島薗進のおすすめランキング

プロフィール

1948年生まれ 東京大学文学部教授
『現代宗教の可能性』岩波書店,1997年。『時代のなかの新宗教』弘文堂,1999年。『ポストモダンの新宗教』東京堂出版,2001年。
●宗教運動に関わりつつ社会を,また自分を振り返るという試みを続けてきたが,いつも心理療法は隣り合わせの世界だった。

「2002年 『つながりの中の癒し セラピー文化の展開』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島薗進のおすすめランキングのアイテム一覧

島薗進のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『宗教学の名著30 (ちくま新書)』や『国家神道と日本人 (岩波新書)』や『現代思想 2019年11月号 特集=反出生主義を考える ―「生まれてこない方が良かった」という思想―』など島薗進の全186作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

宗教学の名著30 (ちくま新書)

268
3.56
島薗進 2008年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

デパ地下の試食コーナー巡り的です。 後程、政治思想史を学ぶ上でも有益です。 ①宗教学の先駆け 空海『三教指帰』―比較の眼差し イブン = ハルドゥーン『... もっと読む

国家神道と日本人 (岩波新書)

267
3.56
島薗進 2010年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神道司令後、国家機関としての地位を失った神社神道ではあるが、神社本庁の活動を追っていくと、国家と天皇を主要主題として掲げている事がみえ、天皇崇敬の強化を... もっと読む

現代思想 2019年11月号 特集=反出生主義を考える ―「生まれてこない方が良かった」という思想―

209
3.67
森岡正博 2019年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気になる章のみ読んだ。 門外漢なりの理解だが、ベネターは反出生主義を論理パズルのように唱えている。 だが、本文中で森岡先生が言っていたように「生まれて... もっと読む

悲しみとともにどう生きるか (集英社新書)

200
3.80
柳田邦男 2020年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メモ→ https://twitter.com/lumciningnbdurw/status/1330778854768607234?s=21 もっと読む

愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか (集英社新書)

199
3.92
中島岳志 2016年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

発売された当初から読まなきゃと思っていたが、3ヶ月足らず経ってしまった。 私が勉強を進めようかどうしようかと門の前をウロウロしている仏教、特に親鸞聖人の... もっと読む

大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる

181
3.70
島薗進 2019年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『大学4年間の◯◯学が10時間でざっと学べる』シリーズに、宗教学編が登場。 タイトルはいかにも「お手軽本」という感じだが、読んでみたら、宗教学の概説... もっと読む

日本人の死生観を読む 明治武士道から「おくりびと」へ (朝日選書)

132
3.14
島薗進 2012年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『本書の「日本人の死生観を読む」の意味はもっとすなおなもので、「死生観」を表現した日本人の書物やテクストを読むというものだ。』(p236) 死生観の入門書... もっと読む

人間って何ですか? (集英社新書)

132
3.39
夢枕獏 2014年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう、色々思うことがいっぱい…。未知の世界に足突っ込んだ感が…。 様々な分野のエキスパートたちが、その側面から「人間」について考察している。 人間って... もっと読む

宗教を物語でほどく アンデルセンから遠藤周作へ (NHK出版新書)

123
3.28
島薗進 2016年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さまざまな本の宗教的な部分をわかりやすく解説してくれた。読んだことのない本に興味がわき、読んだいる本は納得できることが多かった。 もっと読む

近代天皇論 ――「神聖」か、「象徴」か (集英社新書)

117
3.56
片山杜秀 2017年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

植民地を持たない国が戦争に備えて国民を総動員するために何が必要か。革命から帝政を守るためにドイツが世界に先駆けて選択したのが「福祉国家」(ちなみに日本で国... もっと読む

心の習慣―アメリカ個人主義のゆくえ

114
3.42

感想・レビュー

とにかく読み返す必要あり。心打たれるいい本だった。特に結論に要約されていた。 本当は個人主義と共和主義の二つの伝統に引き裂かれているのに、個人主義の言語に... もっと読む

いのちを“つくって"もいいですか? 生命科学のジレンマを考える哲学講義

111
3.69
島薗進 2016年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

医療技術の発展に伴い課題として浮き彫りになってきた「治療を越えた医療=エンハンスメント」をベースに、いのちの捉え方を私たちに問う本作。 医療技術が飛... もっと読む

宗教ってなんだろう? (中学生の質問箱)

91
3.21
島薗進 2017年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<シラバス掲載参考図書一覧は、図書館HPから確認できます> https://www.iwate-pu.ac.jp/information/mediacen... もっと読む

新宗教を問う: 近代日本人と救いの信仰 (ちくま新書)

86
4.00
島薗進 2020年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】 https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/536947 もっと読む

現代思想 2018年4月号 特集=現代思想の316冊 ―ブックガイド2018―

78
2.75
檜垣立哉 2018年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

各記事の著者のエッセイとして読みやすいものが多かったが、読書ガイドとしては?のつくものも。 もっと読む

ともに悲嘆を生きる グリーフケアの歴史と文化 (朝日選書)

56
3.80
島薗進 2019年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 沢山の文学や歌を引用して悲嘆を解釈、解説してくれて、読みやすく、感じやすかった。 私の好きなあのお話やあの曲を、悲嘆という側面で改めて嗜みた... もっと読む

現代用語の基礎知識 2020 (新創刊)

56
2.50
佐藤優 雑誌 2019年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福島医大蔵書検索 https://www-lib.fmu.ac.jp/opac/ja/search?searchmode=complex&target=l... もっと読む

低線量被曝のモラル

52
3.43
一ノ瀬正樹 2012年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

9月新着 東京大学医学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_search/?amode... もっと読む

高校生と考える希望のための教科書  (桐光学園大学訪問授業)

51
3.17
坂本龍一 2018年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷川俊太郎さんのところだけ読んだ。 「いろんな美しさがあることを自分の中に許しておく。」 もっと読む
全186アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×