に♪ なんて軽い気持ちで島本理生作品を手に取りました。 3部作で構成された恋愛小説ですが、この3つのお話を同じ人が書いたとはとても思えな... もっと読む

イノセント (集英社文庫)

95
3.75
島本理生 2018年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気持ちがごちゃごちゃなる話。 薄幸の美女とでも言うのだろうか。 男には不自由しない割には、報われない女性。 真田という、女性に深入りしたくない男... もっと読む

B級恋愛グルメのすすめ (角川文庫)

162
3.74
島本理生 2016年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雑誌のコラムを読んでいる感じでスルスル読める。 しかし、軽いネタなのかと思いきや、作者の人生がガラッと変わる展開でびっくり。まあ、人生何があるかわからない... もっと読む

アンダスタンド・メイビー(上) (中公文庫)

402
3.73
島本理生 2014年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ファーストラヴ」で直木賞受賞した作家さんの作品。 十代の娘の遍歴を描きます。 一見普通のようでも、どこかダークな面があり、どう転ぶかわからない展開な... もっと読む

よだかの片想い (集英社文庫)

507
3.71
島本理生 2015年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うわあー、良かった。。。 顔にアザのある女の子と、若手映画監督の恋。 話の筋は大体想像できたけれど、アイコのキリッとした空気と、自然な弱さにじーん... もっと読む

あなたの愛人の名前は (単行本)

545
3.70
島本理生 2018年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6編の恋愛短編集。 こりゃ読ませた。大人の心の内、機微をよく描いたな。満たされない心とか。許せないとかわからないと思う人もいるかもしれないけれど、物語に... もっと読む

夏の裁断 (文春文庫)

13
3.67
島本理生 電子書籍 2018年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本編読んだならこの追加三編も読むべき。主人公の気持ち悪さが少し減る。 もっと読む

ナラタージュ (角川文庫)

4861
3.66
島本理生 2008年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんでかわからないけど、 とにかくこの本はだいすき。 島本理生は”文章を楽しむ“ということに気づかせてくれたひとで、大体すきだけど、最初の出会いだった... もっと読む

ナラタージュ

4282
3.65
島本理生 2005年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

優しくて、あたたかくて、ずるくて。 弱くて、でも、力強くて。 つらかった時に、手を差し伸べてくれて。 不器用だけれども、向き合おうとしてくれ... もっと読む

ファーストラヴ

1726
3.65
島本理生 2018年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは聖山環菜の事件を通して、 臨床心理士の真壁由紀と弁護士庵野迦葉の再生の話だったのだなと。 同じ大学での複雑な関係、 そして迦葉の兄我聞と結... もっと読む

君が降る日

1095
3.62
島本理生 2009年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・君が降る日=長き夜の章= =浅き春の章= ・冬の動物園 ・野ばら 何とも言えない展開に度肝を抜かれてしまった「君の降る日」 苦しかった。でもこの苦し... もっと読む

Red (中公文庫)

400
3.61
島本理生 2017年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不倫は辛そうだ。子供がいたら尚更。 終わる時が特に辛そうだ。 私は結婚して7年経ちますが、夫以外に、本当に好きな人が出来てしまったらどうしよう。と... もっと読む
全118アイテム中 1 - 20件を表示

島本理生に関連する談話室の質問

ツイートする