島田荘司のおすすめランキング

プロフィール

●著者紹介
1948年広島県福山市生まれ。武蔵野美術大学卒。1981年『占星術殺人事件』で衝撃のデビューを果たして以来、『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』など50作以上に登場する探偵・御手洗潔シリーズや、『奇想、天を動かす』などの刑事・吉敷竹史シリーズで圧倒的な人気を博す。2008年、日本ミステリー文学大賞を受賞。また「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」や「本格ミステリー『ベテラン新人』発掘プロジェクト」、台湾にて中国語による「金車・島田荘司推理小説賞」の選考委員を務めるなど、国境を越えた新しい才能の発掘と育成に尽力。日本の本格ミステリーの海外への翻訳や紹介にも積極的に取り組んでいる。

「2021年 『島田荘司選 日華ミステリーアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田荘司のおすすめランキングのアイテム一覧

島田荘司のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『占星術殺人事件 (講談社文庫)』や『異邦の騎士 改訂完全版』や『占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)』など島田荘司の全579作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

占星術殺人事件 (講談社文庫)

4907
3.81
島田荘司 1987年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私がミステリをここまで本格的に読むようになったのは、この島田荘司氏との出逢いがきっかけであった。つまり島田氏のミステリが私にミステリ読者の道へと導いた。だ... もっと読む

異邦の騎士 改訂完全版

3741
3.96
島田荘司 1998年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

皆さんが書いているとおり、先に占星術殺人事件と斜め屋敷の犯罪を読んでいて良かったと、心底思えました。 私には、十角館の殺人の“あの一行“に匹敵する衝撃でし... もっと読む

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)

3734
3.77
島田荘司 2013年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年前に図書館で借りて 返却期限の手前で読み 最初の章で「なんだこりゃ!?」と ワケがわからなすぎて、そのまま期限が来たので返してしまった。 SNSで好... もっと読む

斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)

2824
3.42
島田荘司 1992年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

御手洗シリーズ2作目。 舞台は北海道の稚内。 探偵は最後にひょっこっと出てきて解決して帰る。 天才。 金持ちに群がる人々。 確かに犯人の言動は怪... もっと読む

御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)

2591
3.47
島田荘司 1991年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フォローしている方のレビューを読んで久しぶりに読みたくなった。 実際に読んだのは単行本だが、文庫本しか登録出来なかったのでこちらでレビューを書く。 ... もっと読む

暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)

2210
3.65
島田荘司 1994年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

御手洗シリーズ6作目。 レオナ初登場。 彼女の一家が巻き込まれる。 性癖や気質は治そうと本気で取り組まないと治せないよなぁ。 今後レオナはどう物語... もっと読む

御手洗潔のダンス (講談社文庫)

1862
3.50
島田荘司 1993年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

御手洗シリーズ5作目。 解説の話も含む、4つからなる短編集。 今の時代じゃ鑑識でわかるレベルの謎が多い。 最後の話は御手洗ファンブック的な内容でした... もっと読む

眩暈 (講談社文庫)

1629
3.51
島田荘司 1995年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『だからウロボロスなんです。蛇が尻尾をするすると飲み込んでいくと、すぽんと異次元の空間へと消滅する、そういう現象を思惟的に結論しても、さして意味はない。何... もっと読む

水晶のピラミッド (講談社文庫)

1602
3.39
島田荘司 1994年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

御手洗シリーズ7作目。 古い一族の話。 名家は大変だ。 今回は説明が多かった。 後半はバーっといけたが、前半はだれてしまった。 レオナ... もっと読む

御手洗潔のメロディ (講談社文庫)

1275
3.46
島田荘司 2002年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島田荘司の本は初めて読んだが、御手洗潔の推理は無理難題で天才しか解けない感ありありで、はあそうですかというところ。でもまあ読んでしまう。文章は上手いかも。... もっと読む

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)

1271
3.55
島田荘司 2016年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

屋敷の間取り図に付箋必須! 御手洗潔シリーズ第2弾^ ^ 「異形建築もの」の代表作で、綾辻さんがこの作品のインパクトが自身の「館シリーズ」の着想なのでは... もっと読む

アトポス (講談社文庫)

1144
3.46
島田荘司 1996年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの二連休キャッホー!と調子に乗って、一気に読み終えてしまいました。本を閉じて時計を見てビックリ、6時間ぶっ続けで読んでたのか…あ…頭痛い…← ◉... もっと読む

写楽 閉じた国の幻(上) (新潮文庫)

1127
3.50
島田荘司 2013年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島田荘司さん初読みだったけど、意外と読みやすいんだな。 美術史ミステリーという情報のみで読み始めたら、序盤でアリ・アスター作品かよという鬱展開があって驚い... もっと読む

奇想、天を動かす (光文社文庫)

1013
3.90
島田荘司 1993年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島田荘司、第二の代表作。 12円の消費税のために、ボケ老人が店主の女性を刺した。あまりにもつまらないこの事件に、ある男の魂が詰まっているだなんて誰が思うだ... もっと読む

写楽 閉じた国の幻(下) (新潮文庫)

938
3.70
島田荘司 2013年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2022年2月4日読了。 ・ 『東洲斎写楽』 寛永六年・1794年の5月から1795年の正月までの10ヶ月間のみ突如江戸に現れ、140数点もの作品を猛烈な... もっと読む

龍臥亭事件〈上〉 (光文社文庫)

875
3.66
島田荘司 1999年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

犬坊里美の冒険を読むに際して、里美のキャラクターがうろ覚えだったため、再読。 上下巻かなりの長さで、じっくり読むと結構な時間がかかるが、それもまたよ... もっと読む

Pの密室 (講談社文庫)

856
3.32
島田荘司 2003年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

御手洗さんの子供時代が描かれているという御手洗さんシリーズのファンにはときめきもののお話です。 石岡君と里美ちゃんもかわいいですが、里美ちゃんと仲の良い男... もっと読む

異邦の騎士 (講談社文庫)

836
3.81

感想・レビュー

島田荘司の第1作目の小説とのことです。 いまさらの読了ですが、実は「御手洗潔」物ということで勝手に本格推理小説と思いこんでいたら、全然そんな感じはなくて... もっと読む

龍臥亭事件〈下〉 (光文社文庫)

809
3.71
島田荘司 1999年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

龍臥亭事件という作品が自分のなかで大好きで、思い入れの深い作品なのは、石岡さんが、事件を解決したいと深く願い、他には誰も頼れないとなんとか自分の頭で必死に... もっと読む

ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)

745
3.63
島田荘司 2006年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よく練られたプロット! いきなりの難題があのような形で着地するとは。 島田作品の特徴としてあげられる冒頭のありえない謎を 解決するというスタイルの中... もっと読む
全579アイテム中 1 - 20件を表示

島田荘司に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×